夏だからといって夏の曲を聞く必要はない

いや、夏は肌焼いてサングラスしてビーサンとアロハでとことんチャラく過ごさないと意味がない。気温は高ければ高いほどいいし、空は青ければ青いほどいいし、入道雲は大きければ大きい方がいいし、ギャルはエロければエロいほどいい。
もちろん夏は夏らしい曲を聴いて過ごす方が正しいけど、EDMとか苦手だしそこの部分でチャラくならないのが酷暑に見舞われ脳が煮詰まった自分に残された最後の理性。
そんな自分が夏に聞きた

もっとみる

ブルータス「山下達郎さん特集」!!

おはようございます!

音楽家の湯川和幸です。

こちらはメールマガジンのバックナンバーです(2018年2月号)。

本日のテーマは

=====================
ブルータス「山下達郎さん特集」を買いました!
=====================

について。

マガジンハウスから出ている
雑誌のBRUTUSがなんと、、、

=====================
山下達

もっとみる

山下達郎がまた売り切れる時代

レコード針メーカー「ナガオカ」が好調だと聞いた。
僕らは子どものころにレコードを聴いて、途中でテープになって、CDが出て、MDになってipodを経てiphoneで音楽を聴いている歴史的体験世代。
そうかー。またアナログ(レコード)なんだなと懐かしくおもう。

◇中古レコードの人気

いまディスクユニオン(有名な中古レコード屋)に行くと、20~60代くらいまで様々な世代が古いレコード盤をあさっている

もっとみる

山下達郎パフォーマンスライブ2019

山下達郎さんのライブに仙台まで出かけてきました。前日の仕事がかなりハードでしたので朝早くでるバスで一路仙台へ。

私は初日のチケットを持っていましたがキーボードの難波さんの手術で延期になり初参戦でした。

チケットは関東近郊で狙っていたのですが全く箸にも棒にも引っかからず困り果てていたところ仙台の立ち見が売り出されていてこれはと思い応募して当選しました。

バスはなんとか間に合いましたがそこに2つ

もっとみる

山下達郎のライブを見た

22さい、大学生。先週の、大宮公演を見てきた。
私は決して「達郎に人生変えられました!」とか「達郎がきっかけでギターを始めました!」とか「辛い時はいつも達郎に助けられています。」みたいな部類ではない。いわば「空気」だった。

というか、空気だったということに気づいた。

母が大好きな「山下達郎」というシンガーソングライターの存在と、その楽曲は、我が家に常にあるものだった。SMAP QUEEN Th

もっとみる

もう少しで8/17の山下達郎Liveのチケットが手に入る....!
どきどき。

ノスタルジック暴力

ようやく夏らしくなってきましたね。夏らしいとはなにか、ということはさておき。

夏といえば一年で一番ノスタルジックな季節で、毎年フジファブリックの「若者のすべて」を聴く度にそれを再確認するんですが、みなさんどうお過ごしですか?もっと「夏は今を楽しむ季節!」って感じなんでしょうか?

僕にとっては夏は今というより過去の色合いが濃い。蝉の音が夕暮れになりひぐらしに変わっていく瞬間や、夜の田んぼで鳴くカ

もっとみる

聴こえてきた声、新しいアイデア

ちょうど10年前の『アフリカ』vol.7(2009年7月号)の編集後記に、山下達郎さんと9人のミュージシャンたちのコンサートの話が出てくる。

大阪フェスティバル・ホールが取り壊され(建て替えられ)ることになり、その前の年末、そのホールに別れを言いに行った、その日は、山下達郎さんが久しぶり(6年ぶりくらいだったかな)にスタートしたコンサート・ツアーの1日だった。

達郎さんは、大阪フェスの取り壊し

もっとみる

したいこと

昨日は病明けのNHKホールだった達郎さん。
なんと3時間半の素晴らしいステージだったそうです。。心が震えました。

それをツイートしているファンの皆さん。またそれが本当に素敵で。。心の血の通った思いの吐露、そして交流なんですよね。

きっとアーティストさんは同じベクトルの人々を惹きつけます。友達が類友であるように、範囲は広くなれど、多少ばらつきはあれど、そう思います。
そして惹きつけられ、いつのま

もっとみる