平和安全法制

国民を守るためには?若い世代にもわかる平和安全法制の是非

国際関係論から見る平和安全法制の是非

平和安全法制が成立し、日本は限定的な集団的自衛権の行使が可能になった。しかし残念ながら国会では低レベルな議論に終始した。本来、国家の安全を守るために必要な法整備をするのは当たり前のことである。普通の国(大衆の言論レベルが高い国)であれば、全国民が関心を持つべき法案だと考える。なぜ今、この集団的自衛権や安全保障の仕組みを整える必要があるのかを、真剣に考えない「

もっとみる

集団的自衛権についての個人的な見解

http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/housei_seibi.html
平和安全法制等の整備について、内閣官房のページ

5つほど新設があって、4つほど拡充があります。

まあ、中には今まで何でなかったのかな?って思う部分もあります。拡充と新設は必要かもと思います。

でも、もっとも注目を集めているのはこの部分っていうか本題はこれだね。

存立危機事態
三要件と

もっとみる

「反対の賛成」と「賛成の賛成」の危険性

2015年7月15日に衆院平和安全法制特別委員会にて安保関連法案の採決が強行という形で可決された。国会議事堂内では野党がプラカードを掲げ、外ではデモも行われた。

この一連の可決に対して、野党は猛反発をしていることはマスコミなどで報道されている通りだ。「戦争」という言葉が頻繁に使われ、現政権の批判を繰り返している。

「戦争」という言葉からポジティブなイメージを持つ人は少ない。先の世界大戦では多く

もっとみる