違法薬物

違法と言われる【大麻】について。

日本人は酒やタバコが大好きなくせに、大麻は違法だ。このことについて論じたい。
まず、グラフを見ると横グラフが身体的な有害性で、縦グラフは精神依存性である。タバコとアルコールがいかに有害かは、ご覧の通りだろう。これを勘違いして、大麻は酒やタバコより害がないなどというのは甚だおかしな話ではないか。僕は大麻をやったことがないが、それは違法だからであって、合法ならやってるだろう。

引用 Wikipedi

もっとみる

盗んだバイクで走り出すの、盗まれた側の気持ち。

好きな人は多いし、熱狂的な人もいるので先に謝っておきます。

尾崎豊、好きじゃないです。

以下は、個人の感想ですので予めご容赦を。

だって考えてみなさいよ。
「15の夜」にサビに超有名なフレーズがありますよね。

盗んだバイクで走り出す 行き先もわからぬまま

盗んだということは必ず盗まれた側、持ち主も存在するわけで。
例えば持ち主が憧れて憧れて、せっせとバイトでお金を貯めて。
そして念願かな

もっとみる
Yes!
2

私はヘロイン以外の全ての違法薬物を体に打ち込んだ

先日逮捕されたピエール瀧氏とユニットを組んでいる石野卓球氏が、逮捕後に笑顔のツーショット写真を投稿したと反響を呼んでいる。

多くのファンはその姿にありのままの電気グルーヴを感じられたと喜んでいたが、一方、若者に悪影響を与えるのではとの声も聞かれた。

彼らを批判する人のほとんどは、違法薬物を使用した経験がないだろう。

「一度やったらやめられない」

そんな他人の経験を受け売りし、さも自分が経験

もっとみる
ありがとうございます。
7

違法な薬物ではなく、気分がハイになったり、ローになったりするのに香りを使ってみてはいかがでしょうか

こんにちは(๑˃̵ᴗ˂̵)

Mさん、やっと重い腰があがりました。note初めてみましたよ!

赤が入らない理由が難しい言葉を使わずにってところ、なるほど〜と思いました。

そうなると、私の場合、かなり日記っぽくなりそうですが、

アロマを使うときのあるある、失敗、おすすめ、などを気軽に書いて見ようと思います。

さて、わたしは、アロマをブレンドして提供するアドバイザーで心理カウンセラーをしてい

もっとみる

薬物とクラブ~「私はやらない」を言えるシーンであって欲しいという願い~

※この記事は3月24日にオンラインコミュニティ「アニソンDJ作戦会議」に投稿した内容を加筆修正したものです。原文と追記で一部の内容に重複がありますが、ご容赦下さい。

※このエントリーで触れるテーマには様々な観点があります。例えば、薬物依存で逮捕・起訴された人が生み出した芸術作品の処遇や、刑罰か支援かという問題など。今回は、それらは一旦脇に置いて、場所的にも社会的にも狭いシーンにおける功罪、中でも

もっとみる

多様性という暴力

前回はこちら

 近頃流行りのキーワードとして『多様性』というものがあります。
よくよくダイバーシティという言葉で語られ、市民権を得ていますがこれは一体どういうものなのでしょう。
これは「異なる性質の存在が幅広く存在する」という意味だということです。
より簡単に言うと
「色んな人が居て、色んな価値観があるんだよ」
ということだと言えるでしょう。とても優しくて素敵な考え方だと思います。現代のグローバ

もっとみる

感じること

こんにちは。
ホウシマサヤです。(なんとなく本名でいいか〜と思ったので本名にしました。)
ずっとずっともやもやしているので、文章でも書いてスッキリします。そういう事に決めました。

大麻やドラッグの問題とコミュニティ

 なんか色々あるのでざっくり書きますが、ラッパーだったりラッパーだったりラッパーだったり...(居すぎて無理)とか芸能人だったりアーティストだったりと大麻やドラッグによる逮捕が止ま

もっとみる

ピエール瀧のコカイン逮捕から見る世の中の歪み

ピエール瀧がコカイン使用で逮捕された。
 
俺は別に彼のことを特別好きなわけでも
特別嫌いなわけでもない。
どっちかというと「好印象があった」程度だ。
 
 
ラジオ「たまむすび」を聞いていた頃には
仕切りもトークも上手くて聞き心地が良くて、
「おい、あかえ!」と赤江珠緒さんをいじるのが面白くて、
時たま出てくる無邪気さも好ましかった。
 
それからオラフの声であったり、
はたまたドラマや映画の脇

もっとみる
この記事にスキをするなんてセンスの塊です!
1

「鼻炎」はコカイン?  ピエール瀧

深夜の突然のピエール瀧・容疑者の「コカイン」逮捕報道にビックリした人多数。

 コカインは、効き目が数十分と短く頻繁に使用しなければならず高額になり、鼻からの吸引のため注射痕が残らず、欧米では「セレブのドラッグ(麻薬)」と呼ばれています。

 効き目が数時間に及び安上がりな覚せい剤ですが、注射痕が残りバレやすいので、セレブ層には避けられていますね。

 政治家やセレブ、音楽関係者にコカイン中毒者が

もっとみる
嬉しいです。
7

犯罪者なのか 患者なのか

ミュージシャンでもある俳優がコカイン使用で麻薬取締官に逮捕されて、マスコミは大騒ぎしているが、たまたまtwitterではこんな記事の紹介も目にした。

   言われてみれば、正にその通りで、日本のマスコミは絶対にやってはいけないような報道を今回も繰り広げていると言わざるをえない。

 それにそもそも麻薬や覚醒剤、大麻などの違法薬物の取締まりにも私自身は大きな違和感を感じている。

 上の記事にもあ

もっとみる
多謝!
6