幼稚園教諭

保育所と幼稚園、勤める側の違い

結論から言うと、最も大きな違いは職員が多いか少ないかです。

なんだそれだけか、と思うかもしれませんがこれが本当に大きな違いです。

ですが、この大きな違い、実際に両方で勤めて初めて

”なんて大きな違いなんだろう!”

と実感を持てることだと断言できます。

実際、この仕事をしていると現役大学生、専門学生が実習生としてやってきます。

誰しもが保育者になりたい、と考えている人ばかりです。ですが

もっとみる

NZの保育士がホントに使う英語【食事】

ニュージーランドで保育士をしている直樹です。今日は、日常的な保育園の食事の場面で使う英語をまとめました!
ニュージーランドの保育園では、モーニングティー、ランチ、アフタヌーンティー、レイトスナックと1日に食事をする機会が多いため、覚えておきたい英語表現もたくさんあります。

保育園
9:30 - 10:00 モーニングティー
12:00 ランチ
14:30 アフタヌーンティー
17:00 レイトス

もっとみる

役立たない教材があるのは自分のせい。

『子どもと遊べるっていいよね~。』

保育職が少なくとも一度は、他業界に就職した知人から言われる言葉です。

そんな言葉に大半の人がこう返すでしょう。

『そんなラクな仕事じゃないよ。結構いろいろ大変だよ。』

と。

ですが、そうです、それが仕事です。そして確実に楽しい。間違いなく楽しい。

子どもと遊んで、ケンカすることもあって、昼寝を寝かしつけている間に自分もうとうとなって・・・給与をいただ

もっとみる

リタイア予備軍から脱却する方法

万人受けする方法というより、私が脱却するにあたって有力だったと感じる方法についてです。

そもそも、今の仕事が本来楽しかったり、夢であったりするなど”リタイアしたくない理由が強い”方向けになります。

前提として、上司、同僚、時に部下かもしれませんが、対人関係がリタイアする最大の要因にあるとします。

結論から言うと

言いなりにならないこと

です。

当たり前ですよね。仕事じゃなく、例えば、学

もっとみる

お金は大好きです。でも、お金持ちになりたい以上にブレない人になりたい。

急な私事ですが、最近大きな買い物をしようと思っていて、それについて調べていると、”お金の稼ぎ方””お金の増やし方”みたいな記事に跳ぶことがたくさんあります。

特に投資系の記事だと、初志貫徹できる、方向を変えずに継続できる人がうまくいく、という要素が確実に入っていますね。

noteを見ていても、そういった財テクを書かれている方が人気なんだなーと感じます。無料の記事を拝見すると本当に面白いというか

もっとみる

反面教師

わかる人はきっとわかる。

私たちの業界、保育業界。他の業界も同じかもしれません。

誰かを追い込んでリタイアさせた張本人は、一切不利益を被らず当然のように働き続けていませんか?

私が働き始めた初期は、自分が追い込まれていたため(当時その事実にすら気付ききれていませんでしたが)、わかりませんでした。

ですが、この世界で10年選手になるほど見えてきたことは

誰かに追い込まれてリタイアする人の驚

もっとみる

雨の日散歩が始まったキッカケ

先日、私がとても可愛がっていて、尚且つ尊敬する後輩ちゃんに会った時のこと。

※いろいろストレスが溜まっていたので、否定形から入っていることをお許しください。笑
又、彼女は雨の音を聞かせてあげたいという保育士の思いを否定したい訳でもありません。

「くしま先生がやってたからって、雨の音を聞かせてあげたいとかで、〇〇先生何も準備してないのに、雨の日の散歩に行くとか言い出したんですけど、カッパの作

もっとみる

キッズラインのサポーターの「すごい力」

キッズラインのサポーターの
チャイルドケアさんです。

サポーターを1年以上していて「すごい力」を身につけたと共に
他のサポーター様もますますスキルアップしていると考え、
これはシェアするしかない!!と思って広報活動中です。

「すごい力」とは?

移動力
「指定場所にいきます!」
行動力
「お子様を守るために行動します!」
スキル
「お子様が楽しむ技術を持ってます!」

これだけの素晴らしい人た

もっとみる

【保育教育分野のギグワーカー】

キッズラインサポーターの
チャイルドケアさんです。

最近、キッズラインの勢いが止まりません。

勢いというのは、
私がキッズラインで1位を取った時点
ベビーシッターの登録者数2300名だったのに対し

公式登録者
現在3125名!!!

「働こう!」と思って
登録会に参加して、ママトレーナーの家で実践をして
ようやく公式登録された人が
こんなに増えるというのは、すごいことです。

公式に登録され

もっとみる

男性保育士もいろいろおります

このnoteを始めたのは、不本意なリタイアをしそうな方が、もしこのnoteを見ることで気持ちが軽くなれば、と考えたから。

ですが、ちょっと誤解を招きそうだぞ、と思ったことがあります。

それは、別に私は”男性保育士をひいきしたい”わけではないということです。

ということで、今日はそんなタイトル通りの内容を軽くまとめてみようかと思います。

やる気は女性も男性も、当然人それぞれ!

当然なことで

もっとみる