はじめての手術体験記。※女性向け

いきなり重いこと書く!笑
なぜならこういう情報って意外と経験する人が周りに少ないから。
今後の誰かの参考になれば。

病名は子宮内膜ポリープ。
つい先日手術で除去、病気の状況は2週間後の検診で詳細が明らかになるのでここでは省略。

今回は、私が経験した手術の概要と流れについて書いてみる。
(手術に至った経緯(なぜポリープが分かったか、病院選び等)については改めて記したい。)

まず期間は、当日手術

もっとみる
ありがとうございます(/・ω・)/

ちゃんくみto卵巣脳腫~vol.2

私の経験した事を伝えることで、これから戦おうとしている人の背中を少しでも押せれば…少しでも力になればと思って記録として残そうと思い、noteを始めました。「発覚から手術まで…」を伝えられたら…そして、それ以外の婦人科系の疾患についても綴ります。(詳しくないこともあるので、間違っている事も多々あると思いますが心温かく見守ってください(;^_^A)

vol.2「経過観察」

今から1年前に、右卵巣に

もっとみる

ひとりじゃない。これからのために自分と向き合うことはじめました。

今年5月。突発性難聴という病気になり今は、仕事にも行けず休職中なのですが。

前回のnote で針治療は合わず、辞めてしまった話をさせてもらって。

今回は、今わたしが試している治療方法が、本当にあっているのか。まだ自問自答中なのですが。

少しお話をさせてもらおうと思います。

難聴の治療は、なかなか根気のいることだと思います。というのも病院から処方された薬を飲んでも今ひとつ効果がハッキリと分か

もっとみる
4

女性のゆらぎと仕事のカンケイ(オレンジ編)

みなさん、こんにちは。完熟オレンジことミドリーです。

「女性のゆらぎ」とはすなわち「女性ホルモン」の問題と認識しておりますので、「女性のゆらぎ」と聞くと、「クロワッサン(雑誌)」!と即答してしまいます。

なぜなら、クロワッサンでは年に1度は「女性ホルモン」が特集として組まれるから。

ミドリーはモノを捨てるのは得意な方ですが、どうしても捨てられないものも当然ありまして、2008年4月10日発売

もっとみる
あなたの感性、完熟ぅ~♪
6

カタオモイ日記  〜#3  女がメスを入れるとき  〜

初めての婦人科から一週間後。

  私は人生で初めて親元を離れて、ひとり病院で生活を始めました。

  入院先は女性専用の病棟。

  女性専用というのものあって、産科の方が9割を占め、残り1割は他の科の患者さんでした。

  実家から車で30分ほどの距離でしたが、入院してから父と母は毎日来てくれました。

  たまに友達や会社の方が来てくれたり、なんだか私死ぬのかなって思うくらい今までにないくら

もっとみる

カタオモイ日記  〜#2  初めての婦人科  〜

私は仕事を休んで、母に付き添われて産婦人科へと向かいました。

  雪が舞っていたとても寒い日の朝。

  いつも見ていた雪もなんだか不安を煽るようで、心の中は落ち着きませんでした。

  病院に着き、産婦人科へ向かうと平日の午前中とは思えないほど、待合室にもパンパンの人。廊下の椅子にもびっしりの患者さんがいました。

  駅前という立地の良さから、遠くの小さな町や村からわざわざやってくる方が多い

もっとみる

カタオモイ日記 ~#1 がんは突然に~

2009年の年末。

私は、友達と焼き肉を食べに行きました。

いつものように他愛もない話をして、束の間の休日を楽しんでいました。

そして、用を足すためにトイレに向かいました。

突然、下腹部に違和感を感じました。

汚い話で申し訳ないのですが、

おしっこを出すと膀胱のあたりがズキズキと痛みました。

当時、某宅配会社で配達の仕事をしていたので、

忙しい日はなかなかトイレに行けず、

その時

もっとみる