生活ペース

生活と文体のバッファー。

今日は、書き物を進めたい予定があったのだが、この午後1時近くになっても、一向にwordに向かうことができないでいる。勢いで、えいっと書き進めるというのも、ひとつの手なのだろうが、自分の、こう、書きたい気持ちが降りてくる感じがまだないので、仕方がない気もする。この降りてくる感じというのが、独特な言い方かもしれないが、ひねり出す文章というものを、あまりやりたくない気持ちが強く、仕事だったらしょうがない

もっとみる