都市交通

失敗の博物館!?いつになったら乗れるのか、中国が援助するハノイ都市鉄道:長い物語

「いつになったら乗れるんですかねえ?」「さすがに私の駐在任期の間にはできるんでしょうねえ」と言って、何人の日本人がハノイを去っていったことか。そう、それはハノイ初の都市鉄道となるべく建設中、今も建設中&未稼働のカットリンーハドンを結ぶ高架鉄道である。私もかれこれハノイに足掛け11年住んでいて「もう乗れるだろう」と思って空振りに終わったこと数知れず。今回は、比較的まとまったこの鉄道の「建設史」を伝え

もっとみる
読んで頂きありがとうございます!とっても励みになります♬

便利過ぎて不便な、でかすぎる街 東京、バンコク、ホーチミンの交通と景観の比較

タイ・バンコクに行ったら、海外旅行にも関わらずテンションが上がらな過ぎてウケた。その理由は「交通」にあった。バンコクの交通は、私が感じる「東京の嫌なところ」とよく似ていた。ひるがえって、私は祖国の首都の何が嫌いか改めて把握した……という話。

みなさんは、海外旅行に行った時、「移動」にはこだわるタイプだろうか。
私はめちゃめちゃこだわる。なんなら行く場所より移動の方が大事なんじゃないかと思うことす

もっとみる
何かあったら言ってねと言うのなら先に何かを言い当ててくれ
13

通勤者向け相乗りソリューションの可能性

トヨタ・モビリティ基金(Toyota Mobility Foundation)が今年の1月から実施していた、ブラジルの都市部の交通アクセスを改善するアイデア・コンテストの結果発表が行われたそうです。

最優秀賞に輝いたのは、Byndという通勤者向けの相乗りソリューション。

Byndは、従業員が通勤に使う車での従業員同士の相乗りを促進させるためのプラットフォームを提供しています。

これを利用する

もっとみる
どうもありがとうございます。ブラジルからお礼申し上げます!
8

タクシーの正しい乗り方

学校ではタクシーの乗り方を教えてくれない。たぶん。
だから、多くの人がタクシーの乗り方を知らずに乗っているかもしれない。
例えば、道で「え?そこで止めちゃうの?」という場所で止めているケース。あれ、あぶないですよね。

ということで、タクシーの乗り方について少し調べてみる事にした。

・タクシーの種類
・タクシーに乗る場所
・通りがかりのタクシーを止める場合の注意点
・ビジネス乗車
・酔っ払い

もっとみる

富山の中心で「移動手段」と叫ぶ~旅に生きる20181204~

※皆さまの投げ銭を旅費に旅をして記事を書く企画です。炸裂した思考がまとまらず超絶に長い文章です。音楽でも聴きながらお読みください。

地下街を通り駅の反対、富山駅電停に出る途中、広くなっているスペースに竹がぐわーっとなっていた。

「ぐわー」ってなんだよ、ってこんなだ。

ぐわーでしょ?これ何か催し物とか祭りがあって一時的に置いているか、不法投棄かと思ったの。『荷物を置かないでください』って張り紙

もっとみる
˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧ありがとう!
10

2018/11/17トーク「自転車アクティヴィズムの現在」(仮題)資料

横浜Mass×Mass/関内フューチャーセンターでの映画『Bikes vs Cars』上映会後に行ったトーク「自転車アクティヴィズムの現在」(仮題)の資料です。このトークでは事前インタビューを元に、自転車関係の活動をしている世界4か国・4都市の方々の「いま」を紹介しました。

4つの質問

事前インタビューは次の「4つの質問」を軸に行いました。
Q1. 「自転車との関わりの個人史と現在の活動に至る

もっとみる

サンフランシスコのドックレス型シェア自転車JUMP Bikesが良い感じ

いきさつ

3月にカリフォルニアに行きました。サンフランシスコからLAへモーターサイクルでツーリングするのが主な目的。ついでに、各地の自転車関連インフラやサービスを見られたら良いなと思っていました。北米西海岸で自転車利用が盛んな都市というとバンクーバーやポートランドが有名ですが、自分が実際に訪れたことのある中では、シアトルやサンフランシスコも自転車の存在感がある街です。

この地図は地元の自転車利

もっとみる

自転車レーンを守護する人々の連鎖(3): ポートランド、レンヌ、フィラデルフィア、ボストン、ロンドン

立ち並ぶ人々の列によって自動車から保護された自転車レーン。2017年は、こうしたhuman-protected/people-protected bike laneを形成する動きが世界のあちこちに広まった年でもありました。まだお読みでない方は、是非シリーズの(1)から順にご覧下さい。

3回シリーズの最終回となる今回は、前回に続き、様々な都市における人々の取り組みを開始時期順で概観します。筆者の能

もっとみる

自転車レーンを守護する人々の連鎖(2): メキシコシティ、ボイシ、ブリスベン、ブリュッセル、リヨン、ベルリン

2017年に世界的な広がりを見せた、人々が列をなして自転車レーンを自動車から守るアクション。前回はその火付け役と思われるサンフランシスコ、毎週活動しているというダブリン、300名を超える人を集めるに至ったニューヨークの取り組みを紹介しました。

今回と次回は、他の様々な都市における同様の取り組みを開始時期の順で概観したいと思います。筆者の能力上、英語での情報が少ないものについては背景を十分に調べら

もっとみる

自転車レーンを守護する人々の連鎖(1): サンフランシスコ、ダブリン、ニューヨーク

せっかくの自転車レーンが、路上駐車などのせいで機能していない。そういうこと、ありますよね。東京都心に近いところだと都道431号線とか。

こうした問題は日本だけのものではありません。2017年は世界のあちこちで「道路に並んで自転車レーンを守る」アクションが連鎖的に起こった年でした。human-protected bike laneやpeople-protected bike laneと呼ばれる空間

もっとみる