設備投資

OYOのホテルに泊まってみた

コタキナバルで、インド初のベンチャーOYOが手がけるホテルに泊まった。

1.OYOの日本でのサービス

日本では、Yahooと合弁会社を設立し、賃貸事業に参入している。Yahooの検索エンジンのトップにOYO LIFEのリンクが出ている。

https://www.oyolife.co.jp

主なサービスは、スマホで契約でき、敷金・礼金・仲介手数料が無料。さらに、電気・ガス・水道・家具・家電・

もっとみる

米中冷戦より、人々の将来への恐怖心が怖い

米中貿易戦争、あるいは米中冷戦それ自体の世界経済や日本経済への影響は、それほど大きく無いはずです。
それより怖いのは、「米中貿易戦争等によって何が起きるかわからないから、設備投資は当分の間手控えて、様子を見よう」と皆が考えることで、世界中の設備投資が激減し、世界経済が不況に陥ってしまうことです。
「景気は気から」ですから、気分は重要です。要注目ですね。

もっとみる

#33) 人手不足・採用難を勝ち抜くヒント

こんにちは。
牧野です。

「お試し経営相談」を
期間と人数を限定して実施中です。
この機会をお見逃しなく。

人手不足で採用をかける前に
考えるべきポイント3つ目です。

それは機械化。

ここでの機械化とは、
文字通りの機械の導入だけでなく
IT化も含みます。

1つめのポイントだった
効率化や省力化をする上で
どうしても機械化が必要となる場合。

あるいは、
2つめのポイントだった
外注化で

もっとみる

松下幸之助と『経営の技法』#180

8/13 資金をつくる理由

~限りない生成発展に貢献していくために、企業は利益を得て、資金をつくる必要がある。~

 企業がこの人間の共同生活の限りない生成発展に貢献していくためには、企業自体が絶えず生成発展していかなくてはならない。つまり、常に新たな研究開発なり、設備投資というものをして、増大していく人々の求めに応じられる体制にしていかなくてはならないわけである。
 ところが、そうした開発なり

もっとみる

飲食店について経済学の概念で考える

飲食店の機械の導入について考えました。

データに基づかない考察です...。

なぜ導入しないのかについて、動機よりも先に言葉の扱いについてふれます。

もっとみる

最近の欲しい物は全て仕事に直結するものだ

最近、ライティング機材を導入して以前よりもクオリティが上がりました!

機材もそうですけど、やっぱ光の意味とかが論理的にわかってきたので

知識➕機材の可能性 でできることが増えた感じです。

こう考えたら 知識 ってやっぱ最強ですね。

これで、僕の物欲が収まったかと思いましたが

次なる仕事獲得の為に必要な機材ができました!

それは、 ジンバル です!

映像編集は、どんどんクオリティが上が

もっとみる

ファナックの2019年Q1決算を読み解く

今回はファナックの決算をみていきます。

ファナックについては、投資家層にはいまさら解説はいらないでしょう。

世界最大のロボットメーカーであり、工作機械用CNC装置で国内シェア7割、世界シェア5割を占める最大手企業です。

同社の決算は世界の設備投資の動向を探るうえで非常に注目されています。

今回はそういった世界の動向に関する見通しも踏まえながら、ファナックの決算を眺めていきたいと思います。

もっとみる

設備投資の6割は過剰だった。

アベノミクスの期間に、企業利益が増加し、利益剰余金が激増した。つまり、企業の「金余り現象」が起きた。
 企業はその使い途として現金預金を増加させた。同時に、設備投資も増えた。つまり、設備投資は、企業の手元資金が潤沢だったという「金余り」が引き起こしたものだ。

 このように、設備投資は、将来の需要増に備えるために行なわれたのではなく、「資金があるから」行なわれた。したがって、その多くが過剰投資だっ

もっとみる

投資への過信が景気後退を招く

工場などの機械投資の先行指標とされる機械受注(船舶・電力を除く民需)は5月に前月比で大きく落ち込みましたが、単月の振れをならせば、受注高はそれほど低くありません。むしろ、企業の景況感が冷え込んでいる割に、設備投資は高水準を維持しているとの印象を与えます。深刻な人手不足で省力化・効率化ニーズが根強く、同時に人工知能(AI)などの技術革新が目覚ましいこともあり、設備投資は今後、景気の好不調に関わりなく

もっとみる

大きなモニタで使いましょう

XORは軽快なアプリなのでPCのスペックは問いません。もちろん遅いCPUや少ないメモリのマシンで動かせば動作は遅いだろうけど、ユーザが画面上で1ページずつ確認するのでそれも気にならないはずです。

よってXORによる作業効率を最も左右するのは画面の大きさです。小画面ではスクロールが頻発するし、細かな差異を見逃しがちになるので。

WebやOffice等なら不自由しないからと20インチ以下の小さいモ

もっとみる