こもだまり/昭和精吾事務所さん「【2019秋 こもだまりまとめ】

こもだまり/昭和精吾事務所さん「【2019秋 こもだまりまとめ】 ◉物販大臣・撮影 🎸9/18水 FOXPILL CULTライブ🎸 東高円寺U.F.Oclub Shinpei Mörishige誕生日企画 ◉一日ママ ⛩9/25水 昭和精吾事務所BAR⛩ 新宿シアターPOO 💌昭和精吾事務所 公式LINE💌」
https://twitter.com/mari_air/status/1172

もっとみる

リノベーター正岡子規(5)(1993)

第5章 デカダンスとしての命数論
 子規は、『死後』(1901)において、死をめぐる「主観的の感じ」と「客観的の感じ」について次のように述べている。

 併し死を感ずるには二様の感じ様がある。一は主観的の感じで、一は客観的の感じである。そんな言葉ではよくわかるまいが、死を主観的に感ずるというのは、自分が今死ぬる様に感じるので、甚だ恐ろしい感じである。動気が躍って精神が不安を感じて非常に煩悶するので

もっとみる

リノベータ―正岡子規(1)(1993)

リノベーター正岡子規
Saven Satow
Oct. 31, 1993

久方のアメリカ人のはじめにしベースボールは見れど飽かぬかも。
打ち揚ぐるボールは高く雲に入りてまたも落ちくる人の手の中に。
今やかの三つのベースに人満ちてそぞろに胸の打ち騒ぐかな。
正岡子規

第1章 子規にとっての俳句
 子規は文学のリノベーターである。日本文学を古典から近代へと変革する際に多大な貢献をしている。子規は既

もっとみる

【貴族】Mörishigeさん「邪鬼様(takutoさん)摩天楼様、貴族トリプルギター編成のabout tess・・・†

【貴族】Mörishigeさん「邪鬼様(takutoさん)摩天楼様、貴族トリプルギター編成のabout tess・・・† みんなでスペクタクル盆踊りしようZE! 人が泣くってすごいことなんだぜ?」
https://twitter.com/KIZOKU_0927/status/1166634975447306240

十三月 紅夜さん「👄✨次回 廻天百眼のライブ✨👄 『ジャパン死神サミット201

もっとみる

#33 祭りとは

食べたいように食べて
飲みたいように飲んで
寝たい人と寝て
人生はお祭り
死ぬ日まで、どこかでおはやしがなっている。
うらぎられても笑い
決してこぼさず
愛することは、太ること。
さあさあ、大山デブ子のおでましよ。
戯曲『大山デブ子の犯罪』より

#寺山修司

祭りってなんだろう?
と考えてたらすぐに出てきたのは
寺山修司の舞台のこのセリフ。

人生はお祭り
こりゃめでてーなと生きていると
なん

もっとみる

化粧と嘘の美学

寺山修司が化粧についてこんなことを言っていました。

一言でいってしまえば、私は化粧をする女が好きです。そこには、虚構によって現実を乗り切ろうとするエネルギーが感じられます。そうした化粧はゲームでもあります。顔をまっ白に塗りつぶした女には「たかが人生じゃないの」というほどの余裕も感じられます。
化粧を、女のナルシズムのせいだと批判してしまうのは、本当の意味での女の一生を支える力が、想像力の中に在る

もっとみる

書を捨てよと今のおれは言えるのだろうか

17歳くらいで川蝉やクリープハイプと出会って、両方のライヴを見に行っていたが、川蝉は惜しくも解散することになった。この2つのバンドは将来大物になる、というのが当時のぼくの未来予想図だったが、今でも、川蝉というのはぼくにとって記憶の中の宝物ではあるが、蝉という言霊がたたったのか、と書いてしまうと無責任で失礼だけれども、名が世を渡る前に解散した。きっと本人たちは、有名になることがすべてではないとか今は

もっとみる

■想いつれづれ 日刊サワコ瓦版 信用とか信頼とか。。

人は嘘をつく生き物で、それは、人類の進化の過程で防衛本能として身につけて来たものです。嘘をつくのが良いとか悪いとか断罪するのは簡単です。。劇作家寺山修司さん、あいにく面識はないながら、直接触れ合った方や肉親のお母様の談、嘘つきすぎて何が本当か、わけわからん、本に書いてることも全部嘘やと言われて、そのイタズラっ子ぶりに超絶に寵愛された人もいるのです。

嘘も方便、言葉の綾、、嘘が良いとか悪いとかよ

もっとみる

寺山修司

ある日、私は芝浦の食肉市場の近くの食堂で、子供に「動物図鑑」をめくってやっているひとりの食肉解体労働者の前掛けに、しぶきのように散っている汚点が、牛の血だと知ってから、自分の中の抒情詩と食肉市場の交差点を見失ってしまったのである。

現実原則ばかり信じていると、生き甲斐がなになのかわからなくなってしまうし、かといって空想原則、抒情詩のマイホームで充足していると、歴史にしっぺ返しを食らわされることに

もっとみる

【詩】だけど涙は透明だろう

たとえば僕の直ぐそばで
富める者がなにか失っていて
この世界の反対側で貧しい者が
なにかを得ている
真っ赤に燃えて 灰になって
だけど涙は透明だろう

あなたが深く悲しんでいて
わたしが実に喜んでいる
結果を溶かしたヨーグルトのよう
ひとさじ食べて呪って祝う
見上げて厚く ブレる星空
やはり涙は透明だろう

右に行けば左がよくって
左に行けば右がよいよと
真っすぐ行けば振り返れと言われ
後ろを向い

もっとみる