5月17日(金)中国のランニングシューズメーカーってあんま聞かないよね?

<ヘルスケア定点測定データ>
・起床時脈拍数:63
・BOLTスコア:測定忘れ
・体重:67.0

<ワークアウト内容>
休み

朝から熊本→羽田へ。

夕方、上野できねや足袋の中澤パイセンと打ち合わせ(という名のサシ飲み)予定だったので、羽田から上野へ直行。

半袖短パンっていう夏の装いだったんだけど、上野のスタバが寒すぎて、上着持ってくりゃ良かったと反省。

YouTubeの編集・アップ作業と

もっとみる
スキ、嬉しいですー!よければシェアいただくると嬉しいです!
3

2019/04/27 1日遅れの長距離ラン〈ランニングレポート〉

ランニングメモ

日時:2019年4月27日(土)16:40
コース:家の周り
距離:2.34km
時間:15分
シューズ:フライニット2(累積8日/約30km)

感想

GW初日、朝からずーっとベッドの上でゴロゴロしていたら雨が止んだようだったので、さすがに身体を動かそうということでランニング開始。
ところが数百メートル進んだところでiPhoneの電池切れ。
計測ができなくなってしまうので一旦

もっとみる

2019年4月29日 今日の一枚

「2017年8月1日〜2019年4月30日までに開催される、
 国際陸上競技連盟が世界記録を公認する競技会」の
最後となるロンドンマラソン、ハンブルグマラソンが終わり、
MGCの出走者がほぼ出揃った(んですよね?)。
東京マラソンで「あと4秒」に泣いた、
一色恭志選手もきっちりクリア。

一番、熱くなったのは高久龍選手。
高久選手がハンブルグでクリアすべきタイムは2時間10分15秒。

東京マラソ

もっとみる
監督車どこですか?(駒澤片西景が熊日ゴール直後に)
352

東京マラソン リキャップ

東京マラソンが終わってもう1ヶ月以上も経っちゃいました。
今回のレースの前日はとても暖かく、外にいるのが気持ち良い陽気。僕はいつもマラソンの時は特に前日などにカーボロードを意識せず、普通通りの食事を食べて早めに寝るようにします。ただ意識することとしては水は1日を通してすごく多めに飲むようにします。

レース当日の朝起きてみたら、めっちゃ寒い。水を飲んでストレッチをして、朝ごはん。普段の生活では朝ご

もっとみる

東京マラソン2019(2) 〜完走、そして自己ベスト〜

前回の記事はコチラ。

レース前日、天気予報は曇のち雨も、降り始めは午後からの予報。
しかし予報はハズれ、スタート前にすでに冷たい雨が降り始める。
どうやらやむことはなさそうだ。

スタート会場の運営は、以前に比べてかなり整っていた。
スタートゲートもスタートブロックごとに割り振られ、(荷物チェックは杜撰だったが)混雑もなく入場、トイレも場所によったようだが回転速く、アップするペースもあった。

もっとみる

こかじさら『負けるな、届け!』(双葉文庫)

新聞の双葉文庫の広告で目に付いた小説。リストラOLが東京マラソンの応援をきっかけに立ち直っていく小説、みたいなそういう感じ? なんじゃそりゃ? 応援で元気? いや、確かに応援で元気を貰えるのもわかるが、それが小説になるのか? タイトルもピンと来ない。この小説、単行本の時は『アレー! 行け、ニッポンの女たち』というタイトルだったらしい(加筆修正されているので内容は少し違うのかも)。単行本タイトルもわ

もっとみる

東京マラソン2019(1) 〜回想〜

「すごく楽しい42キロでした!」

灼熱のシドニーオリンピック女子マラソン。
高橋尚子は42.195kmを誰よりも速く駆け抜けた後、そうテレビに向かって笑顔を向けた。

当時、私は高校球児。
走ることに良いイメージなどあるはずはなかったが、不思議と駅伝やマラソンを見るのは好きだった。

「42キロを勝負しながら全力で走って楽しいってどういう感覚なんだろう??」

これが、マラソンを走る最初のきっか

もっとみる

2019年3月27日 今朝の一枚

昨日の夕方にニュースとなった「東京メトロ女子駅伝部発足」のニュース。

東京マラソンのプレミアパートナーは東京メトロ。

そして東京オリンピックのオフィシャルパートナーも東京メトロ。

プレスリリースをよく読むと、創設は2020年4月。
日本中のあらゆる人が2020年のオリンピックに向けて
多少無理をしつつ、息をとめて突っ込んでいっているなか、
「2020年からはじまる」というプロジェクトは新鮮で

もっとみる
今日負けたやつ全員に勝たせてやる!(大八木監督が高校生の片西景に)
286

繋いでいくもの

あまり忙しさを言い訳にするのは好きではないけれど、ゆっくりと”ことば”と向き合う時間が取れず、なかなかnoteの更新をすることができない日々が続いている。それに反比例するように、たくさんの刺激にみちた日々を送っていることも事実なので、なんとも嬉しい悲鳴である。”写真があってよかった”ということを頻繁に書いているけれど、最近も変わらずそんな出逢いや再開が多く、その気持ちはふつふつと大きくなっている。

もっとみる

19.03.03 東京マラソン観戦備忘録~観戦編~

だいぶ時間が経ってしまいましたが、東京マラソン観戦編をお送りします。
事前準備編もよろしければこちらからご覧ください。

まず、今回の総評。

✳さいとーあやみ総評 ※あくまでも主観
・追っかけやすさ ★★★★★
・混雑度 ★★☆☆☆ (今回大会のみ)
・インスタ映え度 ★★★☆☆ (今回大会のみ)

追っかけやすさは★5。
基本的にコースは都内近郊、コース沿いから駅も近いので複数区間の観戦は余裕

もっとみる