手の届く範囲

僕たちは、商品をほとんど正当に評価していない

一言でいうと

人がモノを選ぶとき、正確に品質で選んではいない。

活用シーン

マーケティング、広告、商品開発

内容

行動経済学者アントニオ・ランゲルの研究。

ジャンクフードを買う時に…
文字や絵の表示から選ぶより実際の商品を見せられた場合のほうが40~61%多くお金を出すことが分かった。
商品がアクリルガラスの向こうに置かれていて実際に手にとることができないと、金を出す意欲が文字や絵のレ

もっとみる
ありがとうございます<m(__)m>
7

自分の周りから最適化していくということ

この文章を書いたのはたぶん2000年くらい。すべてを他人のせい、環境のせい、政治のせい、景気が悪いせい、と言わずに生きていこう。自分のために自分の人生を生きていこう。そんな気持ちで書いたことを思い出します。東京港区のおへそのような「麻布十番」という街を選んで、ここでの小さなセーフティネットを創りながら、自分を育て、家族を愛し、猫を愛して生きていければと思っているわけです。

そんなことを思い出させ

もっとみる

手の届く範囲を知る

最近ギターを弾けてない。

英語の勉強だってろくにやれてない。

原因は、noteの毎日投稿だ。

でも満足している。

だってこれは自分で選んだことだ。

----------------------

いまやりたいことがそこにないなら、それが届く範囲まで動くほかない。その結果、いま手の届く範囲にあるものから少し離れてしまうことは、仕方がない。

キャパシティ、という考え方とはちょっと違う。

もっとみる
ありがとうございますm(_ _@)m
12