生物多様性

生物多様性の保護と持続的な利用のために[2019-07-21]

生物多様性の保護と持続的な利用のために 

生物多様性は各国の持続的な経済発展と環境保護において大きな意義を持つだけではなく、地球的規模で生態環境を保護する上でも、重要な役割をする。それについて、弊社の記者は国家科学院生物多様性研究所自然保護区研究室のリ・チュンソン室長、保護生物学研究室リュ・グムヒョク室長と話し合った。

 
記者;生物多様性の保護とその持続的な利用は今日、人類の生存にかかわる重

もっとみる

鳥から想像する生物多様性

「猛禽類が好きなんだよね」と言った人がいた。私は喜々として、星野道夫さんや梨木香歩さんの書籍を紹介した。私自身は鳥が特別好きということはないが、鳥類についての詳しい記述がある二人の作品が大好きだったからだ。

―― 猛禽類がそこにいるっていうことは、鷹やフクロウが食べる獲物がそこにいるということ。猛禽類が生きていられる場所っていうのは、生物多様性が保たれている場所でもあるってことなんですよね。

もっとみる

多様性と外来種

外来種は本当に悪者なのかという本を読んでいる。端的に言ってしまえば外来種が入るのは人間の活動で生態系の空白ができているからでそこに繁殖力の強い外来種が入れば生態系の多様性と安定性がより増すのではないかという本だった。 また地球上には「手付かずの自然」というものはもう残されておらず少なくても陸地の上では人間が何らかの作用を加えたらしい。

 私のアクアリウムをやっているので外来種の話には多少関心が

もっとみる

生物多様性!?楽しみの連鎖

ガーデニング好きの方なら、いつか育ててみたい植物ってありますよね!

私もいろいろあります。
新居に引越し、今こそそんな夢を叶える時だ!とはしゃいでいろいろ手を出しています。

そのひとつが「蓮」です。
タネから育てるのが長年の夢でした。

4月にタネを撒き、無事すべて発芽、6月に株上げしました。

↑株上げ前の様子。バケツの中で葉っぱが絡まってしまいました。。。

鉢上げには田土を使

もっとみる

環境問題と生物多様性II(インタビュー記事)

2019.6.30  Lemi

皆さんこんにちは。

かなり時間がかかってしまいましたが、インタビュー記事パート2を完全させることができました。

インタビュイーの方のプロフィールや記事の内容(生物多様性の意味や条約など)は、前回の記事をご参照ください。↓

パンダはもともと絶滅種!?

(i.ytimg.com)

草刈先生から「パンダはもともと絶滅種」と衝撃的な事実を教えていただきました。

もっとみる

ホタルについて②

6月23日にホタルの観賞会に参加しました。

前回のホタルについて①と内容が被ってしまう部分もあるかもしれませんが、ご承知おき下さい。

まず、ホタルに詳しい先生からホタルに関する基礎知識を1時間ほど教えて頂きました。

⬆️これはホタルの一生が描いてあるトートバッグ

たまご→幼虫→さなぎ→成虫
かわいいイラストで書いてあります!

⬆️ホタルの標本(ちょっと見にくいですが)

左側からゲンジボ

もっとみる
ありがとうございます😄よろしければシェアもよろしくお願い致します!
4

「アイドリング、やめてもらってもいいですか」

2019.6.22 Lemi

私は最近、自然の声を聞く練習をしています。

練習というより、集中して自然の声に意識を向けるようにしています。

もともと私は匂いや音には敏感だけど、私が住んでいるところは割と都会寄りだし、自然との繋がりを感じられる生き方をしてこなかったから。

自然を感じるツアーに参加して、涙が出るほど感動した私は、これを日常に取り入れてみようと思った。

最近、本を読むことが好

もっとみる

パナマシティの生物多様性博物館、Biomuseo

パナマ運河を見学した後、再びUberを利用してパナマシティに戻った。次に訪れるのは、もしパナマに行くことがあれば必ず見たいと思っていた博物館、Biomuseoだ。生物多様性博物館とも呼ばれている。

そもそもパナマに来た目的は主にパナマの自然を楽しむことである。熱帯の国パナマは私の住んでいるドイツや故郷日本では見られない動植物が豊富に違いない。以前訪れたことのあるオーストラリアやタイ、インドネシア

もっとみる

自由であること

6月3日の新月から昨夜の満月まで、15日間
の断食。またデトックスした身体は、生まれ変わったようです。
ノートを見返すと、一年のうちに4〜5回断食しています。その中でも比較的楽なのは、暑すぎず、寒すぎない季節のようです。寒くても暑くても、それだけで随分体力が消耗してしまいますし、断食中は少し冷える感じがあるので、冬は中々気合が入ってしまいます。
その結果、3月、6月、9月という三ヶ月周期がベストな

もっとみる

自然の中は生き物の宝庫

いつものように起き抜けに庭に立ちました。 何気なく立っているその場所にも、多くの生き物が棲み、それはもう「周りじゅう生き物だらけ」なのです。 何も居ないように見えても、小さな世界に目を凝らせば、多くの生き物がいることを、ネイチャーゲームをやっていると気づかされる場面がよくあります。 もう、うじゃうじゃいるのです(笑)

さて、職場が変わることになり、新しい仕事場に引っ越すための作業を昨日しました。

もっとみる