無精子症

金玉がどっか行った話

ぼくは子どもの頃から夏になるとちんこが蒸れてすぐかゆくなる子どもだった。

お風呂には毎日入ってるし、清潔には保っているつもりなんだけど、汗をかくとすぐにあせもが出来て痒くなるのが幼い頃からの悩みだった。

小学校の同級生に打ち明けたら、学校中にバラされてしばらくあだ名がインキンになった。

それは大人になっても一緒で、ある夏のこと。
市販の薬ではなかなか効かず、金玉のかゆみに悩まされていたぼくは

もっとみる

緑の都会🌳🏙

東京駅の八重洲南口のバス乗り場の2階は、壁一面が緑化されていました🌳


地球温暖化対策だと思います🌍


異常気象を何とかしないと本当にヤバいという感覚は全員がお持ちだと思います😱


7,000,000,000人という途方もない人数を収容できる施設は地球上にないですし


カロリーベースだと全人類をまかないきれるほど食糧はありますが、残念ながら食べられる食糧が捨てられています。


飢餓
もっとみる

好いとーよ!
5

男性不妊と診断された時に、焦らず自分の状況を分析するための所見と疾患の一覧

男性不妊と診断されて平気な男はいません。
万が一にも自分の精子が少ないなんて微塵も思ってもいないので、医者に告知された時のダメージは、メラゾーマかザラキぐらいの攻撃力があります。

そんなダメージを知っていれば、炎ダメージ軽減の防具を身につけていくか、ザオリクを唱えられる僧侶を連れて行きます。何の話だっけ?

そうそう。
敵を知らずにいると立ち直れなくなるので、ちゃんとしたデータをもってことにあた

もっとみる
嬉しいです!(·∀·)
7

無精子症について

自己流の妊活で悩んでいる方へ読んで欲しいです!

自分の精子の状態を知らずに、妊活をする事はかけがえのない時間と費用が無駄になっているかもしれません。

実際、100人に1人は無精子症と呼ばれる、精子がいない方がいるのが現実です。

まずは検査を行い、自分がどういう状態なのか把握し、自分にあった妊活をお勧めします!!

こちらからどうぞ(#^.^#)

人工授精はできるけど体外受精はできない

日本での非配偶者間の生殖医療には色々なルールがある。

そもそもこれに関連した「法律」は存在しないのだが、不妊治療に従事する医師のほとんどが会員となっている日本産科婦人科学会の「ルール」があり、これが事実上の「法律」となっている。

夫婦間の生殖医療の場合は、タイミング法⇒人工授精⇒体外受精・顕微授精とステップアップしていくのが一般的だ。

人工授精を4-6回、つまり半年前後続けてみて、妊娠しなか

もっとみる

安倍晋三の精子で

代理母に子供産ませてよー
あ、ないのか?精子が?

ツイッターより→
○自民党の二階幹事長が「産まない幸せは勝手」などと、民主主義の根幹である市民の幸福追求権を全否定し、続けて「子供をたくさん産み、国が栄え、発展していく方向にしよう」という持論を展開。子どもを国家のコマとしか考えていなかった戦前の「産めよ増やせよ国の為」そのもの。 https://t.co/PCGXopPSyo

○肝心の少子化対

もっとみる

無精子症になった話

突然ですが、私は無精子症です。
いわゆる男性不妊です。

原因は精索静脈瘤という精巣から戻ってくる血液がうまく心臓へ循環できないことにより、血管の瘤(こぶ)となって停滞してしまっている病気です。熱をうまく下げることができず造精機能が障害されてしまうことにつながり、男性不妊の原因No.1で40%ほどを占めると言われています。
後述しますが、精子検査を2回して2回とも全く精子が見つけられない状態でした

もっとみる
スキありがとうございます!今後も応援していただけると嬉しいです!
14

精子提供を受けて子供を持った私たち

あなたは、精子提供を受けて子どもを持つということを考えたことがあるだろうか?「精子」を「卵子」に置き換えてみてもいい。

自分でもパートナーでもない、第三者の精子・卵子を使って、子どもを持つということ。

自分に問題があれば自分の代わりとなる精子(卵子)をもらい、パートナーに問題があればパートナーの代わりとなる卵子(精子)をもらう。

大半の方はそんなこと考えたこともないだろうが、今ふと考えてみた

もっとみる