飯島寛騎

ちょっとちょいやめ見に東京いってきた

6月22日夜。

東京は雨が降ったり止んだりの憂鬱な天気でした。
足元はベチャベチャだし、渋谷駅は大混雑でロッカー空いてなくて荷物は預けられないし、その混雑は地方住みの私の体力を容赦なく削っていました。

そんなほうぼうの体で、私は会場のシブゲキになんとか辿り着きました。観劇前にすでに疲れ果てていましたが、椅子がフワフワで座席間隔がゆったりしていて、ようやくひとごこちついてホッとしたのを覚えていま

もっとみる

2次利用収益構造モデルNo.1~「仮面ライダー」や「プリキュア」がヒットし続ける理由~

【2次利用収益構造モデルNo.1~「仮面ライダー」や「プリキュア」がヒットし続ける理由~】

こちらのnoteは2019年7月1日から値上げを予定しています。
2019年6月30日まで期間限定で値下げしています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

現在、女児向け番組として無類の強さを誇っている「プリキュア」シリーズ。
長年人気が衰えない「仮面ライダー」シリーズや「スーパー戦

もっとみる

第16回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第5週)

【第16回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第5週)】

「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。
また、「2019年映画興行収入ランキング」も是非1度ご購読ください。

映画業界で発表される数字、ランキングといえば興行収入ですが、以前(1999年まで)は配給収入が発表されていました。
興行収入とは、映画チケットの総販売金額です。
配給

もっとみる

第15回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第4週)

【第15回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第4週)】

「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。
また、「2019年映画興行収入ランキング」も是非1度ご購読ください。

映画業界で発表される数字、ランキングといえば興行収入ですが、以前(1999年まで)は配給収入が発表されていました。
興行収入とは、映画チケットの総販売金額です。
配給

もっとみる

2019年邦画興行収入第1回途中報告

【2019年邦画興行収入第1回途中報告】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

2019年も3ヶ月が過ぎました。
2019年邦画興行収入ランキングは30作品以上の邦画が現在ランクインしています。
また、「マスカレード・ホテル」や「ドラゴンボール超 ブロリー」など早くも大ヒット作品が誕生している2019年邦画業界。

このnoteは2

もっとみる

王子のアベンジャーズ『PRINCE OF LEGEND』

2019年公開映画43本中28位。

これは笑うwww
王子のアベンジャーズ。
イケメンのオールスター感謝祭。
ド派手な結婚式の余興ムービー。
ボルテージの乙女ゲー実写版。

伝説の王子を目指すため、
壁ドン、お姫様抱っこ、椅子取りゲーム、
にらめっこ、バトルアクション、デート対決と
6つの種目でイケメンたちが戦う茶番

そのすべてが全世界にリアルタイムで配信されていて、
中でも壁ドンとお姫様抱っ

もっとみる

「PRINCE OF LEGEND」は「HiGH&LOW」の再現となるのか?~

【「PRINCE OF LEGEND」は「HiGH&LOW」の再現となるのか?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

EXILEグループの所属事務所としても有名なLDH製作のメディアミックスプロジェクト第2弾が「PRINCE OF LEGEND」シリーズです。
映画やテレビドラマ、スマホゲーム、インスタ配信などが同時期に様々なメ

もっとみる

『セカチュー』感ある『愛唄 ー約束のナクヒトー』

2019年公開映画13本中7位。

号泣必至かと思ったけど、ちょい泣きで終わった(笑)
内容としては、病気と闘いながら、自分の人生を懸命に生きるという、
いわゆる『セカチュー』的な映画。
邦画の純愛映画って、主人公かヒロインのどちらかが病気
っていう設定をよく見るけれど、今回もまさにそれでした。
(ちなみに『セカチュー』を出したのは世代的なものであって、
 人によっては違う映画を出すんだと思う)

もっとみる

「愛唄 -約束のナクヒト-」

監督:川村泰祐
製作国:日本
製作年・上映時間:2019年 126min
キャスト:横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、中村ゆり、野間口徹、成海璃子

 映画を殆ど観ない方であれば楽しむ部分はあるかもしれないが、少なくとも大人は観るに堪えない感がある。
 恒例の一か月フリーパスの期間は、本来なら観ることもなかっただろう作品にも時間が許す限り観ることにしている。これはこれで収穫がある。

 GReeeeN

もっとみる