測量士補

【測量士補資格試験】座標からの求積

測量士の八重樫です。こんにちは。

測量士補の資格試験で出題される点数の取りやすい問題について
【測量士補資格試験】簡単な計算問題で点を稼ぐ
で、解説をした。
ここでは、上記のnoteに含まなかった問題のうち、座標からの求積について解説する。

簡単な計算問題でより多くの点数が取りたいという方は、上記リンクのnoteを買っていただけると有り難い。

座標からの求積

このような問題がある。

点A

もっとみる

【測量士補資格試験】TS観測の定数補正

測量士の八重樫です。こんにちは。

測量士補の資格試験で出題される点数の取りやすい問題について
【測量士補資格試験】簡単な計算問題で点を稼ぐ
で、解説をした。
出題頻度は低くはないが、とても簡単な問題なので有料noteで解説するのは気が引けたので省略した問題を解説する。

簡単な計算問題でより多くの点数が取りたいという方は、上記リンクのnoteを買っていただけると有り難い。

器械定数と反射鏡定数

もっとみる

【測量士補資格試験】円弧の延長

測量士の八重樫です。こんにちは。

測量士補の資格試験で出題される点数の取りやすい問題について
【測量士補資格試験】簡単な計算問題で点を稼ぐ
で、解説をした。
出題頻度が高くない為、上記のnoteでは解説しなかった問題をひとつ解説する。

簡単な計算問題でより多くの点数が取りたいという方は、上記リンクのnoteを買っていただけると有り難い。

円弧の延長

図 26-1 に示すように,点Oから五つ

もっとみる

【測量 基礎の基礎】レベルを用いた標高の観測

測量士の八重樫です。こんにちは。

【測量 基礎の基礎】トータルステーションを用いた観測では、トータルステーションを用いた観測によって座標値を求めるという事について書いた。
トータルステーションでも標高を測る事は出来るが、このレベルを用いた標高の観測と比べると精度は良いと言えない。

より高い精度を要する測量では、このレベルを用いた標高の観測を行う。

観測精度

トータルステーションで標高を測る

もっとみる

【測量士補資格試験】度分秒からラジアンへの変換

測量士の八重樫です。こんにちは。

平成29年の測量士補試験から新たに加わった計算問題がある。
この問題は平成30年の試験でも出題された。

測量士補の資格試験は、同じ問題が繰り返し出題される傾向にある為、この問題は今後も出題される可能性が高いので、解説する。

角度の単位

測量で主に用いられる角度の単位は度分秒だ。
これは、私のnoteで繰り返し書いている方向角でも使われている。
トータルステ

もっとみる

【測量士補資格試験】簡単な計算問題で点を稼ぐ

測量士の八重樫です。こんにちは。

測量士補 戦略と勉強方法では、点の取り易い計算問題の解説がひとつだけだったので、このnoteでは点の取り易い計算問題5つを解説する。

測量士補の試験では簡単な計算問題で確実に点を取る事が大切だという事は測量士補 戦略と勉強方法に書いた通りだ。

このnoteでは「最低限の学習で、最大限に点数を稼ぐ」事を目的として、過去問から計算問題をピックアップして、解き方の

もっとみる

【測量 基礎の基礎】トータルステーションを用いた観測

測量士の八重樫です。こんにちは。

そもそも、測量とは何か。
wikipediaには

測量(そくりょう)は、地球表面上の点の関係位置を決めるための技術・作業の総称。地図の作成、土地の位置・状態調査などを行う。

と、記載されている。

実際には、様々な業務があり、様々な技術が用いられているが今回はその中でも最も多く採用されている基本的な「トータルステーションを用いた測量」について解説する。

もっとみる

【測量士補資格試験】戦略と勉強方法

測量士の八重樫です。こんにちは。

このnoteでは測量士補の資格試験に合格する為の戦略と勉強方法について書く。
測量士補は国家資格の中では合格し易い資格だ。
平成29年度の合格率は47.3%と非常に高い。

多くの場合、測量士補はそれ自体が目的ではないだろう。
土地家屋調査士や測量士、測量士補の先に次の目標が控えている通過地点であれば、測量士補は合格に必要な勉強を効率的にこなし、サクっとパスする

もっとみる

土地家屋調査士と測量士の違い。

測量士の八重樫です。こんにちは。

「測量士と測量士補の違い。」で、測量士と測量士補の違いについて書いた際に何度か出てきた「土地家屋調査士」という資格について。

実際には明白な違いがあるが、当事者でないと解らないと思う。
同じ道具を使い、同じような事をしているように見える。
どちらも、測って作図をするお仕事だ。

その違いについて書く。

土地家屋調査士が扱う法律

私は測量士だが、土地家屋調査

もっとみる

減少し続ける測量業者。

測量士の八重樫です。こんにちは。

前回、「測量士と測量士補の違い。」というnoteでは、なるべく測量士を取って欲しいと書いたが、測量業が現在どういった状況なのかを知って頂きたい。

と、言うのも、「測量士と測量士補、どちらかと言えば測量士を取っておいた方がいいよ」とは思うが、現状では測量士を取得したからと言って、測量業に身を置くのはぼちぼちマゾい選択なのだ。

しかし、見ようによっては勝ち筋もな

もっとみる