椎名町

赤いチューリップ

2009
初頭
父と15年ぶりに再会して、ある日会おうと電話が来て会うことになった。
椎名町のインド人がやっている喫茶店ぽいところでインドの酒を2つ注文した。
父、「これはぐいぐいいっちゃうやつだね」と言って、おれはその感覚がわからなくてわからない感じの顔をして見せた。
父の過去のことを訊いた。
若い頃自衛官として自衛隊に務め、その後兵庫で牛乳の工場の工場長になったと。そしてそのときには天皇陛下の

もっとみる

池袋、新宿、麻布十番などに簡単に行けて山手線まで使える家ってどうですか? 落合南長崎~椎名町編

現在、ディライトワークスが販売する一番都会の物件「光建ハイツ目白」を任されることになり、四線四駅利用できるこの物件、前回はJR目白駅と西武新宿線下落合駅をご紹介しましたが、今回は都営大江戸線落合南長崎駅、最寄り駅である西武池袋線椎名町駅をご紹介します。

都営大江戸線「落合南長崎」駅は目白通り沿いにあります。僕は埼玉県の富士見市に長く住んでいますので、新宿などに車で行くとき関越自動車道で練馬まで来

もっとみる

東京椎名町にある〜シーナと一平〜

7月15〜17日に急遽東京への旅路を決めた。 

行く理由は”東京の行き、友達に会いに行く”だ。

 いろんな人に、”東京に何しに行くの?”と聞かれたが、
 いつも行動する時の理由は”軽いノリ”が必要だと思っている。 

これは旅ということに限らず、様々なことにも当てはまる。 

誰かに会いに行く、自分のその時の感情に正直に生きるということは、
その先で必ずといっていいほど、自分に”きっかけ”や”

もっとみる

東京椎名町にある〜シーナと一平〜

先日、7月15〜17日に急遽東京への旅路を決めた。

行く理由は”東京の行き、友達に会いに行く”だ。

いろんな人に、”東京に何しに行くの?”と聞かれたが、
いつも行動する時の理由は”軽いノリ”が必要だと思っている。

これは旅ということに限らず、
様々なことにも当てはまる。

誰かに会いに行く、自分のその時の感情に正直に生きるということは、
その先で必ずといっていいほど、
自分に”きっかけ”や”

もっとみる

No.49 Cafe Siphonista 椎名町 12/4(火)

西武線沿線でどこか良さそうなカフェは無いかな!?と探していた時に、偶然見つけたのがCafe Siphonistaさんです。

西武線池袋線の椎名町駅から徒歩3分くらいの商店街の中にお店はあります。

店内は白色と木を基調としたとても清潔感のある空間です。

Cafe Siphonistaの名前の通り、コーヒーはサイフォンで抽出してくださいます。

個人的にサイフォンでコーヒーを淹れている様子を眺め

もっとみる
いつもありがとうございます😂
5

トキワ荘と青春があった街 【豊島区南長崎】

早くも梅雨が明けた7月の休日。西武池袋線の椎名町で下車、「トキワ荘のあった街 南長崎」(そういうキャッチフレーズらしい)の商店街をブラブラ歩いてきた。

さてトキワ荘というのは、まず手塚治虫、寺田ヒロオ、そして藤子不二雄の両名、それから石ノ森章太郎に赤塚不二夫といった面々が集い、若き日を共に過ごした伝説のアパートである。

現代の日本文化に多大な影響を与えた漫画界のレジェンドたちが、そこで過ごした

もっとみる
ありがとうございます!
50

椎名町 - やまちゃん

言葉で嘘をつくのは簡単だけど、音楽で嘘をつくのは難しい。だからインストのバンドをやってみたかったんだ。

もうその言葉を聞けただけで、今日この飲みの席に足を運んだ甲斐があったなと思った。

僕の身に起こったことを全て洗いざらい話した。当事者以外にこの話をするのは彼が初めてだと思う。

僕が感じた悲しさ、悔しさ、失望を共有できるのは、やはりこの人しかいなかった。彼も僕にしかそれを共有することができな

もっとみる
I'm on the top of the world!
12

その9、”それっぽいコミュニティ”ではなく、”確かな文化をつくる”ために

私という存在、媒介者がおらずとも、場に集うそれぞれがそれぞれに反応していった結果「こんな文化ができていた」。そんな光景をつくらないと、本当の意味での持続性が生まれないと思っていた。だから長崎二丁目家庭科室を始めたときから、どんな仕掛けが必要かを日々考え続けていた。
時が経ち、2018年2月ごろ、インタビュアー/IT時代の編集者、くいしんさんのツイートに反応して、こんな返信をした。

文化ってなんだ

もっとみる
今日も、素敵な1日になりますように。
6

「しいな・まち・こがれ」演奏;My Story 作詞・作曲;タジユキヒロ

2018年3月23日、横浜にてMy Storyさんが僕の曲をカヴァーしてくださっています。感謝感謝です。

My Storyさんについては、以下のブログで紹介させていただきました。
https://ameblo.jp/taj-spinningsong/entry-12362472481.html

その3、なぜ「多世代交流」を表立って使わないのか

場所の目的は、訪れた人が定義づければよいと思っている。問いの答えは「多世代交流」や「地域福祉」「障がい者との触れ合い」などは場が生み出す結果にすぎないと考えるから。だから「長崎二丁目家庭科室」は、多世代が交流するという言葉ではなくて、まちに住む人たちが役割を持った結果としてそうなっていたのだ、という表現をすることに落ち着いた。ここでは福祉にありがちな表現や切り取り方について考えることとしたい。

もっとみる
ありがとうございます。嬉しい。
8