叫ぶ炎の前では皆、心が裸になってしまうようだ。

世界一周1ヶ国目のトルコを出発し
ハンガリー→チェコ→ドイツ
ドイツのミュンヘンへとやってきた。

たまたま見つけた格安宿に
泊まったのだが、
これがどんぴしゃりの最高な宿だった。

サーカス団かと思わせるような
特大テントの中には
これでもかと簡易的なベッドが
敷きつめられている。

なんとなく小学生のときの
夜の林間学校を思い出した。

この宿、昼間は出かける人
宿でだらだら過

もっとみる

ソロキャンプという習慣

6月からソロキャンプを月に1回するようになって先月で4回目を行った。

ひとりだと、Instagramに映えるようにとかほとんど考えられなくなる。

料理も、餌みたいに食べる。

タンパク質、脂質、炭水化物と塩を、みたいな。

雨の日でもした。

雨の日だとタープを張っておかないとテントの片付けがしんどい。それに焚き火も熾せなくなる。

雨の日にテントのなかで横になっていると我ながら、そこそこ酔狂

もっとみる

久しぶりの焚き火と、台風19号を調べていたら天気図の勉強をしていた

割り箸を薪に

薪を縦に投入すると炎が高く上がりすぎてビビった

これぐらいになってくるといい感じ

途中でお湯を沸かそうと思ってコッヘルを乗っけたけど薪が足らず沸騰しなかった

小雨が降っていたので最小限の道具で庭へ出たら30分ぐらいでサクッと終えれたのでとても良かった。最初に割り箸を入れすぎていたのこともあって炎が高く上がりすぎてしまいソワソワしちゃうので次回はあまり入れすぎずに小さくゆっくり

もっとみる

焚き火

生活から火が少なくなっているから、
火を側に置いて暮らしたいね^ ^

焚き火の効果、何故癒されるかを解説。

焚き火からは、「1/fゆらぎ」えふいちぶんのゆらぎ

っていうのが出てるらしい。
これが癒しの効果につながっている。

宇多田ヒカル、美空ひばりも出している。

1/fゆらぎとは

一定の規則的な動きの中に

予測できない不規則な動きというのがゆらぎ。

もっとみる

1/fのゆらぎ

人が心地よいと感じることに
1/fのゆらぎがあります。

一定のようで不規則なゆらぎ。

ろうそくの炎のゆれ、雨音、
小鳥のさえずりや波の音などです。

自然に身を置くことでリラックス
したり、癒されたりしますね。

実際に行き体感するのが一番良いの
ですが、時間が取れないときの

私の“いちおし”は、

「たき火の音」 なんです。

最近は動画などでもたくさんあります。

ゆらゆらと炎を感じ、パ

もっとみる

焚き火ができない

以前買った薪が少し残っているのを見つけ、今日仕事から帰ってきたら焚き火するぞと思い、ブルーボトルでコーヒーを買って帰ったのにまたできなかった。でも仕方がない。隣の家の庭に洗濯物があるのだから。(なんで夜に!!!)小さく焚き火をするとは言え、煙が隣に入ってしまっては迷惑すぎる。

仕方ないからまた部屋の中でアルコールストーブ使ってコーヒー飲んで、せっかくだしVARGOの中に薪を入れて撮影。

これし

もっとみる

through the fire 001【場所・準備】

焚火記録。

先日、釣りに行った際に焚き火をしました。火遊び楽しいです。出来れば気軽にやりたい。不意に早起きしてしまった日とか、ジョギング(しないけど)代わりに一時間とかやれたらいいのに、ってくらいに。生活に密着した焚き火、素晴らしいじゃないですか。いも、焼き放題ですぜ。なので、ちょっと調べてみました。

【場所】

田舎であれば、ぼくの場合、実家の庭とかでやっちゃいますが、今はそうもいきません。

もっとみる

オーブンを組み立ててパンを焼いたら、変な気持ちになった。

今日はあまりにも天気が爽快だったので、へとへとになるまで散歩した。
気温は28℃で、湿度は48%だった。北北東から秒速6mの風。
都市部を歩くにはこの気候が調子良いようだ。忘れないようにメモ帳に書き留めたが、このサーバーにも残しておこう。

どうやらSUMMERが終わりつつあるらしい。
このヘッダー画像を使うのも、これが最後になるかもしれない。

タイやインドでは季節があいまいで、乾季と雨季と暑気

もっとみる