霞 第二章(01)

こんにちは、初めまして。緋乃と申します。この第二章は私が担当です。正直なところ、彼ったら真面目でおりこうさんに書かないから面白くなかったでしょ?私はもうちょっと掘り下げて書いてみたいと思います。

では、

”おはよう”から”こんにちは”に挨拶が変わる頃、空は一面に青く晴れ渡り鳥の声が響く。新緑の並木を渡ってきた風は、少し遅れて来る葉ずれの音とともに肌に心地よく触れ去っていく…

って、気取り過ぎ

もっとみる

#すごい結婚式 のその後。

#すごい結婚式  のその後。

わたしたちは9/1に、式とも、祭りとも、宴とも、なんともつかない「すごい結婚式」と題した催しを行いました。

(写真はこちら)

あらためまして
来てくださった・お祝いくださった・知ってくれて遠くで見守ってくれた皆様。
すべての方に本当にありがとうございます🌸

終わった直後、
この結婚式は一体何だったのか?自分でもよくわからない
というようなことを言ってました。

もっとみる

今付き合っている人の話

私は彼に対して目をつむってしまってることがいくつか(かなり)ある。

明確な話もなく家に連れて行かれた

付き合う前の話。お昼食べようか〜とは言われたけど、会場が彼の家だとは聞かされなかった。後日「あのとき家行くって言わなかったじゃん」と言ったら「え、聞いたよ?」と返ってきた。まあ私もうつろに返事したのかもしれないな・・・と納得してしまったけど・・・

同意を得ずにキスを迫ってきた

で、彼の家に

もっとみる

優しい曇りをくれるあなたと。 #私のパートナー

「いいねが届いています。」
スマホのポップアップが私に知らせる。

それは、数ヶ月前になんとなく始めたマッチングアプリからの通知だった。

アプリを立ち上げると、そこには少しイカつい感じのお兄さん。
12歳年上で、わんちゃんを飼っているみたい。
男性ひとりでわんちゃん(しかも超高齢!)を飼ってるなんて、変わった人か、もしくはめちゃめちゃいい人なのかな…なんて思って、「いいね」を返した。

もっとみる
好きだ、ばか♡
18

年の差カップル

はじめまして。あーちゃんです。

初めての記事は私の紹介をしようと思っていましたが

もっと大切なパートナーについて書く事にします。

わたしと“カレ”は、出会って6年ほどが経ち、

結婚して1年と7ヶ月が経過しました。

“カレ”とは8つほど年が離れていて、

結婚するまでに沢山乗り越える壁がありました。

出会った頃から“カレ”と私は天と地の差くらいの

知識量や経験の差があり、そこにまず落ち

もっとみる

パートナーとラブラブでいることと、健康を保つことは似ている。

彼がnoteデビューしました。

「100%の自信を持って告白しました」
っていうのが月しし座男子らしくて
読み返すたびに笑ってしまうのですが。
実におかげさまで
愛され、尽くされて
幸せな日々を送っております。

前の記事でも触れたように
病氣=カラダからのブレーキサイン なので
常識に囚われず
人目を氣にせず
本当に自分のやりたい事に邁進していれば
大きな不調は無くなります。

わたし自身が体

もっとみる

「彼女いない歴=年齢」だった僕が、あっという間に成し遂げたこと

僕が伝えていきたいことの一つがパートナーシップです。

僕は、告白をして、付き合って1ヶ月満たずで同棲生活をしている10歳年上のパートナーがいます。

お互い目指す方向性と成し遂げたい志と
価値観が重なっているので、僕はこのご縁がうまくいかないはずがないと、100パーセントの自信を持って告白して、成就しました。

・なぜ、こんな早い展開で進んだのか。

・お互い今からの時代において、成し遂げ

もっとみる

離れるほど喧嘩する

やほみ!
今回は「離れるほど喧嘩する」

私と彼は離れている時にする電話でよく喧嘩する
彼or私が帰省している時(くらいしか離れることが今は無い)
夜に電話を繋げていると喧嘩する率高くて、まぁそれは離れている不安から私が怒りっぽくなるのが原因だろう(普段からも怒りっぽいけど余計に怒りっぽくなる)

離れている分彼の予定が普段より把握できてないと不安だし連絡できる時にしてくれないと、できるなら1時間

もっとみる
スキ・・だって・・?ばっかじゃないの!私はあんたの事スキじゃ・・

苦手な事、得意な事、何でも彼に頼ってみるべし♡

あなたの苦手分野は
誰かの得意分野。
出来ない事を時間かけて頑張るより
得意な人に頼る方が、
助けてもらったわたしも
活躍できたあなたもハッピー!

そんな話がありますよね。
我が家でも
お互い得意分野で助け合っています。

例えば
力仕事やお掃除、事務的な事は彼担当。
細かい手仕事やパソコン関係、
季節感のある事はわたしが担当。

でも、ここで終わったら勿体ない。
わたしは、得意分野でも
どんど

もっとみる