拝啓

拝啓

こんばんは。

おはようございます。

こんにちは。

未来の私、何をしていますか。

どんな風に生きていますか。

やりたいことは出来ていますか。

あの日のことは笑い飛ばせるぐらいにはなっているでしょうか。

くよくよしなくなりましたか。

毎日笑顔で居ますか。

貴方の目に写る毎日の生活はどんな美しさを放っていますか。

今の私に、「大丈夫だから。自信持ってやり通しな!」って自然と言うのでし

もっとみる

拝啓 フォトグラファー様

拝啓
盛夏の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この梅雨が明けるといよいよ夏本番の到来ですね。

今年の夏もフォトグラファーの皆様方の素晴らしい作品をデザインに使わせていただいております。なかなか普段御礼を言う機会もなかったものですので、このnoteで御礼申し上げます。

常日頃、フォトグラファーの皆様方なしにデザイン制作が成り立たない

もっとみる

拝啓、神様。あれは恋でした。

おそろいのマグカップの片割れだけを使ってコーヒーを飲むとき。
よく2人で過ごせる夜に聴いていたジャズをかけて布団に入る時。
街を歩いていてよく似た白い車をみかけた時。
あなたが僕の隣にいたことがふと蘇ってきては、慌ててそれをかき消して、寂しさに少しだけ泣いて、涙を拭いてまたいつもの生活に戻る。
そんなことの繰り返しをして、僕は今生きています。

大好きだなぁって思ったりして。
でも大っ嫌いだなぁな

もっとみる

手紙|拝啓、社会人1年目の私へ。

お元気ですか?

毎日朝早く起きて、夜遅く寝る生活が続いてますね。土日もなく、ただただ仕事に熱中する日々を過ごしていますね。

そんな必死な生活を送っている社会人1年目の私へ、手紙を送ります。

必死にPDCAを回してほしい

何もできなかったけど、人にだけは恵まれて、当時の上司から厳しくも的確なアドバイスをたくさんもらっていますね。

「お前の意思はこの仕事のどこにあるんだよ。伝書鳩ならいらない

もっとみる

拝啓、どうしようもないときの私へ

どうしようもないときがある。

周りが元気に働いていること、活躍していること、キラキラしていること。
すべてが自分への攻撃になる時がある。
私は元気に働けていない、活躍できていない、全然キラキラしていない…。
周りを賞賛したいのに、声が出ない。嫉妬と、自分への卑下に変わってしまう。

「今ちょっとネガティブな状態なんだ。いつか元気になれば、私も同じように活躍できるから」
と、もう1人のメタな自分が

もっとみる

『拝啓』スポーツジムに車で行ってバイク漕いでる人へ

こんにちは、まえのです。

今回のテーマは「スポーツジムに車で行ってバイク漕いでる人」について書いていきたいと思います。

最近に限らずこういった人は非常に多いです。

人それぞれの事情があると思うので一概に全否定はできません。しかし、僕が個人的に思う違うな〜と思うところを指摘していきます。

 

 

結論から。

『ジムに行く理由を再確認しよう』

 

 

あなたがスポーツジムに行く理由

もっとみる

一通目:いつも一生懸命、話を聴いてくれた君へ

「どこの大学に行くかより、そこで何をするかですよね」

中期試験の対策中に、君が言った言葉。
センターで取り切らせてあげられなくて、
前期試験も、記述力をつけきることができなかった。
ごめんね。

君だけじゃない。
あの頃の私は、君と同じように志望校を変え、
第一志望を諦めるしかなかった子たちと向き合う度、

「力不足」

という現実に、何度も何度も
押しつぶされそうだった。

そんな時だったんだ

もっとみる

自分宛

拝啓〇〇後の私へ…。
現在の私は…

どうも!birimasaです!

今日は仕事柄、子どもと関わる事があり3年後の自分に宛てて手紙を書くという素敵なアイデアがありました。
タイムカプセル的な感じでしょうか。
アイデアという程でもないですが、なんかいいな。と思いました!!
僕も本日、30歳の自分宛に手紙を書こうと思います。
人生は3年〜5年。早い人なら1年で別人になっています。
あっという間の人生

もっとみる

就活で本音を貫きたいという僕に贈る言葉 #所信表明

こんばんは!
notersの末っ子、松田直人です。

今回のテーマである#所信表明が19個目のテーマとなりました。

毎週、毎週書くことに何の意味があるのでしょうか?
僕は書くことで誰に何を与えられているのでしょうか?
(ふとそんなことを考えていると、何のために書いているのか分からなくなってしまった今日この頃です…)

とはいえ、多分19回のうち1度くらいは世界の誰かに何かを与えられたのではないか

もっとみる

理想を語るには信用が必要

「何か困ったことがあったらいつでも連絡してね」
もうすぐ職場を去る男。
違和感でしかありません。
大して可愛がられた印象もないです。
思い出といえば、何か困ってる?という質問に答えたことが次の日色んな人に知れ渡っていたことです。あれは衝撃的でした。

今1番困っていることは、この職場で誰もやっていないという有休消化のまとめ取りです。
あなたはこれからのみんなの為に!
と熱く語っていましたね。
残念

もっとみる