法華経

久しぶりに『妙法蓮華経 観世音菩薩 普門品 第二十五』を唱えた

最近、目先のことばかりに囚われてしまい、急に不安がったり、眠れなくなったりと、自分を見失いかけつつありました。

しっかりしなくては・・・

 というか、「しっかりしなくてもいいんだよ」と自分に言える、精神的な余裕が必要ですよね。

 そこで、久しぶりに、『妙法蓮華經觀世音菩薩普門品第二十五』を唱えました。

妙法蓮華經觀世音菩薩普門品第二十五

爾時無盡意菩薩即從座起。偏袒右肩合掌向佛而作是言。

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
1

どこまでもつきまとう「他者」の登場

紀元を前後してヘブライ社会とヒンドゥー社会の両方でどこまでも私につきまといお前を幸せにしてやろうという、今で言えばストーカー的他者が歴史の舞台に登場する。

かたやキリストの隣人愛の教えであり、かたや大乗仏教の絶対他力の教えである。

「相互に同じ規則に従っていると考えられる限りにおいて、他の人との間には相互了解が成り立ち‥了解されている限りにおいて、相手は友人であったり、家族であったり、先生と学

もっとみる

罪の意識

前の記事、私の人権感覚の文中で ❛信頼できないのは信頼しない人の罪でなく❜ と述べました。この想いは私に独特な感性から生れるの?それならこの感性は私のドコから生れるの?私に独特の感性なら他者には理解し難い筈。他者には理解し難い想いや感性は誰もが持っている‥それでどうするのと案ずるとき私には私の思想が生れ、あなたにはあなたの思想が生れる。そうやって(人それぞれの)人権感覚が芽吹き・動いてくる。そうや

もっとみる
スキ ありがとうございます!!
2

(仏)麒麟もうめば大悟の渡し

夜も更けてきた頃、渋谷で昔馴染みと杯を呷っていると、一人がぽつりと「仕事を始めて10年。そろそろ倦んできた。」話の口火を切った。
促されるように自分事にも思い巡らせてみると、あぁ確かにわたしの今の閉塞感は、仕事に倦んできた表れなのかもしれないなと深く頷いてみた。
僧侶になって同じく10年と少しが過ぎ、今年に入ってから史上最大の仏教倦怠期が訪れているのは間違いなく、読経にも坐禅にも、まったく気乗りし

もっとみる

真言密教と日蓮教学は「天皇国・日本」に帰一す



 真言宗と日蓮宗というと、恰も相容れない宗派であるかのように思う方も多いのですけれども、確かに現状では真言宗と日蓮宗の信仰とを両立させることは困難である訳なのですが、美貫を実践しつつ大乗仏教の真髄たる「天皇国・日本」の真理を理解すると、真言密教も日蓮教学もどちらも同じことを説かれたものである、ということが判るのです。
 ところで、大乗仏教というのは肉体のお釈迦様が説かれたものか、というとそう

もっとみる

真の「天皇国・日本」とは本仏釈迦の霊山浄土である



爾の時に会中の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷・天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩・羅伽、人非人及び諸の小王・転輪聖王、是の諸の大衆未曾有なることを得て、歓喜し合掌して一心に仏を観たてまつる。
爾の時に仏眉間白毫相の光を放って、東方万八千の世界を照したもうに周遍せざることなし。下阿鼻地獄に至り、上阿迦尼・天に至る。(『妙法蓮華経』「序品第一」)

 今の時代において「天皇国・日本」

もっとみる

(仏)グラミーと、アリアナのタトゥーと、民族気質と。

この記事の公開と時を同じくして、世界最高峰の音楽賞・第61回グラミー賞の授賞式がロサンゼルス(現地時間10日)にて行われている。今年のグラミーは14年ぶりに女性が司会を勤めること(R&Bシンガーのアリシア・キーズ)、黒人アーティストは受賞なるか?つまりアーティスト及びその作品の「多様性」が、どう重視されるのかという点で、注目を集めている。

数日前に女性シンガーのアリアナ・グランデはこの授賞式での

もっとみる

釈迦

結局のところ釈迦が言いたかったのは四諦八正道のみ。十二因縁説は四諦道を詳しくしたものですし、法華経は八正道の解説です。

四諦道
 苦諦;この世は一切が苦である
 集諦;苦には原因がある
 滅諦;苦の原因を滅すれば、苦しみは滅する
 道諦;八正道で苦を滅する方法(道)を見つけなさい

八正道
 正見;正しく観察し、真実のデータを集める
 正思;正しく推論し、データをして語らしめる
 正語;正しく論

もっとみる
ありがとうございます!
2

【読書メモ】法華経

私がこの経典で、着目したのがその「政治性」である。

法華経では、無我、無常、縁起などと言った、仏教の基本的な理論は踏襲されている。しかしそれまでの経典と比べ、明らかに経典の重要性が強調されている。

火事に巻き込まれそうな子供を家から救い出すために、羊の車の玩具、鹿の車の玩具、牛の車の玩具を使い、子供たちを救い出す、しかしこれは方便であり、本当に正しいのは牛の車の玩具だけであるとされている。つま

もっとみる
またよろしく。
11

より広大な真実の世界とは?仏教からインターネットへ

皆さん、こんにちは。久保家です。

久保家のリビングにはホワイトボードがありまして、毎朝、そこに夫が考えたことを描いて、朝ごはんを食べながら夫婦でディスカッションをしているのですが、その内容をコンテンツとしてまとめてみようというのが、今回の試みです。

本日のテーマは「十如是」です。夫の実家は、父方が禅宗(確か臨済宗)、母方が法華宗でして、夫も小さい頃から「般若心経」やら「法華経」に親しんできまし

もっとみる