食物

ヴェーダ教典に学ぶ賢者の買い物

「買い物は、投票&投資である」

このことについて、私が日々学ばせている宇宙・人類の取扱説明書と言われるインドのヴェーダ教典で理解したことをシェアしたいと思います。

ーーーーー
『バガヴァッド・ギーター』第5章29節に、平和の三原則が書かれています。

・全てのヤギャ(儀式、供犠、苦行)を受け入れる、受け取る主人はクリシュナです。
・全ての惑星、全てのもの、全ての人々、全ての所有者は、クリシ

もっとみる

時代が変われば価値も変わる

ロブスターの料理を食べたことはありますか?レストランでロブスターを食べると,いくらするでしょうね。

レストラン『レッド・ロブスター』でスチームしたロブスターを注文すると,5000円や7000円くらいの値段になりそうです。このロブスターはカナダ産です。

ロブスターはなかなか食べることができない,高級な食材ですよね。私もこれまでの人生の中で,数えるほどしか食べたことがないように記憶しています。

もっとみる
Muchas gracias!
3

レゴ・電池・磁石…子どもの誤飲事故に注意

子どもの誤飲事故というものは,親にとって一大事です。でも,よくあるのですよね。何でも手にしたものを口にもっていくものですから。私も常に気にしながら子育てをしていた記憶があります。

もちろん,成長とともにだんだんとそういうことはしなくなっていきます。そしていつのまにか,そういう心配をする必要はなくなり,そして別のことが心配になっていくものなのですけれども……

ちなみに子どもたちだけではなく,大人

もっとみる
ありがとうございます!
3

お米で売上1000万円になる栽培面積

さて、田植えも終わり少し落ち着きました。

代掻き中に、ふと思ったのですが、ぼくが農業を始めたときに驚いたことの1つがお米の栽培面積あたりの売上金額です。

今回はそのことを簡単に書きたいと思います。

日本のキングオブ作物である「お米」の意外と知らないお金のお話です。

***

簡単に書いていきますよ。

だいたい売上1,000万円くらいあれば経費差し引いてそれなりの給料になるのかなと思います

もっとみる

土づくりは、人づくりに等しい。

さて、タイトルの通り、土作りというのは農業において、必要不可欠、いやそれが全てだと言ってもいいでしょう。

今日は「土づくりの大切さ」のちょっとしたイメージを書きたいと思います。

***

ぼくは、農業に携わる上で土づくりの大切さを身をもって体験してきました。

もし、土づくりができていないと1年を棒に振ることになります。それほどまでに土づくりとはシビアで、生活をかけている専業農家であればなおさ

もっとみる

食物

⒈多餐→
a.個人偏好、挑食
b.食育觀念
c.烹煮過度

⒉浪費→
a.產地:價格➡農會(公糧)
賣相不佳➡番茄(贈與)
b.賣場:運送中損壞➡保存方式、海關檢驗
c.銷售不佳:促銷
d.保存期限:生鮮
e.保鮮:牛奶
f.生產過程:麵包、熟食

⒊餐廳→
a.料理過程→回收再利用→製造酵素
b.多樣化餐點→區分時段→吸引顧客
→(廚餘、降價)

⒋解

もっとみる