破壊的イノベーション

新興国、カンボジアやラオスを体験していて思う。HAARP、IT、流通、そして資源(ゴミ含)の利用環境が整えば…これらの国は、一足飛びで可能性を実現すると思う。だから、ボクは東南アジアをフラフラしているんです。ここ数年。みんながアメリカだー、ヨーロッパだー、中国だーと言ってる間に。

破壊的イノベーションは外部から。

こんにちは、デザイナーのやまかず です。

今回は、文化の破壊的イノベーションはよく外部から行われているような気がしたので、少し考察を深めてみました。

外部から破壊したと思われる人々

横尾忠則

日本国内を始め、世界各国のクリエイティブ層に刺激を与え続けているデザイナー、芸術家の横尾忠則さん。彼が好んでいたデザインは同時期のデザイナーと違ったのか、全く違うデザインを彼は生み出し続けました。

もっとみる

nakayan help lab とは・・・

先ず始めに、MBAデザイナーnakayanさんから感謝の気持ちを伝えさせて下さい。「この度は、nakayan help labのノートをご購入くださりありがとうございます。皆様の、イノベーター精神が私たちの活動をサポートしてくださいます。僭越ながら私から、ご購入くださった皆様に対して、nakayan help lab内でご利用頂けます、『DESIGN TICKET 3000円分』をプレゼントさせて

もっとみる

諦めるのは、まだ早くないですか?

アカデミア発の技術を事業化する際のひとつのオプションとして、既存企業へのライセンスがあります。ですが、その際に「既存の企業が買わないから、この技術は売り物にならない」というのは、いささか早計かもしれません。

イノベーションのジレンマ

既存の企業は、すでに展開している事業があり、それに沿った戦略があります。技術や事業のポートフォリオもあります。基本的には、このポートフォリオや戦略に沿って「この新

もっとみる

「破壊的イノベーション」と「持続的イノベーション」とは

「ジョブ理論」で有名なクレイトン・クリステンセン教授は、イノベーションについて「持続的」と「破壊的」の2つに分けました。2つのワードは次々に新製品が生まれ、ビジネスの潮流が高速化している現在だからこそ重要です。革新なき製品やサービスはいつしか淘汰され、流されてしまいます。

今回は「破壊的イノベーション」と「持続的イノベーション」の2つについて実例を挙げながらご紹介しましょう。そのうえで破壊的なイ

もっとみる

資本主義から破壊的イノベーションは生まれない

最近、資本主義にハマっており、「欲望の資本主義」という本に感銘を受けたので、資本主義について語りたいと思います。

破壊的イノベーションを「革新的なモノやサービスを作り出すこと」と定義した時に、資本主義から破壊的イノベーションは生まれないのではないかと感じました。

今回のnoteでは、資本主義とは何かを改めて考え直した上で、資本主義とイノベーションの関係について考察してみました。

資本主義にお

もっとみる

オープンイノベーション講義スライド

2018年の1月にNew York MBAの会で、また3月に熊本信用金庫でのトークイベントで行なったオープンイノベーションに関するレクチャーで使用したスライドを公開します。

私は2014年にBinnovativeというNPOをボストンで立ち上げ、様々なオープンイノベーションイベントを開催して来ました。この活動をご紹介する機会をいただきましたので、一体Binnovativeで何の活動を行なっている

もっとみる

【記事】「大学にとっての破壊的イノベーションとは何か」

2018年10月21日(日)に第16回SDフォーラム「20年後の大学について考える」が大学コンソーシアム京都の主催で開催されました。その分科会Bで「大学にとっての破壊的イノベーションとは何か」というテーマで話題提供とワークショップを行いました。

この記事はその内容を忠実に文字起こししたものです。主催者の許可を得て、ここにPDFで公開します。どうぞご覧ください。

もっとみる

【コーチング】01 教育コーチングの重要性

火曜日は「教える技術/学ぶ技術」のトピックで書いています。しばらくコーチングの話題で書きます。

10回にわたって、ワーマンの『理解の秘密―マジカル・インストラクション』を材料に書いてきました。

ここでいったんワーマンから離れて、コーチングについて書いていきたいと思います。

2008年に出版されたクリステンセンたちの『教育×破壊的イノベーション』では、伝統的な対面による教師主導のクラスを破壊し

もっとみる