居場所

今晩は。2児の父親、けんです。
今日のテーマは 「居場所」

あなたには居場所はありますか?

子供達にも居場所はあります。

子供達にとって一番信頼出来て、安全で安心な居場所は「家庭」ですね。

学校も居場所ではありますが、勉強に集中したり、お友達と仲良く遊んだり、時にはケンカをしたり、楽しい事もあるけど、嫌な事もある。

学校は安全かもしれないけど、少し不安な場所。

それが学校という「居場

もっとみる

いじめ

2018年度のいじめ認知件数はおよそ54万4000件であったそう。昨年より13万件多いそうである。暴力行為はおよそ7万件3000件。また児童、生徒の自殺は332人で、うち9人はいじめが原因。大半は原因不明。自殺者は前年度から32人増えたとのことである。

 どう思うだろうか。どこまでを「いじめ」とするのか、「いじめ」の範囲はとても広い。些細なことも、事件になるようなことも同じ「いじめ」という括りに

もっとみる

わたしは「母が嫌い」

母親って世界一好きにもなれるし、世界一嫌いにもなれる。わたしは残念ながら後者だった。現在は距離を取り、何も考えないようにしている。

「母が嫌い」なんていうことはなかなか他人には言えないことだ。友人に母親の愚痴や文句は言えても、「嫌い」は言えない。自分のことを産んで育ててくれた人のことを嫌いだなんて、人間失格、血も涙もない冷徹なヤツだと自分自身でも思っていた。そしてなんとなく、この言葉は最後の一

もっとみる

義両親と同居するまでの経緯

結婚に至るまで

旦那さんと私は、今の実家とは離れた都会で数年間婚前同棲していた。

結婚が決まり、すぐ妊娠が発覚。

入籍前だったので、いわゆる「オメデタ婚」。

でも両家の挨拶、入籍の時期決めなどはすべて済んでいた。

だが、新居は決まっていなかった。

というのも、旦那さんの実家は家業をしておりすでに後継ぎをするという条件で結婚を決めたので、

結婚後は、地元に帰るという流れだった。

もっとみる

初めて褒められた記念日

初めて褒められた日のことを、覚えているだろうか。

初めて立った時、初めてテストで100点を取れた時、かけっこで1位になれた時、展覧会に作品がノミネートされたり。

描いてる絵を「いい絵だね」と褒められたり、自分で選んだ洋服を「可愛いね」と褒められたり、何かいい思い出があるはずだ。

私は、親に認められたことがない。

…と言うと大袈裟だけれど、全く嘘とも言えない。

小学4年生の時、自分でかけ算

もっとみる
スキ、励みになります!良かったらシェアもお願いします🙇
10

世の中の同居嫁に伝えたい

まずは自己紹介

はじめまして。タイトルやプロフィールにもある通り、義両親との同居歴10年の「嫁chan」と申します。俗に言う「長男の嫁」。旦那さんは家業を継いでおります。年齢は30代。子供もおります。毎日がにぎやかです。家は義両親の一軒家。大きめな住まいです。

今年は同居して10年という節目。

世の中には同じ境遇のお嫁さんがたくさんいらっしゃると思います。 私も今まで色々ありました。色々無い

もっとみる

私がなりたかったもの

よく、

『あなたがやりたかったことを見つけなさい』と
言われます。

正直言って、

独身時代と、子育てが一段落してからは、
自分がやりたいことは全部やってきました。

好きなアーティストのライブも、

好きな本の読破も、

自分の描いた絵を売る仕事も、

アクセサリーを作って売る仕事も、

自分のアイディアを提供して利益を得ることも。

ただ、

私は一度結婚に失敗しています。

詳細は省略し

もっとみる
励みになります❗
30

会社が嫌なら辞めろ、働き方改革とは?

🎉第18記事目🎉

今回のテーマはズバリ!今会社に勤めている人にお伝えしたいと思います。私個人的に思うことなのでいろんな意見があるとは思いますが、最後まで見ていただけたらなと思います!

1. 会社が嫌ならやめろ!

はい。厳しいことですが、嫌ならやめてください。私が今お伝えしたいのは、今の世の中には死ぬほど働く環境があるということです。

また、私はネットビジネスは今、誰もが自己投資をすれば

もっとみる
ありがとう!!!!!!
5

完全な被害者、完全な加害者

私はいじめられっ子だった。

広義で言えば、家でも常に「いじめられ」ていた。
狭義で言えば、小学校と中学校でいじめられた。中高一貫だったので耐えられず、高校に上がってから途中で転校した。

でも私はもしかしたら、「いじめっ子」でもあったかもしれないと思うと、背筋がぞわっとする。

勿論、「自覚的に」人を傷つけたことはない。「自覚的に」人を「いじめた」ことはない。

でも、「無自覚」だったら?

もっとみる
24

買い与えたものを3日でなくしてしまうほど、物を散らかしてしまう小学2年生に2週間で持ち物をしっかりと管理させる驚きの手法とは?

教員時代。

職員室のデスクの上は
書類や資料で山積みになっていた
モンちゃんです…。

だって~、
処理しても処理しても
 仕事が降ってくるんだも~ん。

それでも、個人情報関連は
厳重管理に気を遣っていましたけどね。

昨今、こういった
「管理能力」というのは
 社会人でも最低限求められる
 ものです。

これからの時代を生きる
子どもたちにとっては、
なおさらです。

でも子どもは物の管理

もっとみる