認可外保育園

保育園の存在意義

今日、父の一周忌と初盆の法要を済ませて、ホッとしています。心残りばかりですが、区切りをつける意味でも、法要を済ませることができて良かったです。

 一番最初に身内が亡くなるという経験をしたのは、35年前実家の前に住んでいた祖母が亡くなった時です。当時は49日まで、7日ごとに法要が行われ、長時間正座をしてお経を聞いたことを覚えています。

 最近は、お経を聞く時間も短くなり、椅子に座ることが多くなり

もっとみる

お母さんみたい

最近、こんばんは保育(18時以降の延長保育)を利用する子ども達が増えて来て賑やかになりました。2、3人だとなんだかつまらなそうに見えるのですが、5、6人いると、とっても楽しそうに見えるのは不思議です。

 こんばんは保育では、毎日おにぎりが出ます。毎日おにぎりだと飽きそうな気がしますが、給食の先生が具を工夫してくれるので、小さなおにぎりを「一つがいい」「2つちょうだい」「おかわりください」と言いな

もっとみる

プール開きにむけたお仕事

やっと梅雨が明けたので、つぼみ組(1歳児)とはな組(2歳児)のプール開きを行いました。

 まずは、プール遊びの安全祈願。主任のA先生がお祓いをする大麻(おおぬさ)を手作りしてくれたので、それらしい雰囲気になり、子ども達は、神妙な面持ちで祈願をしてくれました。

 プールに入る前、着替えを済ませた1歳児のKくんとAくんが声を揃えて、♪プール、プール♪と歌うように言っていたのが可愛かったです。待ちに

もっとみる

企業主導型保育園「ぼくのひみつきち」から土日のパパ・ママにプレゼント! 一時預かり2時間無料キャンペーン、はじめます♪

mode-Duoが運営する企業主導型保育園「ぼくのひみつきち」は、近隣の提携店舗利用者さまに、初回の一時預かり保育の利用料金を2時間無料とするキャンペーンを実施します。

こんにちは、PR担当の青柳です。私たちが運営する板橋区・ときわ台の企業主導型保育園「ぼくのひみつきち」では、近隣の商業施設と提携し、各施設の利用者様に向けて、最大2時間まで土日祝日のお子様の一時預かり利用料を無料とするキャンペー

もっとみる

自社運営の企業主導型保育園「ぼくのひみつきち」をご紹介!

こんにちは!mode-Duo PR担当の東 早香(あずま はやか)です。

大型連休も終え、新生活が本格的に「日常」に変わり始める季節。
今回は、弊社が展開する事業の「保育事業」の中より自社運営の企業主導型保育園「ぼくのひみつきち」を紹介したいと思います。

「ぼくのひみつきち」とは?

mode-Duoが運営する「ぼくのひみつきち」は、板橋区・ときわ台にある企業主導型保育園です。mode-Duo

もっとみる

保育園に落ちた話 −2年前を振り返って

「子どもがいても働こう!」というのは巷でも盛んに言われるキャンペーンだ。
でも、そうは言っても保育園が整備されないことには働けない。

2年前–子どもが1歳になる前、私も見事に保育園に落ちた。

当時、「保育園落ちた日本死ね」が流行語のように世間に広まっていて、まさに私もその当事者になった。

働けない。
仕事に復帰出来ない。

住んでいる地域は、わりと保育園も幼稚園もたくさんあるように感じて

もっとみる