夫婦2人で話す時間を確保する方法

ある先生が夫婦のコミュニケーションについて話していました。

「お互い仕事をしていて忙しくなかなか時間が持てない。

子供がある程度大きくなったら、という条件がつくけど、
今は2人でお風呂に入りながら、お互いの思ったことを否定せず受け止めあいながら色々なことを話している。」

と言ってました。

とてもいいやり方だなーと思いました。
まさに裸の付き合い(笑)

夫婦の会話の時間をとろうと言ってもな

もっとみる

要望解決のための10のステップ

先日キャンプがあり、そこで家族の効果的なコミュニケーションを教わりました。

今回は長男が「友達が来た時だけは17:30までゲームをやらせて欲しい」という要望に対して取り組んだことをシェアします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

要望解決のための10のステップ

1、話し合いのための時間と場所を決める。
→その日

2、問題を書き出し、言葉で明確化する。

もっとみる

子供の本音を聴くには?

先日キャンプに参加して、その時に家族のコミュニケーションスキルのワークがありました。

家族で過ごしていると特に身近な、
子供に対して
配偶者に対して
色々相手にして欲しいこと、して欲しくないことが出てきます。

また逆もそうです。
向こうも自分に対して要望があるかもしれません。

子供に対して親はある程度言いやすいかもしれません。
あれはダメ、これをして欲しいなど。

でも子供は親に対して素の気

もっとみる

他人を裁いてしまう時どうすればいいのか?

先日メッセージでした。
相手は中学高校生です。

以下が完全原稿です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イントロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさんおはようございます。

先日台風が来ました。
みなさんは大丈夫でしたか?

今でも覚えていることがあります。
僕がまだ大学生の頃です。
台風が来る前でまだ雨が降ってい

もっとみる

身の覚えのない批判をされた時どうするか?

最近聖書の言葉から思わされたことをシェアします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パウロは嵐のなかでも守られ、マルタ島という島に着きました。
島の人たちがパウロさんのために火を付けてくれました。
パウロさんも木を拾い集めていました。
が、その途中蛇がいてパウロさんの手に噛み付きました。
それを見て島の人たちは、

'土地の人々は、この生きものがパウロの手か

もっとみる

自分が不自由と感じた時どうするか?

先日、祈祷会のメッセージでした。
以下が原稿です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問題 実例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさんこんにちは。

僕達家族はこの4月から東京聖書学院に行ってます。
先月くらいに、2年生の先輩が次男にこう聞きました。
「お父さん、これから勉強して何になると思う?」
次男はえーとえーと

もっとみる

健全なセルフイメージとは?

最近よく、自己肯定感という言葉をききます。

自己肯定感が低いと、自分の存在価値を維持しようとし、特に周りの人の評価を気にしすぎる傾向があると言われています。

でその対策としてよく言われるのは、自分に「自分は最高」など言い続けることが必要だ、という人もいます。

確かにそれも必要だなーとは思いつつもどこかで「?」が浮かんでました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっとみる

もしイエスが実際にいたら

ある先生が言ってました。

「僕はなんでイエスが見えないんだろう?と思っていた。
実際に見えていた方がいいじゃないか。安心するしって。
でもよく考えたらやっぱり見えない方がいいなーと(笑)

もしイエスがこの世に実際にいたらどうなっているんだろう?
多分超有名人になって(イエスが望む望まない関わらず)テレビ中継とかされ、たまに顔を出して周りがワーワーしているんじゃないかなって。

そうなると、なん

もっとみる

ユダヤ人のお母さんの教育

ユダヤ人のお母さんは二つのことをするそうです。

第一にやること→違いを発見すること
第二にやること→長期計画を立てること

だそうです。

①違いを発見すること

他の子供とどこが違うのか
他の兄弟とどこが違うのか
近所の子供とどこが違うのか
つまり自分の子供にどんな才能があり賜物があるのかをいちはやく発見するらしいです。

そしてそれがある程度見つかったら↓

②長期計画を立てること

長期計

もっとみる

「キリ新」メルマガ 2019年8月11日配信 第54号

酷暑が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。6日、9日、15日が何の日かを知らない世代が年々増えていると言われます。中には日本がかつてアメリカと戦争したということすら知らない若者も…。日韓情勢も緊迫する中、「過去に縛られるな」といって歴史から目を背けるのではなく、未来のために教訓として学びとる姿勢こそが求められているのではないでしょうか。今回も最後までお付き合いください。

■ 最新号の紙

もっとみる