虫とり物語

幼稚園の園バス待っている時にカタツムリを見つけたよ。私が子どもの頃はたくさんいた🐌カタツムリ、最近見なくなったし、小さいのばかり。

カブトムシの飼育「何ということでしょう…」

2018年の夏、初めて飼育したカブトムシペア、「カブト♂君とメス♀ちゃん(息子命名)」が6個の卵を残していってくれた。ペア2匹の話はまたマンガに描くとして、その後、孵化し幼虫になった6匹はモリモリ土を食べ、どんどん大きくなっていく。幼虫達の土を綺麗にしようと、きちんとお世話するのは息子………ではなく、パパ。⬇️息子は幼虫で遊んでいました。

パパの献身なお世話のおかげですくすく育ち、冬にはムッチム

もっとみる

虫とり物語のこれから。

2018年から突然始めた息子との虫とり物語。
本当に毎日、身近な昆虫と出会うようになり、あらためて昆虫の魅力を感じている。
正直に言うと、息子が昆虫にハマり出した時は「気持ち悪い、汚いなぁ」と私は思うんだろうと思っていた。けれど、予想とは違い、彼らを虫カゴに入れて、じっくり間近で観察すると、触覚をメンテナンスする仕草や、食べる時の口の動かし方、匂いを感じる時の触覚の動き、目のクリクリなところなどな

もっとみる

【気まぐれ!虫とり物語】の第1話を載せてみました!いまだに編集繰り返していますが、「こうした方が見やすいよ!」など、アドバイスいただけると嬉しいです!頑張ります!

iphone ではnote進めず。息子の「遊ぼ!」攻撃でなかなかアトリエにあるパソコンで色々したいけど、近づけずにおります。息子が明日から通常保育になるので少しは出来るかな!風邪を引くなよ〜と密かに念じている母。集団行動でウィルスすぐにもらってくるからなぁ…

noteでは、作品作りのトライ&エラーをまとめて行く予定です!!よろしくお願いします!