19721_痛みとは・・・幸福とは・・・

1.多くの人が避けたがる痛み

①:痛みについてウィキペディアより引用です。

痛みについては、(医師などばかりでなく)哲学者や神学者などもしばしば論じてきた。近年では、人間の経験(や現象)というものが持つ基本的な性質に関して哲学的な議論を行うときや、クオリアについて論じる時などに、しばしば言及されている。

哲学者ニーチェは、その人生で長期にわたる病気と痛みを経験し、痛みの意味というものを、生の

もっとみる

時代は急速に変化しているのだから

今回は、とてもストレートなタイトルにしてみた。

テレビを観ていて、コメンテーターがみんな同じようなことを言っているようにしか聞こえない時がある。

「こんなん、私にでも言えるわ」と言いながら、お腹をバリボリ掻くどこかのおばさんの声が聞こえてくるようだ。

そんななか、最近、この人の発言は聞いてみたいなと思う人ができた。

私は、洗濯物を畳みながら観ているような、ただの一視聴者に過ぎないが、

もっとみる

ファシアとは(21)---(今のところの)完結編---

もともとこのブログを始めたのは、2012年当時私が全く知らなかった「fascia・ファシア」の存在を知り、自分自身の勉強のためと「どうだ!オマイラ、ファシアの事知らなかっただろ!」的な自慢のためでした(笑)(だから無料で公開していたのです(笑)。私にとってファシアの存在が衝撃的だったのは

・「私が今まで触ってきた筋肉の凝りは浅層ファシアの凝りだった」
・「ファシアが筋肉、骨、内臓などすべてつなげ

もっとみる

無意識に我慢する人。

こんにちは、カラダコンシェルジュ佐野薫です。

今日はこんなところでランチを。

「血糖値をコントロールするの大事」(※半分言い訳です)と、お昼ご飯はできる限り早めにいただいてます。 笑

昔は、クライアントさん優先で、お昼ご飯食べたのが夕方6時とか
食べるの忘れて施術しまくって、夜に低血糖で冷や汗が出る…とか(怖)あったなぁ。

うん、自分に暴力的というか
自分の身体のことを後回しにして、その

もっとみる

防衛本能の順位づけ

身体のどこかが痛むと、
何かに集中することが難しい。

擦り傷切り傷、
頭痛、
腹痛、

痛みの方に注意を奪われる。
中でも腹痛は別格である。

どう転ぶかわからない
という恐怖があるせいか、
身体を温めることに集中する。

高熱には気づきにくい質らしく、
39度を超える熱があっても
「なんかダルイな」と思いつつ
仕事をしていたことがある。

頭痛も、
薬を飲むと眠くなるためガマンする。

しかし

もっとみる

【NEW】セラピストの”手”を守る実践ノウハウ(体の使い方とセルフケア編)

「手が痛いんです。。どうしたらいいでしょうか?」

セラピストにとって、手の痛みは致命的です。

特に「親指周り」と「手首」は痛みの頻出部位ですが、適切な予防策やケア方法を実施できているセラピストは少ないと思います。

そこで今回は「セラピストの”手”を守る実践ノウハウ」について、まとめてみようと思います。

<痛みの2大要因>

痛みは、親指周りと手首周辺に発生することが多いです。

まずはこの

もっとみる

癒しの波動、 痛みの波動

[音 〜 可聴域から不可聴域まで]

音には、可聴域から、不可聴域に属すものまで、幅広い波長がありますね。

一般的に、人が聞こえる、可聴音は、20,000~20Hzとされています。

20,000Hzを超えるような、人には聞こえない音は「超音波」、可聴域音のうち、1~100Hzは低周波音と呼び、人の耳には聞こえない20Hz未満の音は「超低周波音」といいます。

[可聴域は、生物の種によって異なる

もっとみる

心の温度が合わない
心の言葉が消えない

心の音が鳴らない
心の声が出せない

僕らが知りたいのは
貴方が伝えたいのは

その痛み 傷付いたこと
たったひとつ それだけのこと

分かり合えなくてもいい
解ることはないから
教えてほしいよ それでも

Honoka Shizuku.

長い目で見ること

こんにちは、もじりです。

上の写真は手前味噌を仕込み容器に入れたものです。
これは、大豆を蒸して潰して麹と塩をいれて、容器に詰め半年くらいで美味しく食べられるのですが、私は2年、3年発酵熟成させたものも味わい深く好きなのです。

真面目で優しい人って案外、人には優しく自分には厳しい人が多いのではないかと思います。
〜しなければならない。〜するのは当たり前なんて思いがちなのではないでしょうか。

もっとみる

感情は肉体に染みつくという理解が深まった体験について

私は、サロンを自由が丘にスタートさせる少し前から、意識や運、癒し、といった分野のスピリチュアリティに関しての勉強を学んでいます。

先月のテーマは、「自分の中にあるあらゆる怖れを手放す」でした。

教えてもらったことは、
・何を怖れているのか誠実に向き合う
・特に、何を失うことを怖れているのか観る
・「体験」することの本質を知る
・怖れている対象を善悪で判断しない
・一般的価値観に当てはめて何かを

もっとみる