宣美の視点

演劇は誰のもの?

っていう下書きが出てきたので書きかけのまんまですけど投稿します。ここから発展した記事は今さっき投稿した。順番逆になっちゃったけどね、もったいないから出しておく。

以前に書いたこの記事の執筆中に思ったこと、公開してからの流れに思ったこと。「不特定多数に向けて発信!」というほどは知識もなければ言葉にもまとまっていないので、ここにチラリと書いておきます。

先頃の投稿で「演劇業界の人々はどうやら販促に

もっとみる

やってみたい「演劇」の話

先日、ハートネットTV「もう一人の演者~舞台手話通訳 米内山陽子さん~」の放送を見ました。うん、ステージナタリーでも記事に上がっていましたのでそれで知った方もいらっしゃるかと思うのですけれど。過去にこんな記事を投稿している私はとても興味・関心をもって見たのでした。

でね、これに関して思ったことというか、「いつかやってみたい」と思ったことがありまして。実現に向けてどうこうというレベルではなく、アイ

もっとみる

「実際に観た感じ」と「観て欲しい人」の話。『You’re a Good Man,Charlie Brown』(きみはいい人、チャーリー・ブラウン)7/7まで!

本日は演劇の話。今週末までやっている舞台の話。

先日、Sweet Arrow Theatricals presents『You’re a Good Man,Charlie Brown』を観てきました。概要・簡単な説明は先だって公開した記事(↓)に記載してあるので端折りますが……スヌーピーでおなじみ『PEANUTS』が原作のミュージカル。

チケットは5000円、小劇場価格にしては高い気がするけれ

もっとみる

【可愛い世界!舞台美術も!】Sweet Arrow Theatricals presents『You’re a Good Man,Charlie Brown』に出演いたします。6/27開幕、梶原の出演は6/29・7/4・7/7!【航跡・梶原航】

本日は演劇の話。「航跡」主宰・梶原航が、Sweet Arrow Theatricals presents『You’re a Good Man,Charlie Brown』に出演いたします。スヌーピーでおなじみ『PEANUTS』が原作のミュージカル。

公演があるよ!

2019年6月27日(木)~7月7日(日)、シアター風姿花伝にて。売れ行き好調だそうなので、少しでも気になっているという方はお買い

もっとみる

のぼせる体をととのえる!冷え大特集

こんにちは、スキンケアアドバイザーの宮川です。今回も恐ろしい冷えについて説明していきます。

もっと早く知りたかったのぼせの原因

体が冷えると、”体が硬くなる・凝ってくる”というのは有名な話ですが、実は他にも恐ろしい現象がたくさんあります。

軽視されがちなのが、”のぼせ”です。実は足元が冷えていると、体はのぼせてきます。「えっ?冷えているのに、熱いってどういうこと?」って思いますよね。そう、こ

もっとみる

白砂糖に襲われました。冷えの怖さ

こんにちは、宮川です。

あっと驚く冷え情報を公開!

今回はガンやウツの原因と言われる”冷え”についてお話をしていきます。例えば、重度のうつ病やガンの疑いがある人に「原因は冷えですね」って伝えても、なかなか受け入れてもらえないと思いますが、多くの病気や不調の原因は冷えなんです。(ガンについてはまた違うnoteで書きます)

例えば、食べ物。白砂糖はお好きですか?アイスに入れたり、多くのスイーツに

もっとみる

耳や目に障害を持つ方の観劇について。

演劇。文化であり芸術であるというのならば、それはすべての人に等しく開かれるべきである。そう思う。

演劇は誰のものか

演劇の販促について考え発信するようになって以来、様々な課題が見えるようになった。「創客や集客を気に掛ける割に制作側がお客様を選んでいる部分があるな」とか、「果たしてどこまで観劇のハードルを下げる意識を持っているのだろうか」とか。

「へりくだってでも足を運んでもらうべき!」という

もっとみる

toshiLOG vol.3 舞台「ZERO 公安警察特殊部隊『霧組』」に出演いたします。6/13が初日!【航跡・梶原航】

本日は演劇の話。「航跡」主宰・梶原航が、toshiLOG vol.3 舞台「ZERO 公安警察特殊部隊『霧組』」に出演いたします。

来週!公演があるよ!

2019年6月12日(水)~16日(日)、六行会ホールにて。早速にチケットが完売した席種も出てきているそうなので、少しでも気になっているという方はお買い逃しなきようご注意ください!

toshiLOG vol.3 舞台「ZERO 公安警察特殊

もっとみる

演劇の販促が難しい理由を再確認。SNSでの距離感とパワーバランスの話。

演劇販促が難しい理由、これまで把握していたのとはまた違う理由が見えてきた気がします。あくまで仮定だけれど、それが本当であれば理由は「複合型」ということでありかなり複雑。あらゆる方向からあらゆる手段で解きほどかにゃ。

一般的にネックと認識されがちなこと

通常「演劇の販促の難しさ」と思われがちな理由は「一般的にパッとイメージされる事柄」です。どんなことかと言うと、

■演劇に馴染みが無い
■自己顕

もっとみる

鍵付きの私室を持つことにしました。

※本日のノートは「おさらい」と「予告」です。

先日の投稿の中で、「これからはより『生』の思考も発信してゆきたい」という話をしました。本日はこれの意味するところと今後の展開について補足・説明してまいります。と、その前に。今私が運営しているマガジンのご説明をさせてください。いずれも「デザイン」「演劇」「販促」「改善」が主なテーマです。

運営マガジンと内容おさらい

現在私は6つのマガジンを運営して

もっとみる