宝塔

神奈川県内の石造物⑮:久成寺宝塔(長尾氏の墓)

名称:久成寺宝塔

伝承など:長尾定景一族の墓

所在地:神奈川県鎌倉市植木 久成寺

鎌倉の久成寺は戦国時代の開基で比較的新しい寺院であるが、徳川家康から寺領を与えられたと言う格式を持つ。

境内には長尾定景一族の墓と称される石塔群があり、その中には戦国時代の宝塔が数基含まれている。

長尾定景は鎌倉時代前期の武将で、三浦義村の命で源実朝を暗殺した公暁を討ち取った人物であり、その子孫には越後長尾

もっとみる

滋賀県内の石造物⑲:玉泉寺層塔、宝塔

名称:玉泉寺層塔、宝塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県高島市安曇川町田中 玉泉寺

JR安曇川駅の西方、田中の集落には中世の石造物が多くあり、以前に紹介した田中神社の他に玉泉寺にも多くの石塔や石仏が残されている。

玉泉寺の石塔群は鎌倉時代後期から南北朝時代にかけてのもので、中央にある層塔(二枚目)は鎌倉時代後期、向かって右側の宝塔(三枚目)が鎌倉時代後期、左側の宝塔(四枚目)が南北朝時代の作

もっとみる

滋賀県内の石造物⑱:阿弥陀寺五輪塔、宝塔

名称:阿弥陀寺五輪塔、宝塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県高島市新旭町 阿弥陀寺

JR新旭駅からすぐの所にある阿弥陀寺は聖徳太子の創建と伝承され、鎌倉時代後期に中興された寺院で、本堂裏には多くの石造物が建ち並んでいる(石塔群は新旭駅側にあるので、駅から行くと本堂よりも先に石塔が目に入る)。

このうち比較的大型のものは中央の五輪塔(二枚目)と宝塔(三枚目)で、ともに鎌倉時代後期の作で、中興が

もっとみる

神奈川県内の石造物⑬:大慶寺宝塔

名称:大慶寺宝塔

伝承など:なし

所在地:神奈川県鎌倉市寺分 大慶寺

湘南モノレールの深沢駅からほど近い大慶寺は、鎌倉時代中期の弘安年間の開基と伝わり、後に関東十刹の一つに数えられた名刹である。

しかしその後、江戸時代には廃絶してしまい、現在の大慶寺は元々は塔頭であった方外庵を改めたものである。

境内には、鎌倉時代後期の作と思われる完形の宝塔が二基ある。

おそらく創建当初から大慶寺に伝

もっとみる

京都府内の石造物⑰:今熊野観音寺層塔、宝塔、五輪塔(伝・藤原忠通、藤原長実、慈円の墓、島津義久逆修塔)

名称:今熊野観音寺層塔、宝塔、五輪塔

伝承など:藤原長家、藤原忠通、慈円(以上宝塔)、島津義久逆修塔(五輪塔)

所在地:京都府京都市東山区泉涌寺山内町 今熊野観音寺

泉涌寺の塔頭の一つである観音寺は、「今熊野観音寺」と通称され、寺伝では弘法大師空海の創建と言う。

本堂に向かって左に建つ寺務所の前に、古様の三重の層塔が建っており、寺伝ではこれを創建当初のものとしている。

平安初期までは遡れ

もっとみる

京都府内の石造物⑯:即成院宝塔(伝・那須与一の墓)

名称:即成院宝塔

伝承など:那須与一の墓

所在地:京都府京都市東山区泉涌寺山内町 即成院

即成院は皇室の菩提所として知られる泉涌寺の塔頭であり、平安時代後期に橘俊綱(藤原頼通の子)によって創建されたと言う。

同寺は弓の名手として名高い那須与一宗高ゆかりの寺で、屋島の戦いの後で病気平癒のためにこの寺を訪れた与一が、阿弥陀如来の前で没したと言う伝承がある。

境内には那須与一の墓と伝えられる宝

もっとみる

北関東の石造物⑬:来迎寺宝塔・宝篋印塔群(長野氏の墓所)

名称:来迎寺宝塔・宝篋印塔群

伝承など:長野氏墓所

所在地:群馬県高崎市浜川町 来迎寺

浜川の来迎寺の創建は鎌倉時代後期と伝わり、周辺は長野氏の浜川館があった場所と言う。

後に箕輪城主となり、西上州の旗頭的戦国武将として知られる長野業政を輩出した長野氏であるが、来迎時にはそれ以前の南北朝時代から室町時代にかけての当主や一族の墓所とされる石塔群が残されている。

墓所は宝塔や宝篋印塔で構成さ

もっとみる

南関東の石造物⑪:谷中霊園徳川家墓地宝塔群(田安徳川家、清水徳川家の墓)

名称:谷中霊園寛永寺墓地宝塔群

伝承など:田安徳川家、清水徳川家の墓

所在地:東京都台東区谷中 谷中霊園内寛永寺墓域

谷中霊園の中には、元々寛永寺内に存在した徳川家関係の墓塔が移設されており、その中には御三卿の田安家と清水家の墓域もある。

寛永寺墓域内にあるこのニ家の墓所は隣り合っており、田安家の墓所(一枚目)は鉄柵で囲まれていて柵の外からしか見ることが出来ない。

このうち、向かって右端

もっとみる

南関東の石造物⑩:増上寺徳川家霊廟宝塔群

名称:増上寺徳川家霊廟宝塔群

伝承など:徳川秀忠、崇源院、徳川家宣、徳川家継、徳川家重、徳川家慶、徳川家茂、和宮の墓

所在地:東京都港区芝公園 増上寺

芝の増上寺は徳川将軍家の菩提寺として知られる名刹で、かつては多くの塔頭を有した大寺院であった。

現在も東京タワーの眼下に大門や本堂などの伽藍が建ち並んでいるが、その一角に徳川家霊廟がある。

歴代徳川将軍とその夫人達の墓所は上野の寛永寺と芝

もっとみる

滋賀県内の石造物⑨:寂照寺宝篋印塔・宝塔

名称:寂照寺宝篋印塔・宝塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県蒲生郡日野町蔵王 寂照寺

日野町の中心部から北東に五キロほど行った所にある寂照寺には、鎌倉時代の宝篋印塔と宝塔が一基づつある。

無銘ではあるがどちらも鎌倉時代後期の特色を持ち、ほぼ完形の石塔として非常に貴重である。

来歴は不明で石塔に関する伝承なども特にないが、中世石塔が多く集中している日野町の中でも、比都佐神社の宝篋印塔と並んで

もっとみる