椎間板ヘルニア

品川区 荏原町・旗の台■椎間板ヘルニアは整体に相談を

腰痛と片側の足のしびれ、重だるさに悩んでいる
整形外科では椎間板ヘルニアだと診断された
湿布と痛み止め、コルセットもつけるように言われた
このまま悪化すれば手術の可能性があると言われた
怖くて運動もできないし、治らないのではないかと不安
手術せずによくなる方法があるなら試してみたい

そのようにお悩みなら、こちらのサイトをご覧ください
【品川区旗の台・椎間板ヘルニア】手術以外の方法を探している方の

もっとみる

墨田区両国・椎間板ヘルニアの相談は整体へ

椎間板ヘルニアと診断されたができれば手術はしたくない
病院での薬や治療を続けているが、なかなか改善しない
デスクワークや運転、座っているのがとてもつらい
長く歩くいたり立っていると痛みや痺れが強くなってくる
腰痛がひどく運動もできていない
何か他の良い方法を探している

といったことでお悩みならこちらのサイトがおススメです。

【墨田区両国・椎間板ヘルニア】手術以外の改善専門の整体院

◇墨田区の

もっとみる

ヘルニア物語

ここ最近noteをしばらくご無沙汰していたのには訳があって、タイトルの通りヘルニアで約2ヶ月間苦しんでいました。

幸いなことに今まで大きい病気や怪我をしていなかった私にとって、自分史上最悪の痛みに悶えたこの記憶を(これからの戒めとして)残しておこうと思います。

1.始まりは突然に

昨年12月の半ばの土曜日、朝目が覚めたのに起き上がれない。

立ち上がろうとすると右膝の外側に激痛が走り、踏ん張

もっとみる

病室から眺めて過ごしたヴェネツィア サンマルコ広場もどき ―それでも世界は美しい

Ciao a tutti! みなさんこんにちは!
Naonardo です。

ヴェネツィアのサンマルコ広場は
うっとりするぐらい美しい。

特に夜が綺麗で僕は好きなんだなぁ✨
う〜ん、それにしても美しい✨

ん?あれ?
何か変ですか?

そうですね。
ヴェネツィアに「福山通運」のコンテナなんてある訳ない。

そう、ここは日本なのだ。
だが、写真の下を手で塞いで、
上半分だけを見てみるとどうだろうか

もっとみる

セカンドハーフ通信 第122話 わんこの病気

わんこの病気

うちのわんこが急に歩けなくなった。正確に言うと右下肢が麻痺してびっこを引いている。急いで動物病院にいくと、椎間板ヘルニアではないかということだった。しばらく安静が必要で、レントゲンも落ち着いてからにしましょうということになった。

とても元気でどちらかというと落ち着きのないわんこだったが、家の中で静かにしていなくてはいけない。家の中を放し飼いにしているので、自由に上り下りしていた2

もっとみる

痛み止めのススメ

みなさんこんにちは! Naonardo です。
暑い日が続いていますがいかがおすごしでしょうか?

今日は
「痛み止めなんて、ただ痛みを止めるだけでしょ?
治療効果なんて無いし、それなら我慢した方がいいのでは?」
と思っていた私の話です。

そして、薬物の乱用についても考える機会になりましたので、その点について取り上げます。

※この記事は、何か特定の医療や治療を推奨するようなことを意図したもので

もっとみる

椎間板ヘルニアと後遺障害診断書

交通事故により,

頚椎捻挫,

腰椎捻挫,

を受傷後,腕や手,足に痺れが出現することがあります。

この症状を主治医先生に伝えると,

MRI画像の撮影の指示がはいることがあります。

そして,頚椎・腰椎のMRI検査結果において,

椎間板ヘルニアが明らかになることがあります。

椎間板ヘルニアは,

(A)交通事故などの外傷を原因とするもの,

(B)加齢などを原因とするもの,

と,主に大

もっとみる

キネシオロジカル・セラピー3

さて、何故、神経に当たるようになるかの理由の前に

まず理解して欲しのが、身体を動かすメカニズムです。

基本的に、脳から筋肉に出した

「収縮(ちぢむ)」と「弛緩(ゆるむ)」

という2つの命令を、

「筋肉」が受け取って

その通りに動かす事で身体は動いています。

骨は自分では動けません。動かしているのは筋肉です。

そしてここがポイントなのですが

「身体を支えているのも筋肉」

です。

もっとみる

交通事故による頚椎・腰椎椎間板突出と後遺障害

交通事故による頚椎捻挫・腰椎捻挫を受傷し,

”痺れ”などの神経症状が出現した場合には,

医師の指示で,MRI画像を撮影することがあります。

この事故後に撮ったMRI画像により,

頚椎,

腰椎,

に椎間板突出を発症していることが明らかになることがあります。

頚椎や腰椎のMRIは,

交通事故により初めて撮影することお客様もいらっしゃいます。

そこで,はじめて頚椎や腰椎の状態を把握する

もっとみる