平仮名

発表

浜村凡平です。





あけた~~~。

ありがとうございます。架空砂糖(大さじ1)、受け取って下さい。
10

策略童話 桃から産まれた鬼

サブタイトル「復讐の鬼」

序章「桃から産まれる鬼」

ナレーター
「昔々あるいは最近最近ある島に鬼が住んでいました」
「この鬼はそこら辺にいる普通の鬼とは少し違う特殊な鬼でした」
「なんと今までに童話の世界で桃太郎に敗れた鬼達の記憶を引き継いでいるのです」

――鬼ヶ島

「俺は童話の世界で数え切れないほど桃太郎に負けて来た」
「だが今度こそ桃太郎を倒す」
「この世界の覇者になるのは桃太郎じゃ

もっとみる

「日本の文字と文章」和によって新しい文化が馴染み、独自に昇華する日本文化について。

日本の文章は多様性がある。

日本の文章には様々な文字が登場します。漢字、漢字を独自に発展させた平仮名や片仮名、外来語(カタカナやローマ字表記)など、、、

(ここでは文字について、意味のある図形という1つの意味だけでなく、同じ図形なのに和語と外国語の2種類の意味があるところまで指します。)

これらの文字は、時代に応じて他国の言葉文化を導入して、日本独自に発展させてできています。

日本の文章の

もっとみる

サイヒタロ

「アーティスト なんですか?」という風なことをよく聞かれる。たぶんちかい世界にはいない人から。きっとそう口にする人の数だけたずねたい理由や意味があって、シチュエーションも色々。意識してみたところで自分でも、わたしは何者か解らない。どうだろう?なんでも、なんでもいいよ。くくりや呼び方はそれぞれにイメージもちがうもの、しかもアーティストとその周辺のことばの、アバウトさったら、おおらかなものだと思う。肩

もっとみる

「オニギラズ」って、新しいウルトラ怪獣かなんかですか?

『ほんとうにすきなことがなんなのかわかるかもしれない』『本当に好きなことが何なのか分かるかもしれない』平仮名と漢字交じりの違い。子供向けの本のように全部平仮名のことばを目にすると漢字交じりのそれより軽くやわらかくするんと自分の中に入ってくるような気がするし素直になれそう。不思議。