日本硬貨が芸術作品に✨

みなさんこんばんは♪

響子と申します^ - ^☆☆

毎日目にしている日本硬貨。

なんとエジプトで芸術作品に!?

こちらご覧ください♪

↓↓↓

硬貨を加工とする発想がすごいですね✨

実は硬貨を加工するということは違法で、発見した方も購入はしたものの日本に持ち帰る事はできなかったそうですが、私も同じ立場であったら魅せられて即購入していたと思います( ´ ▽ ` )

遠い国の方が日本硬貨

もっとみる

香港オクトパスは海へ向かう------離島の自動改札

香港八達通

香港の交通カードとして知られるオクトパスカードは、漢字名を八達通と称し、地下鉄やバス、トラムなどあらゆる交通機関で利用される。物販での利用も早くから拡大し、街中では多くの店舗でオクトパスを利用できる。

そんな八達通の手が伸びる先を島嶼部に見る。

中環埠頭

香港の領域内には、大小さまざまな島が存在する。週末は訪問客でにぎわう南Y島(ラマ島)や長州島といった定番の島から、住民が静か

もっとみる

飲食店や小売店では1種類につき21枚以上の硬貨(小銭)でのお会計は断ることができます。

自分が相手だったらどう思うか?サービスの原点だし、限度という言葉の本質だと思います。

小銭貯金してます?

貯まると郵便局に行って貯金してたけど、なぜかちょっと恥ずかしい気持ちになったりするのはボクだけかな?笑

こんにちは、鵜沼です。

朝起きて時計がわりにテレビをつけました。

いつもと変わらない情報番組。最近はSNSからのニュースって増えましたね。

ファーストフードで全部1円玉でお会計を

もっとみる

収銀車が走る・・・香港から硬幣は消えるか?

香港のコインは重く、厚く、かさばる。そんな香港コインを電子マネーに変える便利なサービスがある。それは、タンス預金を一掃し、キャッシュレスへの一歩を踏み出すための現実的なアイデアであった。収集車ならぬ収銀車が団地の広場にやってきて、かさばるコインの山を飲み込む。別名を神沙車とも言う。

硬幣の退蔵

紙幣を使って買い物をすると、お釣りの小銭を受け取って、硬貨が貯まっていく。カードと携帯アプリで生活す

もっとみる

19418_御金について色々知ってみたら良いのではないか?と私は思う

1.好きですと告白されたけど無関心だったら?

①:【オマエのこと、めっちゃ好きやねん!付き合ってや。】とある男性に告白された女性。そして、その女性はその男性と交際することになりましたが、大きな問題があることを感じています。それは、その男子が、一切、その女性のことについて何も聞いて来ないのです。一切何も聞いてこないし知ろうとしないんで、【この人、本当に私のこと好きなのかな?】でも【会えば、いつも好

もっとみる

お金をデザインする「文化」

紙幣が刷新される

既に話題になってます。紙幣デザインの刷新。
「偽造抵抗力強化等の観点」が目的なんですね。
このこと自体に関して、云々言う気はありません。

堀江さんがこう言ってて、「確かに」と思います。
「キャッシュレス」「電子マネー」を推進していく中で、
これが時代の最先端!という感じではないですよね。

ただ、
・電子マネーの環境整備
・普及率、使用率
を考えると、まだまだ紙幣・貨幣は使用

もっとみる

家族でお揃いの財布を持ってる理由

紙幣オンリーのベトナムだからこそマネークリップ

ベトナムで暮らしていた頃、ずっとマネークリップを使っていた。

なんて書くと「物を持たない」「お札しか使わない」みたいな印象があるのかもしれないけど、理由は単純、ベトナムには紙幣しかないからだ。厳密にはまれになにかの拍子で硬貨を見つけるけど、買い物で使えるということはまずない。日本人(外国人)なら、珍しがって欲しがるかもしれないけど。

ペロンとし

もっとみる

硬貨の大きさやギザギザや穴の有無が異なるのは、全ての硬貨を「手で触っただけで」識別できるようにするため。
かつて「ギザ十」が存在しましたが、昭和32年に100円玉が発行された際、触っても10円玉との識別が難しいという問題が発生、100円玉にだけギザギザを残すことになったのです。

とあるついでに家の硬貨を調べたところ、昭和63年や64年、平成元年のものがあったのたが、1番驚いたのは終戦8年後の硬貨が未だに普通に出回っていたこと。現金大国日本を思い知らされた。
キャッシュレスへの道のりはまだまだ程遠いのだろうか…

故ホーキング博士の記念硬貨が発売--ブラックホールをあしらう

故ホーキング博士の記念硬貨が発売--ブラックホールをあしらう
設計プロセスの各段階に対応!PTCが提案する新しい設計・製造

 自分のお金がブラックホールに消えていくように感じたことがあるなら、英国の物理学者の故Stephen Hawking博士を称える50ペンス(約73円)硬貨を手に入れてみるとしっくりくるかもしれない。

Stephen Hawking博士の記念硬貨は魅力的なデザインになってい

もっとみる