絵本『小さな電車のなかなおり』リリース

このたびヤシログラムでは、乗り物キャラクターたちが活躍する「ちいさなでんしゃトレラム」シリーズの最新作『小さな電車のなかなおり』をAmazonで電子出版しました。

この物語では、小さな電車のトレラムが働いたり遊んだりする日常生活の中で起こる様々な出来事を描いています。
作品タイトルにもなっている「なかなおり」をテーマにして、街に暮らすトレラムの仲間たちが次々と登場するストーリーからも目が離せない

もっとみる

バーベキューの直前に、その忍者は現れた

そのホットドッグの中には、ソーセージのすがたをしたにんじゃのたこぞうがかくれていました。ある日、たこぞうの元へだれかがたずねてきました。
「たこぞう、きみにたのみがあるんだ」
たこぞうがかくれているホットドッグの前には、パソコンのマウスのすがたをしたにんじゃのちゅうきちがいました。

『リンゴにんじゃをすくえ』(八代真輔 作・絵)より

もっとみる

0-2 読者から考える出版方法

本を自分の資産として出版し、できればその売り上げやロイヤリティで現役引退後の収入源の一部にあててみてはどうか、と思ったとき、「そもそもどうやって本を出すのか?」の壁にぶつかるでしょう。

 まさにこのマガジンのタイトル「本を出したい! じゃあ、どうする?」ということです。

「読者」から考えてみてはいかがでしょうか、と提案します。

読者がいる場合

 読者がいるときは、その数で考えていきましょう

もっとみる

1-1 2016年の読み放題(Kindle Unlimited)

売れる電子書籍をつくるコツ 第1号 Vol.1 三版
はじめに

 こんにちは。舛本です。二版を出したのが二〇一三年五月。追加情報を入れていく予定で作ったこの電子書籍ですが、なかなか追加できずにおりました。あれから、五年近くが経ちました。いまは、二〇一七年十一月です。北朝鮮がICBMを飛ばし、日馬富士が引退する中でこれを書いています。
 アマゾンのKindle端末が最初に登場したのは二〇〇七年十一

もっとみる

0-1 本を資産にしよう!

こんにちは。
 noteの活用で考え倦ねている間に世の中はどんどん変わっていき、いまさらな感じもありますが、以前にKindleで出版した「売れる電子書籍をつくるコツ 第1号~第3号」と、その後の原稿を加えた2017年バージョンをnoteで全文公開します。さらに、全体のくくりを変更し、タイトルも変えてぶっちゃけ「本を出したい! じゃあ、どうする?」としました(仮)。

金融庁の金融審議会ってところが

もっとみる

こらいふ the Comic 第1巻「チームこらいふの登場」リリース

チームこらいふの仲間たちが活躍するコミックシリーズ「こらいふ the Comic」の第1巻をAmazonで電子出版いたしました。
この作品は、ウッチ、ねこ丸、くまどんなどが共同生活をする話で、第1巻「チームこらいふの登場」では各キャラクターたちが自己紹介をしていきます。
はたして、あなたのお気に入りのキャラクターは見つかるのでしょうか?
ぜひ作品の中で確かめてみてください。

お持ちのPC、タブレ

もっとみる
チウッチウッチ~、スキボタンを押されるのは居心地いいや~!
2

No.3 ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」

ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」No.2はこちら

どこの会社もそうだろうが、期末の業務は慌ただしく過ぎていく。既に3月も中盤にさしかかっていた。暖かい日が増え、梅を筆頭に、春の花々達も春の訪れを待ち望んでいるように見えた。

その、花達を見ながら、

(俺も、4月のベトナム渡航が待ち遠しいよ。)

そんな風に思いながら、通り過ぎた。

佐藤支社長から、寺内人事部長に渡航スケジュールを

もっとみる

No.2 ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」

ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」No.1はこちら

「なぜ俺が選ばれたんだろう?」

家で一人そんな風に想いを巡らせていたが、部署の人選をするような役職ではない自分には、検討も付かず、その日は第三のビールを一本空けて眠りについた。

その翌日、驚いた事に、他の3部署からも引き抜きの声が掛かった。全く知らない、法務部門、M&A部門、営業企画部門だった。

自分としては、既に海外部門に決め

もっとみる

電子書籍スタートアップで起業して失敗したけど大切なことに気付いた話

本記事は『凡人が書いたスタートアップ失敗学』の姉妹編です。
『スタートアップ失敗学』では、失敗回避にフォーカスしたので、私が具体的に何をやってきたのかを書きませんでした。

そこで本記事では、私が「電子書籍系スタートアップ」として起業して、実際に行ってきたことをまとめました。

はじまりは電子書籍元年

個人的に2011年は、忘れられない年です。

電子書籍元年(2010年)に、電子書籍の可能性に

もっとみる