バランス

本来の自分に戻りつつある今
そして周りで起きている全てのことは
自分から発生しているんだと気づき

自分がどれだけ自分を信じてなかったか
それがわかる

一度自分を全て手放し
再び自分をカスタマイズできることを知る

選択権は自分にある

だから手放した上で大切にしたいものは
大切にすればいいんだ

そんなことを感じては
また次の学びが訪れる

旅が終わったらたんまり溜まった宿題
なんとかしなきゃ

もっとみる

「時代を感じろ&廃墟のススメ。」

鳥谷の退団
ランディの引退
と阪神タイガースは寂しいニュースが続く。
この二人は長い間阪神タイガースを引っ張ってくれた功労者だけに阪神の一つの時代が終わるんだなと感じている。
(二人のためにも逆転CSを決めてほしいけど厳しそうだ。)

時代が終わることは寂しく感じてしまうけど、時代を感じることは大切だ。

時代を感じれるようになれば

・「今」を生きているんだと強く認識できるようになり「今」に集中

もっとみる

大したことなくて大したことある

思っていた以上に自分は大したことない
あー大したことなかったんだ
と思うと肩の力が抜けた

それと同時に開けたことは
手放した時の自分の大したことある部分
そのポテンシャルに気づいた

いかに要らぬところに力んで
力を入れるところに入れてなかったのか
そんな風に感じた

自分に目を向けた

自分が目を向けるべきは自分の弱いところ
弱い部分、情けない部分
どうしようもない部分

そこを見た時
本当の

もっとみる

男として

自分は男なんだと
なんとなく今日自覚した
もちろん、女だと思っていたわけではない

僕は人を視るクセがある
男女問わず、その人の素敵なところを視て
取り入れる様にしてる

もはや無意識にその様な行為をする
たまにわからない、
もしくはできない領域があると悔しくて
実験検証を繰り返してしまうのだ

そしてふと思ったのだ

女性にしかできないことがある

最近よく見えざるものを見え感じる人が増えた

もっとみる

感情との向き合い方を学んだ

17歳で母が他界 その後、四半世紀あまりで感じた母が亡くなったからこそ”良かったこと”をシリーズでお伝えしています。

第13回 感情との向き合い方を学んだ

前回ご紹介したように、感情との付き合い方が分かると、感情と向き合う事をしなくてはならない時がが来ます。この流れで考えて進めていくと、事はスムーズなのですが、私の場合は母が亡くなる前の段階で感情について学んだり考えたりしてきたことがなかったの

もっとみる

唯一の平等

今、世界中でいろいろな格差がある

お金・教育・仕事など全て平等な世界など存在しない

常に誰かと比べて

誰々はいいな〜

羨ましいな〜

親が資産家だから

確かに、恵まれている人は沢山いるのも事実だ

そういう人は、恵まれていると自覚しているのだろうか?

多分どっちもあるのだと思う

自覚している人と全く自覚していない人

自覚している人は、思うに謙虚ではないだろうか?

自覚していない人

もっとみる

まんぷくのうしろ手ついて芋煮会

いもにかい:晩秋

俳句は余情をたのしむ文芸です
句の先の世界をたのしんでいってください

サポートいただいたみなさまへ

◇ 俳句のご使用 ◇
この記事の俳句は
ご自身の記事や作品のなかで
ご自由にご使用ください

◇ 作者名 ◇
作者名として「草笛」と
お書き添えください

◇ 商用利用 ◇
note内外での
商用利用につきましては
ご相談ください

◇ 著作権 ◇
Kusabue

Kusa

もっとみる

カタストロフィー

「カタストロフィー」

僕を中心として 世界は回っている
誰がなんと言おうと動いている

たぶん その気になれば 景色も変えられる
誰がなんと言おうと変えられるさ

周りの事ばかり気にしても
結局は自分なりに進むのなら

下りたままの 遮断機を飛び越えて 行くんだ 今すぐ
警報機が鳴って 僕はすぐ駆け出した
一歩向こう側  意外と知らない世界が待っていた

時の流れは早く また置いて行かれそう

もっとみる

「1/365」

「1/365」

僕の何でもないような一日が
誰かにとっての大切な日で

その誰かのくだらない一日が
彼女にとっての特別な日だった

ねえ 慌ただしく時は流れるけれど
ふと立ち止まってみれば
いつも誰かの笑い声がする

あなたと出会ったあの日
皆で騒いだ夏の日

その一つ一つ全てが
忘れられない記念日

それぞれの今日が1/365

君のなんとなく過ごした一日が
家族にとっての大切な日で

彼の感

もっとみる