もまいは〇〇派

先週の日曜に左手薬指を負傷しまして。

ずっと突き指かと思ってたんだが
首ヘルニアのリハビリついでにレントゲン撮ってもらったら

なんとヒビがwww

それで
SMショーに出れなくなるハメに(;o;)

最近仕事でもプライベートでもまったくなので
欲求不満だぜ🌝

しかも
左手薬指見た人々からは

「オ○ナニーのしすぎやろww」
とか言われる始末🌝

まあ、そういうことにしときますが。

実際

もっとみる

いきなりビックリ!ギックリ背中‼️

今日から新たな稽古が始まり、気合いを入れて頑張ってきました!

稽古が終わって片付けをしている途中…

調子に乗って重めの椅子を三つ一気に運ぼうとしたのが間違いでした(´ー`)

ピッキーーン

背中に激痛。

持ってきた傘を杖にして、よろよろとバイト先に向かう鳥巣でした_(:3 」∠)_

きっと運動不足だと思います…

ありがとうございます。その想い、しかと受け取りました。

一昨日の夕方、外猫シャー太郎を魚屋さんへ迎えに行って家に戻ってきたとき、野良猫のくろちゃんがおりまして。シャー太郎を小屋に入れた後、くろちゃんを構っていたら私の構い方が気に入らなかったらしく噛みついてきた…。6月にはシャー太郎に耳を引っかかれ破傷風の注射を打ったばかりなのに。

~藤春廣輝無念の左鎖骨骨折から考える彼の貢献度の高さ~

皆さんお久しぶりです。我らがガンバ大阪はホームで浦和に敗れ15位、なかなか厳しい戦いを強いられてます。その中で前半44分に起きた藤春の負傷交代、本日4月18日クラブから正式の負傷リリースがきた。

https://www.goal.com/jp/amp/ニュース/3連敗中のg大阪に打撃浦和戦で負傷交代のdf藤春廣輝左鎖骨骨折で全治約10週間/1rt0qf8d1l4yv1sa6e4yaxms82

もっとみる

卓球での負傷傾向(中学校・高等学校等での体育的部活動中)

中継されているとつい観てしまって動けなくなるのが卓球。
テレビでアジア大会女子の3位決定戦行われていました。
中継の中で石川佳純選手が滑って転倒していたのをみて、そういえば卓球だとどんな怪我が多いのかといったことがちょっと気になりました。

試合も接戦だったので、なかなか作業が進まず。。でしたが、
いつもどおり中学校・高等学校等での体育的部活動での給付状況から。

負傷部位の比較(中学校・高等学校

もっとみる

老医師に助けられる

人差し指を負傷し、
自力にタクシーに乗ったものの
どの病院に行けばいいのか分からない。

プロ意識の低いドライバーは
「知らない」と迷惑そうに答えた。

とにかく
近い病院に向かってもらった。

途中、
救急指定病院の看板が目に入ったので
目的地を変更。

どうにか病院に辿り着いたら
診察時間が終わっていた。

もう医師がいないと言う。

しかし、
際どい状況であることを察した受付嬢が
どこかに電

もっとみる

競技人口と負傷発生推移は関連するのか?年代で発生部位は変わるのか?ラグビーの場合

スポーツに怪我はつきもの、ラグビーは負傷が多い怪我
だから、しょうがないではなくやはりできるだけ減らしていかなくてはいけないもの。普段関わっているラグビーでの負傷・疾病発生推移を調べてみました。高校だけだと比較もしにくいので、中学校での推移と比較しています。中学生はスクールもありますが、対象にしている学校安全の災害給付は学校での活動が対象なのかな?ということで。

1.主要負傷・疾病総数の推移

もっとみる

中学校では減り、高校では増えている~体育と体育的部活動中の負傷・疾病~

中学校と高等学校等での平成23年度~29年度での負傷・疾病発生数をそれぞれ体育(保健体育)と体育的部活動中で算出してみました。
負傷として、骨折,捻挫,脱臼,挫傷・打撲,靱帯損傷・断裂
疾病として、熱中症,外部衝撃に起因する疾病,負傷に起因する疾病

【外部衝撃等に起因する疾病、負傷に起因する疾病など】
(1) 転倒、衝突、強打などに因る脳震盪
(2) 電気熔接の際における光線に因る電気性眼炎
(

もっとみる

全く意味を成さなかった手紙の行方

夫に頼んで渡してもらった、私の本音を書いた手紙…。

姑とまた「それなり」の関係に戻る一歩として、私が出来た最善の一手だったはずだけど…。

きっと何かが変わるなんて、大きく期待しすぎていたみたい。

まさかの結果になりました…。

もっとみる

対策が必要なのは組体操だけではない~学校での【準備・整理運動、組体操、縄跳び、筋力トレーニング】による負傷~

前回に続いて準備・整理運動や組体操、縄跳び、筋力トレーニング中での負傷発生数について、平成23年度~平成29年度までの数字を追ってみました。
データの出典は複数にわたるのでこちらにまとめてあります。

負傷発生数の推移

今回取り上げた4項目の推移は以下の通りです。
組体操で2016年度(H28度)では前年までに比べて大きく減少しているのがわかります。

組体操事故について発信を続けていらっしゃる

もっとみる