電気を使わず、元気に働く

日本の大学生の数は300万人。米国2000万人。中国2300万人。大学生の数がすべてではないですが、日本から付加価値が高い研究が生まれる確率はだいぶ低くなっています。これを高めるのはかなり難しい。かつ、優先度が下がると思います(当面は政策より各家庭が頑張る話)。

 日本は製造業が強いという幻想がありますが、GDPに占める製造業の割合は16%です。輸出も4%程度で、ドイツの8%の半分。しかも、3次

もっとみる

ソーラーパネルが産業廃棄物になる日

こんばんは、いづつです。環境関連、3投稿目です。

 親戚に発電や送電関連の仕事をしている人がいまして、話をしていたら太陽光発電のブームに大いに不満があるという話題に。昔エネルギー変換の勉強をしていた私の感覚ともだいぶ近かったので、その話を書きます。

■環境のことなんか誰も考えていない

 太陽光発電だってビジネスなので当たり前ではあるのですが、これをやるかどうかは所詮儲かるかどうかが判断基準で

もっとみる
スキ、ありがとうございます。フォローもしていただければ幸いです

自然エネルギーのトレンドに踊る田舎。

山の斜面にべばりつくつくように設置された太陽光発電の施設は、ここ5年でみるみる増加した。

地方で少しでも土地とお金があれば太陽光パネルを建てる、というある種トレンドになっていた。

しかし、太陽光発電は売電出来ない流れに状況が変わってきた。

そこで今度は、建設期間が短く少ない土地でも風が受けられる条件なら風力発電が向いている!という新たなトレンドが生まれた。

半島は風を受ける場所が多いので、

もっとみる

Reflection Journal 2019年5月23日 朝・夕方

仕事が一山超えた。昨日は、娘が朝から起きて勉強をしていたが、どうしても理解できない理科(電流のテーマ)で、本人がイライラしていたので、こちらも声を荒げてしまった。
家を出るときに、「パパ怒ってごめんね」と謝った。「うんうん(首を振る)」反応であった。帰るといつもの娘に戻っており、一緒に遊んだ。電流の話を理解するが難しいと思い、家にあったウォータースライダー型の流しそうめんを出して、電流の「流」のあ

もっとみる

再生可能エネルギー事業で「日本再生」を目指す革命家 株式会社Looop代表取締役社長 中村創一郎さん

エネルギーをフリーにすることで人類の未来の可能性を切り拓くべく、自然エネルギーの開発普及に尽力する中村創一郎さんにお話をお伺いしました。

中村 創一郎さんのプロフィール
出身地:京都府
経歴:1978年生まれ。北京語言文化大学(現 北京語言大学)在学中にネットビジネスを始め、中国製品を日本で販売。日系企業と中国企業との橋渡しを行うコンサルティング業務、レアメタルの調達と販売業務を経て、東日本大震

もっとみる

仕事つくる#27 バイオマス界が求めるはオールラウンドプレイヤーの存在

やあ、私です。
5月は祝日やイベントがたくさんある月ですが、忘れてはいけないのが母の日ですよね。母の日は5月の第二日曜日。カーネーションの花を送るのが通例とされています。

母の日はもともとアメリカから伝わった文化みたいですね。アメリカのフィラデルフィアに住む少女「アンナ・ジャービス」が母の死をきっかけに、「生きている間にお母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」と働きかけたのが始まりとさ

もっとみる

仕事つくる#19 薪ボイラは大変、そしてチップボイラに嫉妬してしまう

やあ、私です。
皆さんはゴールデンタイムをご存知でしょうか?
「ああ、19時〜22時の一番視聴率が高い時間帯のことでしょ?」
ごめんなさい。私がいっているのは、筋肉発達におけるゴールデンタイムのことです。

運動後やトレーニング後は、様々な筋肉細胞が傷ついている状態です。そして、この修復する力を使って筋力がアップするのですが、その時にタンパク質が豊富で栄養バランスが取れたプロテインを摂取するのが非

もっとみる

仕事つくる#18 バイオマスボイラを導入する時のケチり方

やあ、私です。
本日、はじめて生後2ヶ月の息子とお風呂に入りました。最初はものすごくご機嫌だったのですが、耳にお水が入ってしまったのか途中から大泣き。。ああ、ごめんごめん。ただ、ふぐりの隙間を洗ってあげたら、またご機嫌になりました。間違いなく私の息子です(笑)。

**********
日本でバイオマス熱供給システムがいまいち普及しない要因として、化石燃料ボイラシステムに対し、導入時のイニシャルコ

もっとみる

仕事つくる#17 バイオマスボイラの規模の決め方

やあ、私です。
私は今岡山県西粟倉村のバイオマス燃料工場で働いていて、月に4種類、6台のバイオマスボイラ掃除をしています。4種類のうち一つがチップボイラで、こちらは2018年から運転がスタートしているのですが、残念ながら燃料の乾燥が不十分で煙管(ボイラーの火格子で発生した火気を通す管)がタールだらけになってしまっています。ああ、ボイラに申し訳ない。。

チップボイラの煙管掃除 
(※集合体に見える

もっとみる