【ミナゴ◇シンドローム(8)】

※※※

 核弾頭が厄介なのは、破棄しようにも、かんたんにできないことにある。設備の整っていない状態で分解すれば、途端にその周辺は、放射性物質に汚染される。生物などひとたまりもない。染色体単位でズタボロだ。

 放射性物質を拡散させないために、分解はできない。となれば、捨てるに捨てられないこの兵器をどうすればよいかなど、一介の若造であるオレごときに判るはずもない。

 悩みながら森を抜けた。

 

もっとみる

【ミナゴ◇シンドローム(6)】

***

「いやー、いい天気っすねー」

 額に手を当て、カンザキが積乱雲のもくもくと浮かぶそらを仰いだ。「こうやってトモダチと散歩するのって、オレ、むかしっから憧れてたんすよねー」

「ともだち? こうやって?」ノボルは声をとがらせて聞きかえす。「まるで夢が叶ったみたいな物言いですけど、寝ぼけてるんですか?」

「いやいやー、辛辣っすねぇ。マジ、バナナっすよ。かるく傷ついちゃいましたよ、オレ」

もっとみる

【ミナゴ◇シンドローム(5)】

※※※

 弟のノボルは、オレに似て、どこかおかしな奴だった。どこがどう、おかしいかはオレにも解らない。きっとだれにも解らないだろう。弟には、他人にはないなにかがあった。身内びいきかもしれない。それでもオレにはそう思われた。一言で表せば、「ヘンタイ」がぴったりな気がする。まあ、余談だ。

 心配だから、弟のあとを追おうかとも逡巡したが、けっきょくやめた。今はルイオたちの動向を監視するのが優先だ。

もっとみる

【ミナゴ◇シンドローム(4)】

※※※

 いちど、店を出ることにした。料金は、分相応、といったところで、そこらにある高級レストランと変わらない。

 金髪唇ピアスの彼女が、扉を支えながら、

「またのお越しをお待ちしております」と腰を折った。

「そりゃどうも」

 店をあとにし、裏路地から商店街へと抜ける。

 アーケード通りには、点々と距離をあけつつ街路樹が植えられている。ベンチが設置されており、腰をおろす。休憩がてら要点

もっとみる

【ミナゴ◇シンドローム(3)】

※※※オレ※※※

 およそ六年ぶりの我が家だ。

 着いてみたものの、誰もいない。

 鍵はどうやら付け替えられているようで、六年前のこの鍵では開かなかった。

 それも仕方あるまい。解ってはいるもののしょうじき、ちょこっと傷ついた。

 夜まで時間をつぶそうと繁華街へ行ってみることにした。

 数年のあいだに、学んだことが三つある。ひとつは、旅はひとりでするものだってこと。ふたつ目は、旅に出会

もっとみる

【ミナゴ◇シンドローム(2)】

***

 家に着くころには陽が傾いていた。父も母もまだ帰宅していない。今日もお泊りかもしれない。妹はきっとまた寿司でも食べにでかけているのだろう。その分、ノボルは自炊である。

 調理時間およそ五分の、我流チャーハンを、さらに五分でたいらげ、本日の夕飯を終了させる。

 ノボルはいつも零時を回ったころに外出をする。それが日々のルーティンだ。リュックに必要な小物を詰めこみ、駅前へと自転車を走らせる

もっとみる

【ミナゴ◇シンドローム(1)】

【あらすじ】
アタッシュケースを拾ったらテロリストに襲われ、最終的に姉を失う話。

【本編】(90000文字) 

      ・ピロローグ・

      『 ――道を遡ることなかれ。

        ――できぬことを望むことなかれ。 』

 

 

 産まれるまえから判っていた。その赤子が、世界のながれを変質させうる、術、を有しているのだと。

 かの男には判っていた。

 未だ母体に納ま

もっとみる

LINEノベル様にて『非幸福者同盟』の連載を開始させて頂きます。

相羽です。

LINEノベル様

https://novel.line.me/

 が本日スタートということで。

 さっそく僕も、小説『非幸福者同盟』の連載を本日より開始させて頂きます。

 毎週月曜日更新ですので、このタイミングで読んでみようか! という方おりましたら、是非ぜひクリックなのです。↓<br><br><br>

●遂に!LINEノベルアプリが誕生です

https://twitte

もっとみる

死闘!ジュクゴニアっ!!(45)「大反撃!そして」

【目次】【キャラクター名鑑】
<前回>
「良かった……なんとか間に合った……」ゲンコは涙ぐんでいた。
「やっちまえ! カガリネエチャン!」ゴンタは拳を振り上げた。
「おう!」カガリはガツンと拳を突き合わせ、そして叫んだ!

「こっからはずっとこっちのターンってやつだっ!」

 カガリは笑い、そして吠える!

「あたしの元気と根性……喰らわせてやるよっ!」

 そしてその拳を天へと突き上げた!

もっとみる

近頃の若者は世界征服なんて夢を見ない(8)

第1話はこちら

~前回までのあらすじ~

世界に平和と笑顔を届ける「正義の秘密結社」が日本を統治するようになって50年。

「悪のフリーランサー」であるブラディメアリ、エイトビット、レイヴンの三人は、秘密結社GSMの洋上パーティ会場に乗り込み、要人の娘・チエを誘拐した。

チエの監視にレイヴンを残し、メアリ、エイトビットの二人は治外法権都市横浜に足を踏み入れた。

その最中メアリとはぐれたエイト

もっとみる