町中華

川崎駅前を徘徊中に見付けた明らかに地元民に愛されてそうな街中華(天龍 銀座街店/川崎/中華)

近頃お仕事の都合で月に何度か川崎へ行っている。
だが、川崎はこれまであまり馴染みが無かった土地で、隣駅の鶴見に荒井家の墓があるものの、川崎で遊ぶとか飲み食いする機会など全く無かった。たまに金山神社に ”かなまら祭り” を見に来るくらいしか、川崎を訪れる事などなかったのである。

そんな訳で「新しい土地では街中華を探すべし」というジャイアント馬場さんの言葉通り(本当にそれらしい事を言っていた)、まず

もっとみる

「中華料理 松葉」〜町中華の将来について〜

「中華料理 松葉」は、手塚治虫や赤塚不二夫、石ノ森章太郎などが居住していた「トキワ荘」の近くにあり、巨匠たちに愛されたお店である。「トキワ荘」のメンバーと「中華料理 松葉」のエピソードは、藤子不二雄「まんが道」でうかがうことができる。

店の壁には数々の漫画家を始め、著名人のサイン色紙が所狭しと並べられており、今でもたくさんの人々に愛されていることが分かる。

一番人気の「ラーメンライス」(700

もっとみる

【20190811】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.妻の実家で丸一日過ごす

僕らのために、今は使っていない和室にエアコンを入れてくれたり
風呂に最新設備を入れてくれたり
僕が好きそうな町中華に連れて行ってくれたり
夜はとっておきの日本酒を用意してくれて
家族で談笑しながら美味しく楽しい食事。
これは、しあわせ。

2.絵本展で原画を間近で見る

妻や義妹が好きな作家さん。
近くで見るといかに緻密で時間がかかっているかがわかる。
「絵を描くとい

もっとみる

【20190804】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.息子に会いたすぎて、仕事をはやく切り上げて帰宅

奥さんも土日休みの仕事に変えて家族の時間をもっとつくるべく、動き出すみたい。
僕も完全にここ2、3年で価値観が変わってきている。
結局突き詰めると、いまを全力で頑張るしかない。

2.息子が自分の鼻をほじれるようになった

3.息子が階段をスタスタ登れるようになった

‥息子のことばかりだ。
僕も頑張らねば。
今夜は久しぶりに本を一気読みした。

もっとみる

マンスリーごはんまとめ

ディンタイフォンのアトレ恵比寿店。新宿店よりもすいていて入りやすい。さくさく油淋鶏が食べたくなって行きました。美味しい! #油淋鶏

代々木公園のタイフェスティバルでカオマンガイとパッタイ。パッタイはあんまり美味しくなかったので代々木のアローイ兄弟へ行きたくなる。カオマンガイで食べるタイ米美味しい。 #カオマンガイ

六本木のTETSUでつけ麺。AFURIと迷ったけど久々の魚介つけ麺美味しかった。

もっとみる

”最古の大勝軒”はレトロな街中華(浅草橋 大勝軒/浅草橋/中華)

大勝軒というと、東池袋の ”中華そば・もりそば” の大勝軒が頭に浮かぶと思うが、実はこの屋号を使っている大勝軒はあそこがオリジナルという訳ではない。
サラブレッドのような言い方をすると、東池袋のあの大勝軒はそもそもは丸長系であり、その後に東池袋大勝軒系として広まって行った。

だが、そうした流れとは全く別の大勝軒もあり、その代表的な存在が人形町系の大勝軒だ。丸長系は戦後の焼け野原から始まったお店だ

もっとみる

りちゃログ!

この記事はわたしがnoteを登録してこれから書き物をしていこうと決めたきっかけの記事です。

食べログユーザーのおじさんが書いてそうな
口コミ風に書きました。

それではどうぞ。

2019.06.13 18:30 Thu

「初めて小平育ちで良かったと思えた」

本日初訪。

現在は23区内在住だが諸用で萩山まで来ており、天気がいいので帰りは一ッ橋学園まで歩くことにした。地元は小平だったが小平は

もっとみる

或るランチ 〜 食事場面を描かずに飯テロをする習作掌編

初めての土地でふらりと立ち寄ったのは一軒の町中華だった。

建物は少々古びてはいるが、店先にピシッとかけられた暖簾が白く輝いている。

お昼どきには遅い時間。それでも、掃除の行き届いた店内は近くで働いていると思しき客たちでいっぱいだ。

一つだけ空いていた席の丸椅子に腰を落ち着け、朗らかな女将さんに注文を通す。

やがて厨房から小気味よく鍋を振る音が聞こえてきた。

ココン、ココン、カカカカン、ジ

もっとみる

「 キャッシュレス・ソムリエ 」に!私は、なりたい!

富山県南砺市 JR城端線福光駅前の創業50年を超えた町中華 「 中華菜館 チュー福光店 」で、2代目見習いとして奮闘している " たまちゃん "です。以後お見知り置きを。

「 町中華 」といえば、昭和レトロで…あるが故に、老夫婦の家族経営が多いかもしれません。それを2代目として入り込んで、生きていこうと考えるワケですから、時代の流れに敏感でなければなりません。現金第一主義の年老いた両親を説き伏せ

もっとみる

町中華いってみた|珉亭@下北沢

4月19日に会社のメンバーとランチに行ってきました。たまに一人で神泉から下北沢までランチで珉亭に行くことがあり、door to doorで1時間で帰れることができます。
珉亭と言えば、検索するとブルーハーツの甲本ヒロトさんや俳優の松重豊さんがアルバイトしていたことで有名です。実際に中に入ると、小劇場の町らしく、多くの俳優・女優さんの色紙が並んでいます。
ピークを外して15時頃訪問しますが、それでも

もっとみる