プランニング職に必要なスキル① ~専門スキルのその前に身に着ける”ビジネス意識”~

会社のプランニングを担当する部門の新人研修をプランするにあたり、身に着けてほしいこと、自分が意識してよかったことを整理してみました。基本的なことから、企画やプレゼンなどの応用まで自分の経験や様々な人から学ばせていただいたことを明文化していきます。

そのファーストステップにあたる、今回の記事で言いたいことは、「プランニング職だろうと、クリエイティブ職だろうと、まずは、”仕事をするヒト” として、基

もっとみる

この前仕事中に来たセールスマンの話。

会社でピンポンが鳴ったので
お客様かと思って受付に
いったら、
いかにも新入社員の男の子が
満面の作り笑顔で立っていて

「○○生命の××と申します。
このエリアを担当させて頂くことになりました。
突然ですが今は保険に入っていますか?」

とのこと。
ああ、そうか。
新入社員さんの
一人立ちの時期なのかな?

バリバリ作り笑顔と
マニュアル通りのセリフ。

仕事中なので…とお断りするも
「俳優の○

もっとみる
嬉しいです!
9

会社での研修は好きな方だったのです。

私は会社の新人研修を2回受けていて、それぞれに同期がいるんですけれど、どうして新人研修って、あんなに連帯感を持ったり仲良くなったりするんでしょうね。

その後様々な部署に回されて、場合によっては勤務先もバラバラになるわけで、会う機会なんてほとんど無くなったりするじゃないですか。

それでも同期の絆は強くて、お互いの成績を社内報とかで確認したり、何かあったら連絡を取り合ったりとか、しばらくの間はして

もっとみる
感涙(´;ω;`)
8

新人には教えてくれない報連相

報連相。

「名詞交換」や「電話応対」と同じく、社会人になるとまず真っ先に教えてもらうスキルの三種の神器の1つです。

いや、大手企業ならそうかなー?と言うだけで、昨今のメガベンチャーなどではどうなのかわかりません。むしろ、今、新人に求められているニーズが以前と違うならちょっと知りたいです。

ですが、個人活動ならともかく、1つの課やグループで総数15名くらいを超えてくると、やはり組織的な活動も多

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
3

社会人生活①

学生時代、本に埋もれて過ごしてきた私は、経験を求めて社会に出た。
ここでいう経験とは、人間関係と恋愛、つまり、生身の他人と私の間で発生する酸いと甘いのことである。

多種多様な人間に出会うためには、世界でも有数の都市である東京が適切だろう。
その大都会を文字通り自由に遊び歩くには、一人暮らしが欠かせないだろう。

こういう理屈で私は就職先及び晴れての住居を決めたのだった。
私は、とあるメーカーにシ

もっとみる
スキありがとうございます!
3

受講生を踏み台にする「モンスター講師」、人事が見抜くための3つのポイント

10月ともなると企業の人事担当者は、来年度の新入社員のための研修の「仕入れ」へ向けていっせいに動き出す。しかし、担当者がせっせと見つけた講師の全てが「当たり」とは限らない。

では、企業にとってどんな講師を「ハズレ講師」と言うのか。この点について2006年に発売後、幾度も版を重ねている「企業内人材育成入門」(中原淳 編著)は、「企業教育の政治力学―人材教育は本当に必要か」という章の中で、物語風のエ

もっとみる

新人教育初日に必ず言うこと

こんばんは。

1日に3回も投稿するなんて…私、

 暇ですか?

暇かもしれません。
台風で色々予定潰れましたし。

さて、今回はお堅いソフトウェア品質の話から離れて、かれこれ新人教育歴7年目の私が、5年間使ってきたカンペ全文をここに残しておきたいと思います。うん、すごく浅い。そして年数も中途半端。

いいんです。
嘘はつきたくないし、たぶん来年は使いそうにないので。

では、ここからは見出し以

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
6

人材育成は3つの層がいる

こんばんは。

唐突ですが、社会人になってから、私はまともに教育を受けたことがありません。

3回転職して、今いる会社が4社目になりますが、1社目から現在にいたるまで、社外セミナーを受けたこともなければ、社内教育を受けたこともありません。強いて言えば、社員同士の勉強発表会?みたいなものは少しやったことがある…くらいです。

ただ、そうした過去もあって、自分が先輩になり、上司になりと、立場が変わるた

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
5

「学び」の「受け皿」を経験が作る

会社の新人研修で使ったテキストを、職場で実戦経験を積んだ後に何気なく読み返したら「ああ、あの時に講師が言ってたことってこういう意味だったんだ」と骨身に染みるように理解出来た。そんな経験を入社1~2年の頃にしました。

未経験の仕事は特にそうかもしれませんが、実戦経験が無いと説明を受けただけではイメージしにくい部分が少なからずあると思います。そのような状態で知識を蓄えようとしても、イメージできない以

もっとみる