朝靄

抗えない事がある
この世の中には、常に不条理がまといつく
例えば、いつか私達は死んでしまう事
例えば、お別れを何度か経験しなきゃいけない事
伝えられたサヨナラの数が、これっぽっちしかない事
雨で、全てが止まってしまう事

街の光がやけに寂しく、私達を照らす暇なんて無い
そこに自身の明かりを灯すだけで、誰も何も受け付けない
私だってその1人かもしれない
今、進んでいるこの道は、誰かの為などと言いなが

もっとみる

冒頭書き出し⑨

書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

規定部門: サル

誰よりもバナナを取ってくる麒麟児だ。サルだけどね。

履歴書の特技に「森」と書いて消した。

ボスザルがカニにパーで負けた。

万華鏡の中でサルが笑った。

図書館に来ると必ず図鑑で自分を探してしまう。

ハンガーの代わりにサルが役にたつ。

猫がいるのに干支の話をするな!と辰に叱られた。

もっとみる

冒頭書き出し⑧

夏に出損ねた土の中の蝉を俺は知っている。

僕にとって鞭は飴だ。

言いたいことを全て言って、入社した。

この歌わかる?と歌い始め二番に入った。

「お前もこうしてやる!」と言ってからリンゴを握り潰すのに苦戦している。

切れ味の悪そうなナイキだな。

青あざでタトゥーが滲む。

トイレと店内に掲げられている格言が矛盾している。

やまびこで二回フラれた。

グーは権力、チョキは自由、パーは不

もっとみる

書き出しだけ選手権

この街はどこまで続いてると思う?
そう言って君はチャックを下げた。

うーん、35点。

影響を受けた人物は?
片思いの彼です。

5点

良い味でてるねー
聞いたことのあるモノマネの真似をしながらする彼のクンニがいつのまにか上手になっている

結構好き。68点

空き缶を蹴ったが、夢だった。

あ、これも好きかも。62点

好きな言葉を並べても、君はいない。

考えてないように見

もっとみる

お盆休みに自分流の「働き方改革」

お盆中、お仕事の方もいらっしゃることと思いますが
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

暑すぎると、頭が働かなくなりますよね。
体力も奪われるし...。

私はと言えば、ここ最近、北海道(くしろ)が
気温20度くらいで涼しくなってきたので、
絶賛、作業中でございます。

ようやく「避暑地力」(ひしょちりょく)を発揮し出した釧路。
ひしょちりょく:今、私が作った言葉です...

来月9月は出張だった

もっとみる

【ブログ】筆の軽さ

こんにちは、真野てんです。
最近ちょっと夏バテ気味でなかなか創作に身の入らないバイオリズムになってますが、リハビリがてら「質問箱」をはじめてみました。

すると小説ジャンルのお悩みのなかで、

勢いで書ける作品と、そうでない作品との差はなんだ。

といった内容の質問がありました。

この場合の勢いというのが解釈の広い言葉だと思ったので、返答しませんでしたが、いわゆるパッと思いついてすぐに書ける作品

もっとみる

ときめき未遂

夢見る少女じゃいられないと彼女は歌った。
自分の世界の主人公になりたかったと彼は歌った。
恋のキューピッドを呼び出す儀式、幻想の降臨、空蝉の世の希望、奇跡。

「奇跡は起こすものなんだ」と椅子を勧めるママに食パンを咥えたまま主張して玄関を開ける女子高生。丸一年、175回のトライ。彼女は奇跡を起こす気でいる。果てしない繰り返しの末に、祈りの末に奇跡はあると信じている。

キューピッドも奇跡を信じる者

もっとみる

コンテスト落選記念!選ばれなかった『書き出しだけ大賞』を並べてみた!

《よいこのみんなへ》

【一行怪談入選編】もよんでね!

とっても、たのしいですよ。

いや~暑いですねぇ
あ、どうも、ワタクシ、ミックジャギーと申します。
えっ?違いますよ!そんな訳ないじゃないですか、本名ですよ、本名。
あ、それでですね、ワタクシのnoteに投稿してる短編があまりにウケないんで、知り合いの元Jリーガー、鈴木さんに相談してみたら、
鈴木さんが『じゃあ、コンテストに投稿して実績を作

もっとみる
この瞬間の為に、今まで生きてきました!有難うございます!
9

書き出し小説 No.2

真新しいノートを前にして、心が躍る。
何も書かれていないノート。これから何でも書いていける。
わたしはペンを持ち、最初の一文字を刻む。しかし、そこに記されたのは、ひらがなでも、カタカナでもなく、ただの「・」だった。
真っ白なのはノートじゃない。わたしの頭、そして、わたしの心。
わかってはいた。
わたしにあるのはただ「書きたい」という想いだけ。
人に伝えたいことや自分の主義主張などまるでない。心とき

もっとみる

冒頭書き出し④

[書き出し小説]

「。」の後は任せます。

(自由)

ご飯粒と一緒に彼氏がついてきた。

余った処方箋を庭に撒いておいた。

好きが高じて温泉マークのタトゥーを入れたが、二度と温泉に入れなくなった。

大事にとっておいたその部品は、湯がく前のマカロニだった。

10円を縦に立てている最中に回収されてしまった。

モザイクを掻き分けていくと身動きが取れなくなってしまった。

自宅の住所がばれない

もっとみる