捨て本

捨て本 堀江貴文

この本は、ホリエモンなりの捨てる論について語った1冊である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無くした時は悲しんだのに、後々になってなぜ大切にしていたかがわからない物はないだろうか。1度大切だと思うと、あなたの心や行動を縛り付ける。それらを失ったところで特に何もない。本当に大切なものへアクセスするのに障害となっているのだ。

1度自分の部屋を見渡して欲しい。きっ

もっとみる

決めてたこの2冊の本意外に現場に行ったら私に呼びかける本が現れる、現れる。誘惑を断ち切りまずは決めてたこの人達から。今月6冊制覇します。

捨て本 堀江貴文著

最近何かと忙しく、貧乏ヒマなしやったので活字離れしとりました。

という訳で、お気に入りのTSUTAYAへ…。

今回はAmazonの到着を待てない衝動を感じた為新刊を購入する気で入った。

よるのまひるサンの小説もオモロそうだった。

ウチら棺桶まで永遠のランウェイ kemio著 もオモロそうだった。

そう感じながら、ホリエモンコーナーへ…。

何冊か新刊をパラパラとしながらこの本を手に…。

もっとみる

所有について

久々にnoteに表れた。

最近はずっと紙のノートに書いていた。
なんか手触り感が好きでね。
自分の気持ちに触れられている感じ。
それがあるのが手書きなのかなぁとか思うわけですよ。
一方でnoteなどのネット媒体。
これは手触り感よりは外部化してる感じ。
自分の気持ちを客観的に眺めるのにいいと感じている。

今、特に客観視したいわけではないのだけれど、
まあたまには書いてみるかということで書いてい

もっとみる

入院15日目手術後シャワーリハビリ

6月28日息切れがひどく近隣の内科で診てもらったところ救急搬送されることになり
#うっ血性心不全
#心筋梗塞
と診断されそこから7月19日までの23日間入院することとなってしまいました。 その入院で #動脈硬化 がみつかり #冠動脈バイパス手術 を受けるために #心臓外科 のある病院に8月7日に入院しなおし、8月14日に予定していた手術を無事終えましたが、その後の回復が思った以上に悪くいま

もっとみる

ホリエモン『捨て本』

今年は「書く」をテーマにしていたはずなのに、、、
実にやばいw

前回のnoteから既に1か月。

その代わりお気軽にサクサクかけるブログの更新はもうちょっとマシな頻度で書いているw
noteはマジメなことを書くときと書きたいお題があるときだけなので、ついつい間隔が、、、(言い訳全開w
多分、いかにマジメなことを考えずに生きているかだと思う。

2月に「断・捨・離バンザイ!」でも書いたが、要らない

もっとみる

ホリエモン「捨て本」でキョロ充を直せる

なぜキョロ充はこの本をよむべきなのか?

キョロ充は「所有」に毒されているから。

どんな友達を「持つのか?」、どんなグループを「持つのか?」、どんな社会的地位を「持つのか?」、どういう親を「持つべきだったのか?」、どういう学歴を「持つのか?」

持つことが、自分の価値を決めると勘違いしているから、苦しいままなのです。

行動して失敗することを恐れる理由はそこにあります。

つまり、失敗して「所有

もっとみる

修業重視発想を捨てる

働き方改革の本質は、「最も貴重な資本は、時間である」という意識が、社会の中心的な考え方になったところにあるでしょう。

つまり、ブラック企業とは、社員の貴重な時間を奪う企業、ムダな時間を過ごさせる企業ということになります。

”修業”を重視する発想は、その主たる特徴です。

実業家、堀江貴文氏は、著書『捨て本』の中で、次のように述べています。

何年も時間をかけないと得られないスキルなんて、世の中

もっとみる

捨て本

書名:捨て本
著者:堀江貴文
出版社:徳間書店
発行日:2019年7月30日
読了日:2019年8月3日
ページ数:312ページ

おはよう〜☀️。先週からずっと
大阪出張で全然アップできてなかった❗️
今日、連続投稿します。

まずは「捨て本」堀江さんの新刊。

結構共感できるところありました。

私もモノに執着しないので家がスッキリしています。
最近は物欲も本当にないです。
(それでもまだモノ

もっとみる