小西康陽

うつしく いとおしい 生活に 執着すること

戰争に反對する唯一の手段は、各自の生活を美しくして、それに執着することである。

吉田健一

わたしの 好きな言葉。

英文学者で作家の吉田健一さんが書かれた、新聞のコラムの一文だそう。

"美しい生活に執着する"
っていう考え方、とてもすきだな。

正直、執着は 時に 憎しみや戦いも生むと思う。

でも ひとりひとりが 美しい生活や愛に執着して それを壊さない方法は "平和" しかないとも思う。

もっとみる

永遠の音楽/Hara Midori

シンガーソングライターで、原みどりさんがずっと好きで、延々と聞いてる。
この2ndアルバムなんて、とても和風な雰囲気の歌詞で、宇宙を抑揚込めてウッドベースの上で歌ったりしてる世界観が確立されてて素敵。時は80年代も終わりの頃。

↑PCで開くと少し聞けるから聞いてみて。"too young"は確かミキハウス提供のTV番組のテーマソングにもなったので聞いたことある人はいるかな…

白いペルシャは

もっとみる
良かったら「真夜中のタクシー」とか見てね 面白いと思うよ
22

聴ける歌発見

ありがとう小西…根暗万歳!あ、ファイブは今無理。ワンオンリー。野宮さんごめん…

西村ツチカを理解するけどあえて非情にブン殴って言うこときかせる人が必要なんじゃないかしら

そう思った。最近ブログで書いてた事をみると。ややメンタル的にまいってらっしゃる?
不本意な漫画を描いてるのかな。「こんなんじゃ読者に伝わらないです。もっと過剰に分かりやすく描いてください(どうせ漫画なんてバカが読むものなんだから)」みたいな?

難しいな〜。今の状況ではダメだから変えるべきなんだけど、アドバイスする方もどう変えたらいいのか分かんないから小手先な工夫でどうにかしようとしてトンチキなア

もっとみる

【日記】4月22日〜4月28日

4月22日
未だに色濃く残るdis-coveredの余韻を感じながら日常に生きる
しかしながら、Vol.4の時に見かけたある出来事についても考える。人にはそれぞれ生活があるから様々なことがある。が、アーティストさんとどんなに親しくても予約していたライヴを直前になってキャンセルする行為を頻繁にやってはならない。
今回と同じことが1月にもあって、とても悲しい気持ちになった。詳しくは書かないが。

4月

もっとみる

ポスト渋谷系にみる、音ゲー楽曲と邦楽シーンの影響関係 Part.1

2015年の春、「ポスト渋谷系にみる、音ゲー楽曲と邦楽シーンの影響関係」という連続したブログ記事を書きました。あれから4年が経ち、音楽シーンも変化し、Apple Musicの利用によって私はその頃の10倍くらいの音楽を聴くようになりました。当時の記事は文章もおぼつかない部分があったし、構成もちょっとぐちゃぐちゃしていたので、noteで改めてまとめ直そうと思います。

Apple Musicに登録し

もっとみる

YMO”東風”からアーバンギャルド”修正主義者”まで~テクノ・ポップとマオイズムの奇妙な関係

初めに、『毛沢東語録』があった。
続いて、ジャン=リュック・ゴダールの『中国女』、『東風』が登場する。
ゴダールから坂本龍一を経て、"東風"がつくられる。
ちなみに、YMOには、"La Femme Chinoise(中国女)"という曲も存在する。

​ゴダールには、『万事快調』という映像作品があって、彼の影響を受けた小西康陽は、同タイトルの楽曲を書いている。Pizzicato Fiveの"T

もっとみる

小西康陽さんオススメの芸能書物

日本を代表するドラマー、村上”ポンタ”秀一さんの「自暴自伝」を読みました。意外ですが、この文庫本の解説を小西康陽さんが書いているんですね。その解説で「芸能、エンターテイメントに関する書物を読むのが好き」と他にもいろいろな本を紹介しています。興味深いので、今回はそれらを並べてみました。知らなかった本も多いので、見つけて少しつづ読んでみようと思ってます。

1. 桂文楽 / 芸談 あばらかべっそん

もっとみる

渋谷のラジオの渋谷系 #146 後半

2019年2月4日(月) 17:00~19:00放送

00:00 | 00:30

パーソナリティー:野宮真貴 @missmakinomiya、カジヒデキ @hidekikaji
レギュラー:坂口修

放送日前日の2月3日は大変お世話になっている小西康陽さんの還暦のお誕生日。
ということで勝手にお祝いということで、去年発売された「素晴らしいアイデア 小西康陽の仕事1986-2018」から各自の聴きたい曲を選んでお送りしました。
オープニングでは恵方巻の話からなぜか過去に流行ったス

もっとみる