瀬戸内国際芸術祭2019

高見島に行ってみた 【旅 #01】

高見島に行ってきました。noteやります宣言した後の初めての投稿が、あまり聞きなれないところへの旅かよ、という感じですが、書き残したいので書きます。

高見島というのは香川県の瀬戸内海に浮かぶ小島で、人口はわずかに27人(H27年)。瀬戸内の小島の中でも稀にみる、絵に描いたような綺麗なお椀型の島です。現在行われている瀬戸内国際芸術祭の会場の一つで、島の至る所にアート作品が散りばめられています。

もっとみる

忙しい人のための瀬戸内国際芸術祭|1.直島編

はじめまして。一介の役人です。それなりに激しく務めています。

そうだ、瀬戸内国際芸術祭に行こう。

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が9月末から始まりましたね。
この機を逃せば次回は3年後。遅めの夏休みを取って、2泊3日、行ってまいりました。
瀬戸内国際芸術祭は計画と下準備が大切との口コミを目にしますが、あまり構えずとも楽しめた*ので、記録を置いておこうと思います。
* 足・宿・要予約施設、すべ

もっとみる

瀬戸内国際芸術祭2019(秋会期)に行ってきました。①

本当はちゃんとごはんのことを最初の記事にしようと思ったのですが、季節ものはちゃんと旬なタイミングで更新せねばと思い、旅日記から書くことにしました。

タイトルの通り、9/27〜10/1で瀬戸内国際芸術祭2019に行ってきました。6名〜8名が入れ替わり立ち替わり参加し、ジャンボタクシーや海上タクシーの貸切移動なども入れ込んだ、大人の修学旅行的な旅になりました。
まあだいたいご存知な方が多いとは思うの

もっとみる

瀬戸内国際芸術祭を効率よく楽しむために島の作品マップを作成しました

瀬戸内国際芸術祭2019(秋会期)に行ってきました。

瀬戸内の島々の自然や建物とアート作品が一体化したとても素晴らしい芸術祭なのですが、島と島の移動手段であるフェリーと高速艇の本数が少なく、乗り継ぎも悪いため、一つの島を観光できる時間がタイトになってしまうことが多くなってくるかと思います。

したがって、より多くの作品を見るためには、作品の位置関係を正確に押さえ、効率的に島を回ることが重要になっ

もっとみる

《夏》瀬戸内国際芸術祭2019へ行ってきた!  2日目後半

1日目はこちらから

2日目前半はこちらから

豊島を後にし、唐櫃港からフェリーに乗り込んだ私たち。

2日目 小豆島

12:39 土庄港

小豆島に上陸! 小豆島ではフェリー目の前にあるバス停からバスに乗り込み、「迷路のまち」へと向かいました。

①No.sd04 迷路のまち~変幻自在の路地空間~/目  

「複雑で細い路地の町を迷路のように巡る。家屋の外壁を室内に延長させ、建物内部にまるで洞

もっとみる

写ルンです1台目(瀬戸内の島々)

瀬戸内を巡ったことについて、ちゃんと文章も交えて投稿するはずだったけど
なんだか難しいなあと思ったままもう行ってから3ヶ月以上が経っています。

でも何より!そこで撮った写真たちが私はとても好きなので
それだけでもあげておきたい!ので載せることにしました。

本当に本当に、私はあの瀬戸内の緑の海が大好き。
また行きたいな

失敗もたくさんあるけど
それも楽しかったです

もっとみる

山川冬樹が「聞かせた」大島の歴史

瀬戸内国際芸術祭2019が開催中。今年は、3つの島だけ、駆け足(八艘飛びかな)で回りました。ハンセン病の患者が収容された国立療養所大島青松園がある大島には初めての訪問。

瀬戸内国際芸術祭の観客は、作品だけでなく島の歴史の展示もみることができる。その展示は撮影禁止。入園者が余暇に嗜んだ油絵ややきものなども展示されているが、そののどかな作品と「撮影禁止」の表示のものものしさとのギャップにとまどった。

もっとみる

あつまる夏!瀬戸芸2019@女木島

台風の翌日のため、12時から作品が公開でした。
今回も2泊3日の予定(7月にも2泊3日で夏会期に参加しました)で、初日は、犬島に行く予定にしてましたが、12時以降に行くのはスケジュール的に難しいと思ったので、女木島へ。

8/16女木島
8/17小豆島
8/18四国村

女木島も来たことあるので、鬼の洞窟は行かずに歩いて回れる所を回りました。

暑い1日でした!

女木島といえば、「鬼ヶ島」と「カ

もっとみる

あつまる夏!瀬戸芸2019@宇野

7/28、相変わらず夏全開の猛暑と戦いながら、アート作品を回りました。基本的に歩いて回ったので、暑さと汗の戦い。

この日は家に帰る日だったので、宇野をしっかり回って日帰り温泉(たまの湯)に入って帰宅の途につきました。汗だくだったので、温泉に入ってから涼しい室内でお昼を食べるのは最高でした!

完全に行き当たりばったりの旅なので、女木島に行くか高松エリアの少し遠方まで足を延ばしてから帰るという選択

もっとみる