【保存版】国語選択問題の解き方 1

国語のテスト問題で、「選択問題の解き方がわからない」という声をよく聞きます。

そこで、解き方のパターンをちょっと整理してみました。今まで教えてきたことをギュッとまとめてみましたので、よかったら参考にしてくださいね。

傍線部がある問題の解き方

まず、傍線部がある問題の解き方について。

傍線部がある問題とは、たとえば、

「傍線部Aについて、それはどういうことか」
「傍線部Aについて、

もっとみる

逃避行、夏

毎年、夏になると思い出すことがある。
 耳鳴りのようなセミの声。乾いたコンクリート林。汗ばんだ腕に貼り付く参考書のページ。そして、ある種のけだるさ。

 夏には逃避のにおいがよく似合う。

 昔から、夏休みに対して複雑な思いを抱いていた。休みは嬉しいが、大量の宿題や毎日のラジオ体操などが追いかけてくる。とはいえ休みは長く、世界から逃げ出せたような錯覚を養うには充分だ。それでも二学期は必ず来るのだが

もっとみる

高校一年生の模試で古文対策はどうするか

「高校一年生になって古文をやらなければならない、いきなり模試を受けないといけない。でも古文の読解なんて練習できてない。どうしよう…」

という生徒さんは多いです。

ぼくの考えとしては、、、

古典文法って、英文法に比べれば楽勝で終わります。適切に、要領よくやれば夏休み、冬休み、春休みなどの短期集中で終わらせることも可能です。だから読解にも早い段階で進むことができます。

というわけで、高校1年生

もっとみる

「雨降って地固まる」とか言い出した人、ちょっと来て

すみません、一方的に呼び出してしまって

つい荒ぶってしまいました。

でも、教育に携わる人間としてね、

こればっかりは見逃せなかったんですよ。

前置きとしての確認ですが、

みなさん一度は聞いたことがあると思います。

「雨降って地固まる」

という言葉。

有名なことわざの1つですよね。

このことわざの意味は、

もめごとなど悪いことが起こったあとは、かえって基盤がしっかりしてよい状態に

もっとみる

SDGsでビブリオバトル


SDGsでビブリオバトル


期末テスト後の消化試合的な授業時間を使ってビブリオバトルを行なっています。
今回のテーマは「SDGs」。17のゴールを出席番号で各生徒に割り振り、担当の「ゴール」にまつわるテーマの本を選んで、その魅力をプレゼンしてもらうという内容です。

展開としては、5人グループでプレゼンし、まずは、グループ内チャンプを決め、その後クラスチャンプを決める全体プレゼン、とい

もっとみる

国語の数学的な問題の解き方

国語の問題は、「なんとなく」や「勘」でも答えが出てしまうのですが、さすがにそれだと、ハイレベルな問題になってくると太刀打ちがキツくなる。

きちんと太刀打ち出来るようにするには、合理的・論理的な見解から、解答を作り上げなければなりません。

今回は、その見解に基づいた解答の出し方の一例として、「数学的な問題の解き方」というのを提示したいと思います。

わかりやくなるよう、中学レベルの文章と問題で説

もっとみる

物語・小説の勉強法 [国語] [現代文]

0. まえがき

 (説明的文章)説明文や論説文は解けるのに、物語文や小説は解けないということはよくあることです。(物語と小説は厳密に言えば違いますが、これについて説明したところであまり意味はありませんので、今回はカットします。また、以後これらをまとめて小説と表現します)

 説明的文章は、書いてあることをそのまま理解できれば問題を解くことができます。それに対し、小説は書いてあることから、書いてい

もっとみる

科学と技術 [国語][現代文][論説文]

0. まえがき

 科学と技術についての知識は、論説文を読むうえで絶対に必要です。論説文を解くのが苦手で、「科学や技術がテーマになったときに、どのような話になることが多いか」が全く想像できない人は必ず読んでください。

 また、よりよい読書のためにもオススメの内容です。

 科学は、広い意味では学問全体、狭い意味では自然科学のことです。

 論説文では、技術とセットで述べられることが多いので、ざっ

もっとみる

たった10秒で人生を変えた恩師について

その先生は恩師ではあるのですが、会話したのはトータルで10秒くらいしかありません。

とある県立進学校に通う高校2年生の時、たまたま数学の教科担当の先生がお休みだったので、その先生が代理で教室に入ってきました。

内容は「自習」。そのかわり、解きたい人はこれ解いて、と言って、数学オリンピックの予選の問題を黒板に書いたのです。みんなやっぱりそっちが気になるようで、僕もその問題を考えることにしました。

もっとみる

国語を得意にする、事実と意見の区別

0. まえがき

 国語の文章問題を解くときに、事実と意見を区別していないためにうまく解けないということがあります。

 あなたは「説明文」と「論説文」の違いがわかりますか?

 よくわかっていない場合、事実と意見の区別ができていない、区別しようと意識できていないかもしれません。

 「説明文」と「論説文」はまとめて「説明的文章」と呼ばれたりしますが、全く別物ですので区別できるようにしておいたほう

もっとみる