川畑文昭

恐竜折り紙「T-REX2015」、2回目のチャレンジ【後編】

はい、完成しました!
川畑文昭折り紙作品集「T-REX2015」です。

前回は口元(アゴ)だけの中途半端な状態でお披露目してしまいましたが、おかげさまで何とか終わらせることができました。
(前回の記事:2019.08.05)

昼休み、電車の中…スキマ時間を使えば何とかなるもんですね。

さて、今日は仕上げに使った「ノリ」のお話です。
❶成長を感じた「2個目」
❷ノリ、使ってますか?

もっとみる

恐竜折り紙「T-REX2015」、2回目のチャレンジ【前編】

川畑文昭さんの「T-REX2015」に再挑戦。
前回折ったのは、ちょうど1ヶ月前です。
(当時の記事:2019.07.03)

使ったのは、「ステゴサウルス」と同じ紙です。
(2019.06.11)

久しぶりにまとまった時間が取れたので、一気に完成させてやるぜッ!

…と意気込んだものの。
ご覧のとおり、全く終わりませんでした\(^o^)/

形になったのは、口(アゴ)だけです。
なんて中途半

もっとみる

ちなちゃん、ネコを折る。 〜折り紙講座の近況〜

久しぶりに、定期講座の様子をお届け。
紹介するのは、ちなちゃん(小6)が折ってくれた「ネコ」でございます。

当コラムでは、彼女は5ヶ月ぶりの登場。
(2019.02.03)

出典は「川畑文昭折り紙作品集」。
私も2ヶ月前に折りました。
(2019.05.30)

さて。
最近は「佐藤ローズ」や、「本気の折り鶴」など、気合いたっぷりの作品が続きました。

今日は久しぶりに、定期講座の様子をお

もっとみる

【まさにぃin Paris】T-REX2015、仕上げ完了のご報告。

タイトルの通り、フランス・パリからお届けしております。
仕事で大きなイベントに参加するため、1週間の滞在です。

日本は早朝ですが、パリは夜。
やっとホテルに帰ってきたので、更新ができました!
(時差の関係で、写真の日付がずれているかもしれません)

ということで、今回から
【まさにぃin Paris】シリーズ!

第一弾は、前回のコラムの続きをお送りいたします。

❶前回おさらい

もっとみる

「T-REX2015」途中報告。 〜完成間近でタイムアウト〜

1週間ほど前から、「T-REX2015(ティラノサウルス)」を作り始めました。

テキストは「川畑文昭折り紙作品集」。
「ステゴサウルス」や「亀」など、変態揃い(褒めてます)の難読書です。

(過去の記事はこちら)
https://note.mu/masanii_origami/n/ned9b45482113
https://note.mu/masanii_origami/n/nbf84dba6

もっとみる

川畑文昭さんの「亀」2個目のチャレンジ! 〜折り紙三昧の週末〜

2回にわたり、川畑文昭折り紙作品集の「亀」に挑戦したのは、先週末のこと。
(6月15日・17日)

あれだけ苦しんだのに、2個目を作りたくなるのは、マゾだからでしょうか。

ということで、また土日を使ってカメちゃんを折りました!

前回よりも良くできた点、前回の方が良かった点、まとめてお送りいたします。
❶頭はシンプルに
❷ビギナーズラックに敗北
❸均等仕込みのポイント
では、どうぞ。

もっとみる

規則的変態作品、川畑文昭さんの「亀」にチャレンジ【後編】

ついに完成!!

前回、2時間かけて仕込んだ、60°の折り筋。
(6月15日の記事)

はい、今回は「組み立て編」でございます。

完成して良かったです!

仕込みさえ乗り切れば、あとはどうにでもなるだろう…
テキストをパラパラめくって、そんな事を考えていました。

しかし。
やはり私は間違っていました。
普通にむずいっす。

でも、頑張りました!
ということで、レポでございます!
❶やっ

もっとみる

規則的変態作品、川畑文昭さんの「亀」にチャレンジ【前編】

さて、コレは何を作っている所でしょう!

タイトルのとおり、川畑文昭さんの「亀」でございます。

残念ながら1日(正確には2時間)では終わらず、仕込みを終えたところでタイムリミット。

光に透かすと思いのほか綺麗だったので、お披露目したくなりました。

幾何学的な模様と印影が美しいですね。

今日は中間報告と、カメちゃんを折ろうと思った動機をお送りいたします。

❶きっかけはTwitte

もっとみる

川畑文昭さんの「ステゴサウルス」にリベンジ! 〜もうやりたくないと言ったのに〜

川畑文昭折り紙作品集の中でも「変態」と名高いステゴサウルス。

2回目のチャレンジにして、やっと納得のいくクオリティになりました!

「できねぇ」「悪夢」などとボヤきながら、何とか完成させたのは、1週間前のこと。
(6月3日の記事)

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉があるように、人間というのは愚かなものです。

あんなに辛い思いをしたのに再挑戦するなんて、マゾなんじゃないか。

もっとみる

川畑文昭さんの「ステゴサウルス」が、想像以上にえげつない。

川畑文昭折り紙作品集より「ステゴサウルス」
元サイズは35cm×35cmです。

むずいよ!!!

同書の「ヨーダ」「ネコ」も上級者向けだったのですが、こちらは更にえげつない難度でした。

日曜の午後、手が空く時間すべてを費やして、やっとの思いで完成させました。

クオリティは…ご覧のとおり。自立もギリギリです。

今日は、日曜日の奮闘記をお届け。
❶悪夢は「仕込みのエラー」から
❷工程

もっとみる