8月23日 月下美人

花ことば 真実 夜明け前

今日生まれのあなた

お誕生日おめでとう

&ありがとう

 

暗闇の中でしか見えない明かりがあるという

暗闇しかない時に少しの光を頼りに歩く

もっとみる
ありがとう〜(o^∇^o)ノよかったらまた、たまに来て下さいね♪

それで足りる

ずっと仕事のことを考えていた時期からすると、今はもう、気もそぞろもいいところで、半隠居のようなものだ。花鳥風月のことか天気のことしか考えていない。

 このところは、ようやくふたたび蕾をつけたハイビスカスのことが気になっていて、先週の終わり頃からぽっぽとついた蕾がいつ花開くのかというのが私の主な関心事だった。

 旅から戻ったときに見たときには、まだ咲かず、昨日見たときにも蕾は大きくなったものの、

もっとみる

サカナクションは、なぜ暗闇を作らなければならなかったのか?

「あいちトリエンナーレ2019」で2019年8月7日から11日まで開催していたサカナクション「暗闇 -KURAYAMI-」。その名の通り、会場を完全なる暗闇にして、ライブが行われる。演奏される楽曲に馴染みのヒット曲は一切なく、この日に合わせたスペシャルな構成だった。

サカナクションは「6.1chサラウンドLIVE」など音響にひたすらにこだわってきた。こだわり過ぎてライブはチケット代のみでは赤字の

もっとみる

幻想

君がいるこの世界

君しかいないんだ

すべて幻想だ

その悲しみも

その苦しみも

幻想の中で目をつぶってごらん

そこにはなにもない

ただ、君がいるだけ

ただ、君が在るだけ

宇宙でもなく

暗闇でもなく

その真っ暗闇は

ただ、君だけのもの

そこに在る悲しみも苦しみも

目をつぶれば

黒に溶け込んでいく

すべてが存在していて

すべては存在がなく

かすんだ世界を

君は独りで

もっとみる

サカナクション 暗闇 KURAYAMI  という体験。

あいちトリエンナーレ2019、サカナクションが完全に真っ暗にした会場でコンサートをするという。それを聞いて、サカナクションは新譜が出たら聴くぐらいのライトユーザーの私ですが、行きたい!なんて思った。

そして思い出すのは、小沢健二2010年のコンサート「ひふみよ」で。一曲目の流星ビバップは、途中モノローグ「闇」をはさんで真っ暗な中歌われたこと。暗闇の中聞いた音楽を人は忘れない。

そんな体験ができ

もっとみる

サカナクション「暗闇」を感じてきた。

※ネタバレ注意。

あいちトリエンナーレ2019のプログラムの一つでもあるサカナクションの「暗闇」を観てきました。
わたしみたいに語彙力がない人間が感想を書かなくてもいいかなと思ったんですが、たぶん人によって全然見えるものも違うだろうし、自分自身も他の方の感想をすごく見てみたいのでメモとして残しておきます。詳しい内容や設備的な部分を知りたい方は是非他の方のレポートなどを参考にしていただければ…!

もっとみる

あいちトリエンナーレ2019サカナクション「暗闇」

サカナクションを卒業した“まつ”です^_^

僕はサカナクションを卒業したんですが、今回だけは行ってきました^_^

「あいちトリエンナーレ2019」

「暗闇ライブ」

今回は事前アナウンスの中でも「従来の様なライブはしません」と言われていた事もあり、どんな風に音楽を聴かせてくれるのか?楽しみが過ぎる為、名古屋に出陣しました^_^

※ネタバレあり

まず会場となる「愛知芸術文化センター」ですが

もっとみる

哲学ファンタジー あなたと私のコンメディア 謎その37

謎その37 〈切り分ける力〉がなくなったらどうなる?

青く光っていた数たちが、見えなくなった。

真っ暗闇の中、卵形の石だけが燃えていて、石戸さんの姿を照らしだしている。

「〈切り分ける力〉が止んだ」と石戸さんは言った。

すべてのものが、闇の中にあるのがわかった。数だけでなく、架空の人々や、実在の人々も。

人間だけでなく、ありとあらゆる生き物たち、星々、物質、そして光までもが、闇の中にあっ

もっとみる

あいちトリエンナーレ2019音楽プログラム サカナクション暗闇-KURAYAMI- レポート

『音楽は立体である。
しかし、視覚はそれを見えないようにする霧だ。』

2019年8月1日から行われている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」では、今回から新たに音楽プログラムが追加されることとなり、そのひとつで大きな目玉となったサカナクション『暗闇 -KURAYAMI-』を鑑賞してきたのでここにレポートを行う。全てを語ることはしないものの、当然ながら内容に触れる部分が含まれるので未見の方はご注意頂

もっとみる