血液クレンジング

メタトロンビフォーアフター

3歳、男の子。
アトピーと喘息でメタトロンで試してきました。
今まで4回メタトロンしましたが、アトピーの症状はほとんどでず、
インヘラーの使用を医者から処方されていたのにも関わらずほぼ咳もなくなりましたが、内臓や皮膚は相変わらず真っ黒のスコア6。。。

そこで今回はスペインから取り寄せたクィントン海水を全身チェック後に飲んでいただいてから調整することにしてみました。
結果、海水なのでしょっぱくて3

もっとみる

科学的根拠のない医療情報について

はあちゅうさんのインタビュー記事を読んで

血液クレンジングがここしばらくインターネットを騒がせています。

血液クレンジング(血液オゾン療法)とは

ドロドロの血液を体外に取り出し、オゾンで洗浄することでサラサラの血液になります。
医療用のオゾンガスを使い血液に少量の酸化ストレスを与えることで、身体が本来持つ抗酸化力を高め、「老化防止(エイジングケア)」や「健康改善」に効果が期待できる酸化療法で

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
239

血液クレンジングに関するステマ疑惑

血液クレンジングの問題が話題です。私も疲労がたまりすぎているので、血液クレンジングのことはしっていました。しかし、高いことと本当にそれで体力が回復するのかよく分からないので、行かなかったです。行かなくてよかった。ステマ王になったら大変だぞ。

そして今回もステマ問題の主役ははあちゅう氏です。はあちゅう氏はこれまでもさまざまな問題(話題)を提供してきましたが、今回は血液クレンジングの宣伝に手を貸して

もっとみる
ぜひシェアもお願いします!

血液クレンジング炎上騒動で考えるネットとメディアの話題のスパイラル

この記事は2019年10月24日にYahooニュース個人に寄稿した記事の全文転載です。

ここ一週間「血液クレンジング」をめぐる騒動が拡大をみせています。

血液クレンジングとは「医療用オゾンを血液に混ぜて反応させる点滴」のこと。
2005年ぐらいから一部で話題になっていたようですが、その手法には科学的根拠がないのではないかと医療関係者からは批判を浴びていたようで、バズフィードの記事に至っては明確

もっとみる
わざわざ、すいません(汗)
20

最終的には実施される側である自分自身が己に克つしかないのだ。

『これを「迷信」と呼ぶことは簡単であるが、その時代においては、それはまさに彼らの生を支えてきたのである。そして、現代の医学はそれに代わるパワフルな理論と技術を私たちに提供してくれたとはいえ、それもまた完璧なものではない。私たちは今現在も、病気、健康、生きることの不確実性、そして死への不安に苛まれている。前近代的な医療の儀式的行為への回帰や憧憬はそこに容易に忍び込んでくる。そのような人の主観的体験そ

もっとみる

血液クレンジング問題から考える、危険な売る技術

今日のマガジンは炎上すれすれ。課金者限定で、血液クレンジング問題についてぶっこんでいきたいと思います。なぜ、血液クレンジングなるものが生まれるのか? そこから売る技術を盗めないか? 仮にそれが、危険な、本当に危険な技であったとしても…。

というわけでいきましょう。今回に限っては異論は認めません。

もっとみる

惑わされない情報を..!

何やらが話題になっておりますね。
ステマなのかは、仕事上とても気にするところです。

私もなんども芸能人のinstagramで見かけており…
「ええ、ついに血液に…」
と思っておりました。
もちろん信じておりましたので、笑汗
すごいなぁ、お金ある人は血液もブレンド←して
健康と美を手に入れるのかぁ、なんて。
血液クレンジングなんて、命名がいいですもんね。
自分の血液ドロドロだろうし、化粧クレンジン

もっとみる

ネットで話題‼️嘘⁉️本当⁉️私、血液クレンジングをしてました💦

なんで今頃⁉️

なんです⤵︎

ネットで話題になっている

『血液クレンジング』

この治療は採取した血液に医療用オゾンガスを注入し、血液を活性化させ再び体内に戻すというものです💡

身体が本来持っている免疫力や抗酸化力を向上させるとして、慢性的な疲労やストレス、がん予防にもなるし多くの芸能人が定期的にしていると聞き、3年前かなぁ⁉️

私も血液クレンジングに通っていた事がありました

お世話

もっとみる
感謝です^ - ^
40