メンヘラでなにがわるい②  私の唇を舐める父親。

小さな仕返しとしてこの文章を書く。

性的虐待といわれてもしょうがないような馬鹿な振る舞いをしていた父親の影を追うような恋愛ばかりしてきた(同じ職業の人ととか顔が似てる人とか)そんな自分がとても嫌いなのだけどチャンスが回ってきた。今父親はよわっている。ここを、叩く。どうにかしてやる。

はて、どうやって?

憎しみというものはいざ抱いてみるもその扱いに躊躇する。相手に返そうか?はたまた全然関係のな

もっとみる
えー!照れちゃうな!
4

ポジティブに生きることができない

メンタルクリニックに行ってきた。

主治医から「過去は過去。それなりに辛かった過去だけれど、人生はアナタが決めていくもの。後ろばかり見ていては、いけないよ。前を向いて生きていきましょう!」と言われた。

それができたらやってるーーー!!!!!

わかってる!!!!!!!!!

それができたら苦労していないのである。

過去のことを思い出してクヨクヨしていないし、泣いて過ごすこともないのである。

もっとみる
嬉しいです!
5

【児童虐待】なぜ「再三の通報」が生きないのか

未🔵児童虐待、なぜ「再三の通報」が生きないのか

⏺️どうすれば悲劇の連鎖を止められる?

⏺️相次いで発覚する、幼児虐待事件。

⬛️事件を減らすためにできることとは

⏹️幼児虐待事件が相次いで発覚している

埼玉県狭山市の3歳女児が、やけどを負ったのに放置され、死亡が確認された事件

【埼玉県警】

女児の母親と同居する内縁の夫を「保護責任者遺棄罪」と「暴行罪」の容疑で逮捕。

➡️この事

もっとみる

⑫/24【セクシーになってはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《セクシーになってはいけない》のビリーフを持つ方は、自分や他人のセクシーな面に対して、嫌悪感や罪悪感といった否定的な感覚を感じます。
心の中で感じている《セクシーになってはいけない》という感覚に反抗して、過剰にセクシーな格好をする方もいます。
 
 
【悩みの例】
・セックスが怖い。セックスに対して嫌悪感や罪悪感を感じる。セックスをすると咳や涙が出る(吐き気、頭痛)
・セックスをしてあげ

もっとみる

⑥/24【人に近づいてはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《人に近づいてはいけない》のビリーフを持つ方は、人に近づくことや、人と親密な人間関係を持つことに対して、恐怖を感じます。
その結果、人間関係がギクシャクしたり、不適切な人間関係を築く傾向があります。
また、あえて過剰に人に近づこうと努力する者(←反抗的決断)や、わざと相手から嫌われたり、不審がられるような、おかしな近づき方をする者、社会性を欠いた近づき方をする方もいます。(ストーカーなど

もっとみる

③/24【自分の性別であってはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《自分の性別であってはいけない》のビリーフを持つ方は、心のどこかで「自分は違う性別で生まれてくるべきだった」と思っており、実際の自分の性別に対して違和感を感じています。
『女性(男性)が男性(女性)っぽい服装や、振る舞い、言葉使いをする」「同性や異性に対して、過剰にライバル心や攻撃心を持つ」といった症状を示します。
女性の場合、心因的な月経前症候群(Pre-Menstrual Syndr

もっとみる

①/24【存在してはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【存在してはいけない】のビリーフ
【説明】
もし、自殺や他殺(自傷や他傷)、「私なんていない方が・・・」「もう、どこかに消えてしまいたい・・・」
といったようなことを考えたことがあるならば、《存在してはいけない》のビリーフを持っているかもしれません。
うつ病の経験者は、《存在してはいけない》のビリーフを持っている可能性が高いです。
中には、心の中で感じている《存在してはいけない》という感覚に反抗し

もっとみる

【 うつ病(鬱病) 】 ~ビリーフチェンジで自己否定が減り、自己肯定感が高まります~

【 うつ病は心に必要な休憩時間 】
 うつ病はストレスなどにより負荷がかかり心が支えきれなくなった症状です。
 
 それは、心自身が壊れてしまわないよう壁をつくって守っている状態です。
 
 せっかく心が『このままじゃやばいよ!』とメッセージを送ってくれているのに
 そのメッセージを無視して無理をすると大変なことになってしまいます。
 
 まず一番は、休むこと、無理をしないことです。

【ビリーフ

もっとみる

違和感に気付いて

そろそろテーマが思いつかなくなってきたので(早い)noteのお題にあった#読書感想文に沿って書いてみようと思います!

 今回は、一番最近読んだ信田さよ子先生のご著書『〈性〉なる家族』から感じたことを書きます。

 タイトルから、まず何が思い浮かびますか?“聖なる”ではなく“性なる”家族。少し想像を進めてみると、家族内の性に関する問題…近親姦(近親“相”姦では決してありません)や性的虐待に関するこ

もっとみる
読んでいただきありがとうございます(^o^)
4

NMATキックオフミーティングを開催します!

「今一生さんと一緒に子ども虐待防止について考える東京講演会」の開催まであと1ヶ月となった。
そこで講演会のスタッフ決起のために、10月10日(木)にNMATキックオフミーティングを開くことにした。

場所は、ごちゃまぜCafeメム(東京都江戸川区上篠崎2-15-4)
都営新宿線篠崎駅より徒歩約9分。
時間は、13時から15時を予定している。

私たちの活動に賛同し、子ども虐待防止に力を貸してくださ

もっとみる