警察は怖くない in イギリス

アフリカの警察汚職事情に触れた投稿はこちら。

ほんとに? 留置所に入っても犯罪歴はつかない?
強制労働はないの?
警察官の好き嫌いで拘置所から出れたり出られなかったりするんじゃないの? 出るためにはお金は払うよね? 
警察官は暴力振るう?

難民となって母国を逃れた人たちの多くが、政府からの暴力を経験している中で「警察」という存在が「恐怖の対象」だというこということがある。イギリスで、自分が事件

もっとみる
You are the best !!
2

EUの闇!ブレグジットに続くのは?! 【後編】

前回の続き
↑前回の内容はこちらをクリック!

今回も「EUの闇 : 後編」についてシェアしていきたいと思います。

前回までに、
① EUはなぜ生まれた?
② EUに加盟する
        メリット・デメリット

についてお話しいたしました。

今回は、いよいよイギリスとEU離脱問題についての内容です!

【目次】
③ EUとイギリスの関係
④ EUを離脱する理由
⑤ EUの今後

③ EUと

もっとみる
「スキ」に感謝です\(//∇//)\
2

EUの闇!そもそも、EUって何の集まり? 【前編】

みなさん、こんにちは。しゅうかです。
今回は「EUの闇」についてシェアしていきたいと思います。
詳しく説明すると非常に長くなりますので、大まかな流れを説明していこうと思います。

(歴史的背景がとても興味深いので、いつか詳しく説明したいと思います。)

① EUはなぜ生まれた?

◆1993年 EU(欧州連合)発足への歴史

EU発足は、第一次世界大戦(1914年〜1918)の敗戦国であるドイツと

もっとみる
「スキ」に感謝です\(//∇//)\

北欧の地で、教育・福祉・難民問題に触れる。フィンランドより現地レポート④★

こんにちは!NICE関西事務局よりしまです◎
現在、北欧・フィンランドで開催されている神戸大学の学生たちとのグループワークキャンプの様子をお届けします!

【グループワークキャンプ in フィンランド🇫🇮④】

※この記事の写真は許可を得て使用しています。

ワークキャンプも折り返しに差し掛かってきた今日は、主にソマリアからの難民の方が受講している複数のクラスにて、学生たちがプレゼンを行いまし

もっとみる

大弾圧から2年。在日ロヒンギャの想い。群馬県館林

2017年8月25日。ミャンマー軍がラカイン州北部でロヒンギャ住民に対して行った掃討作戦により、数万人の命が奪われ、70万人以上が隣国バングラデシュに逃れた、世界が衝撃を受けたあの出来事から2年を迎えた。

群馬県館林では在日ビルマ・ロヒンギャ協会(BRAJ)が記者会見を開き、現地の状況を説明。ミャンマー政府に対しロヒンギャ難民の帰還に向けた市民権付与、安全保障、ラカイン州北部で彼らが元々暮らして

もっとみる

「難民を知るための基礎知識」要約 (その3)

■ タイのミャンマー難民(第18章)                  ミャンマー人口10%と言われる国外への流出の多くは移民労働者、不法移民という形で海外に滞在している。(タイでは200万人から400万人のミャンマー人労働者が滞在)84%は母国の民主化が進み政治的環境が向上したら母国に帰りたいと考えている。ミャンマー人がタイで難民として認められるハードルはとても高く、また難民として認定された人々

もっとみる

リトルヤンゴンに麻薬王を探して

誰も返事をしない。そして視線を私から逸らした。質問が単刀直入過ぎたのだ。はっとして後ろを振り向くと腕の太い精悍な男達。人数は3人。公安(コンアン)が何故日本に?狭い店内。間合いが近すぎる。いつの間にか閉じられたドア。男達のうち1人が背中に手を回した。苦し紛れに顎に肘打ちを食らわすと、右手から鈍く光る特殊警棒がごつん、と床に落ちた――ということもなく無事に帰ってこれたので、皆さん安心して買い物にいそ

もっとみる
ありがとうございます。シェア及び購入も出来ればお願いします。
4

映画【はじめてのおもてなし】私たちが考え直さなければいけない"難民"との関係、

本質を見抜くことが
いまの私たちにとって、
最も大事なことなのかもしれない。

映画【はじめてのおもてなし】

2016年公開のドイツ映画。

公開と同時にドイツ国内で大ヒットし、
興行収入第1位を記録した"笑えて泣ける"
コメディドラマです。

STORY
ドイツ・ミュンヘンに住む4人家族・ハートマン一家。
ある日、母親のアンゲリカが突然「難民をこの家に受け入れる」と言い出す。最初は反対する

もっとみる
20

【7/27開催】ロヒンギャについてのトークイベントを行います。

7月27日(土)。19時から。都内でトークイベントを行います。「ロヒンギャ」について共に学び、考えてみませんか?

2年前に70万を越えるロヒンギャの人々が東南アジアのミャンマーから隣国バングラデシュに命からがら逃れ、密集した巨大な難民キャンプで厳しい生活を強いられている状況は当時広く報道され、世界に衝撃を与えました。

ロヒンギャは現在も彼らの故郷であるミャンマー西部ラカイン州で厳しい統制下に置

もっとみる

Who is a refugee?中学校で授業をした話

難民問題を取り上げた授業できませんか?

そうお願いされたのは『世界難民の日』の少し前。

訪問したのは大牟田市の中学校、対象は中学3年生。この学校ではUNHCR×UNIQLOの服のチカラプロジェクトに参加しているので、”難民”について知っている。

でも難民って誰なんでしょう?

そこから話を始めました。ミクロで難民を知ること。例えば、中東、アフリカなどからヨーロッパに100万人を超える人が難民

もっとみる
❤️好きの一番乗り嬉しいです!
9