結果を残す

20歳前半は焦らず努力し、計画的に「結果を残せ」

学生でインターンを経験されている方や、仕事を始めたばかりの方など必ず上司に言われるであろう「結果を残せ」の言葉。

私自身も19歳から幾つか会社を経験していきましたが、どの会社の上司にも同じ言葉をいただきました。「もっと裁量が欲しかったら、もっと上にいきたかったらとにかく結果を残せ」と。

正直その言葉にアレルギーみたいなのを感じていました。デザイナーとしても未熟だった自分にとって呪いのような言葉

もっとみる

ワクワクして行動すると結果が出やすいけど、ここでアドバイス

その時に必要以上に結果を求めないこと

結果に意識が行くのは、心からワクワクではきていない可能性があるんだ

本当に夢中なら、結果を意識してはいないはずなんだ

楽しくて、夢中になってできているかどうかが大切なんだ

短期集中の連続で結果を残す

こんにちは、守屋です。

「継続は力なり」という言葉がありますが、じゃあその継続って具体的にどの程度の期間で力になるものなの?という疑問が浮かんできます。

何かを始めるにあたって継続することで力が身につくと言えど、結果を出していかなければ継続するパワーが先に無くなってしまいます。

そこでポイントになるのが「短期集中」ではないでしょうか。

一度やると決めたら、迷うことなく期限を決めてやり抜く

もっとみる

阪急電車の車内マナーの訴えで面白かったことを載せます。

結果は残しても、ゴミは残さない。
夢は大きくしても、話声は大きくしない。

                     以上!